2020年6月6日【鳴尾記念】終了時点までのデータをもとに、レッドジェニアルの好走パターンを分析。

レッドジェニアルの距離適性

レッドジェニアルはこれまでに芝2000m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(1-0-3-1)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-4)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

現状では2000m前後がベスト。

レッドジェニアルの脚質

中団から後方に控えて終いを生かす競馬。

ただしその末脚はどちらかと言えば内回り向きであまりキレはない。

緩い流れよりも締まった流れで持ち味を発揮。

上りがかかる展開でしぶとく伸びてくる。

レッドジェニアルのコース適正

レッドジェニアルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-2-2)
  • 阪神(0-0-1-3)

京都は好きそう。

レッドジェニアルの持ち時計(ベストタイム)

レッドジェニアルの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.59.1 8着(0.7差・阪神)
  • 芝2200m:2.11.9 1着(クビ差・京都)
  • 芝2400m:2.23.4 8着(0.8差・東京)
  • 芝3000m:3.06.6 6着(0.6差・京都)

高速馬場、高速決着は期待薄。

レッドジェニアルの重馬場適正

レッドジェニアルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-1)

稍重までならさほど苦にしないようだが、それ以上になるとまだ未知数。

レッドジェニアルの鉄砲実績(休み明け)

レッドジェニアルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

レッドジェニアルの近走診断

19/5/26 東京優駿(G1)18頭立て

東京 芝2400m 良

着順:8着(2.23.4 0.8差)

騎手:酒井学(57キロ)

肝心なレースで出遅れて後方から。

いくら上りのかかるハイペースの展開でも、この位置からでは差せる脚は持っていない。

19/9/22 神戸新聞杯(G2)8頭立て

阪神 芝2400m 良

着順:4着(2.27.8 1.0差)

騎手:酒井学(56キロ)

ドスローのペースを2~3番手から。

ドスローで前目の位置なので、前残りも期待できるが、この馬の差し脚には限界がある。

こういうペースなら、玉砕覚悟でハナに立ってペースを作るくらいの気概がなければ勝ち負けは望めない。

19/10/20 菊花賞(G1)18頭立て

京都 芝3000m 良

着順:6着(3.06.6 0.6差)

騎手:酒井学(57キロ)

道中は中団7~8番手で追走。

0.6差の6着も、5着馬には1馬身離されていることからも、この距離は長いのだと思う。

ただ、6着に粘ったとことで、スタミナの確かさは証明できた。

20/1/19 日経新春杯(G2)

京都 芝2400m 良 14頭

着順:7着(2.27.7・0.8差)

騎手:武豊(56キロ)

出遅れて後方から。

最後は上り最速34.5秒で上がってはきているが、切れる脚がないこの馬にとって、この位置取りからではレースにならない。

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)良 12頭

着順:8着(1.59.1・0.7差)

騎手:酒井学(57キロ)

道中は中団。

直線は伸びずバテず。

レースの上り34.2秒では、この馬の出番はない。

20/6/6 鳴尾記念(G3)

阪神 芝2000m(内)16頭

着順:3着(2.00.2・0.1差)

騎手:酒井学(56キロ)

4枠8番から出遅れて後方から。

道中は内ぴったりの経済コースを進んで、直線も内からスルスルと伸びて来る。

開幕週の馬場、内を狙ったのも良かったが、レースの上りも36.3秒。

この馬向きの展開になった。

レッドジェニアルの次走

次走は阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

距離、コースは引き続き合ってそう。

あとは他馬との力関係。