2019年12月8日【オリオンS】終了時点までのデータをもとに、エーティーラッセンの好走パターンを分析。

エーティーラッセンの距離適性

エーティーラッセンはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-1-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-3)
  • 芝2400m(0-3-1-5)

千八を使ったのはデビュー2戦目まで。

そこからは二千~二四。

適距離は2000m~2400mで大丈夫だろう。

というよりこの馬は、適距離より適ペースの方が大事。

エーティーラッセンの脚質

緩いペースで逃げてこその馬。

スロー、超スローで勝つか、2~3着。

エーティーラッセンのコース適正

エーティーラッセンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(0-1-0-1)
  • 京都(2-0-0-10)
  • 阪神(1-3-1-1)

主戦場は関西オンリー。ちょっと脚を伸ばしても中京止まり。

輸送に難があるのだろう。

エーティーラッセンの持ち時計(ベストタイム)

エーティーラッセンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.50.4 8着(1.0差・京都)
  • 芝2000m:2.00.9 9着(0.4差・京都)
  • 芝2200m:2.14.0 9着(0.4差・京都)
  • 芝2400m:2.25.7 5着(0.4差・京都)

時計勝負には全く縁はない。

エーティーラッセンの重馬場適正

エーティーラッセンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-1-3)
  • 重(1-0-0-2)

緩い馬場は多少この馬には見方になる。

エーティーラッセンの鉄砲実績(休み明け)

エーティーラッセンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-3)

休み明けではハナに立てないレースが目立つ。

エーティーラッセンの近走診断

19/10/14 大原S(3勝クラス) 12頭立て

京都 芝2000m 稍重

着順:8着(2.02.1 0.7差)

騎手:四位洋文(54キロ)

約半年の休み明け。

出遅れてハナには立てず4番手から。

逃げられず、ペースもミドルでこの馬に出番なし。

19/11/16 比叡S(3勝クラス) 13頭立て

京都 芝2200m 良

着順:9着(2.14.0 0.6差)

騎手:太宰啓介(54キロ)

ハナには立ったが、向う上面で競りかけられてペース落とせず。

楽に逃げられないとこの馬はダメ。

19/12/8 オリオンS(3勝クラス) 13頭立て

阪神 芝2400m 良

着順:2着(2.26.8 0.2差)

騎手:四位洋文(54キロ)

この馬にとっては完璧のペースで逃げられたが、残り100mくらいで捕まった。

2400mくらいの方が、ペースが落ち着いていいかも。

エーティーラッセンの次走

次走は京都の芝2400mで行われる「日経新春杯G2)」。

人気が全くないからと言って、楽に逃げを許すと、やっかいな存在になるかも。