2020年4月12日【桜花賞】終了時点までのデータをもとに、チェーンオブラブの好走パターンを分析。

チェーンオブラブの距離適性

チェーンオブラブはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-1-0-0)
  • 芝1600m(0-1-0-3)

この成績で1400mまでと断じるのは早計。

1600mでも惜しい競馬はいくつかある。

チェーンオブラブの脚質

終いはそこそこキレのある末脚を繰り出してくるが、締まったペースでも同じような脚を出せるかが課題。

チェーンオブラブのコース適正

チェーンオブラブの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 阪神(0-0-0-2)

関西圏への長距離輸送で結果が出せていない。

チェーンオブラブの持ち時計(ベストタイム)

チェーンオブラブの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.1 1着(東京)
  • 芝1600m:1.34.1 9着(阪神)

高速決着は苦手そう。

チェーンオブラブの重馬場適正

チェーンオブラブの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)

重馬場の「桜花賞」で大敗しているが、その敗因が馬場によるものなのか否かはよく分からない。

チェーンオブラブの鉄砲実績(休み明け)

チェーンオブラブの10週(中9週)以上の休み明けでの出走はまだない。

チェーンオブラブのここまでの走り

19/8/18 2歳新馬(牝馬限定) 18頭立て

新潟 芝1400m 良

着順:2着(1.23.4 0.2差)

騎手:川又賢治(☆53キロ)

減量騎手でマイナス1キロのアドバンテージ。

外に張りながら走っていたとのコメントで、それでも0.2差の2着。

慣れてくれば。

19/10/5 2歳未勝利 14頭立て

東京 芝1400m 良

着順:1着(1.22.1 -0.3差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

出遅れたが二の足で5番手から。

走りは良くなり残り200mで先頭にたつと、あとはちぎってゴール。

19/11/17 赤松賞 12頭立て

東京 芝1600m 良

着順:4着(1.34.5 0.1差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

今回も出遅れて後方から。

直線は馬の間を突いて伸びてくるが4着まで。

しかし超スローの展開を、後方から0.1差まで追い込んで来る末脚は大したもの。

スタートさえもう少し何とかなれば・・・。

レース後鞍上は「マイルの方が良さそう」とコメント。

20/1/13 フェアリーS(G3)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:2着(1.34.4 0.4差)

騎手:石橋脩(54キロ)

課題のスタートは五分に出て、中団のやや後ろ目にポジションを取る。

4角は外目に出して追い出すが、逃げるスマイルカナはまだまだ先。

メンバー最速の34.4秒の脚で追い込むが、2番手集団を交わし切るのが精一杯。

終いの安定感は示せた。

20/3/7 チューリップ賞(G2) 

阪神 芝1600m 良 14頭

着順:9着(1.34.1・0.8差)

騎手:石橋脩(54キロ)

道中は中団で脚を溜めて、直線に賭けるが、直線では特に見せ場は作れなかった。

末脚が不発。

その原因は不明。

2020/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:11着(1.37.5・1.4差)

騎手:石橋脩(55キロ)

終始後方のまま見せ場なし。

チェーンオブラブの次走

次走は東京芝2400mで行われる、3歳牝馬の頂点を決める「優駿牝馬(G1)」。

東京へのコース替わりは幾分かはプラスだろうが、他馬との力関係ではかなり見劣る。