2020年12月5日【ステイヤーズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ポンデザールの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ポンデザールの距離適性

ポンデザールはこれまでに芝2000m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-0-0-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(4-0-0-0)
  • 芝3600m(0-0-1-0)

適距離は2400m以上。

スタミナは相当ありそう。

ポンデザールの脚質

中団、後方から終いを生かす競馬。

豊富なスタミナから長く良い脚を繰り出す長距離砲。

特別切れる脚はないので、早めに仕掛けてスタミナ勝負に持ち込みたい。

ポンデザールのコース適正

ポンデザールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(3-0-0-1)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

札幌、函館の洋芝はほぼパーフェクト。

スタミナは豊富だが、パワーもありそう。

札幌、函館の勝利はいずれも2600m。

左回りコースへの出走が少ないが、たまたまか?

ポンデザールの持ち時計(ベストタイム)

ポンデザールの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.00.0 4着(札幌)
  • 芝2200m:2.15.8 16着(京都)
  • 芝2400m:2.29.0 1着(新潟)
  • 芝2500m:2.34.4 9着(中山)
  • 芝2600m:2.37.6 1着(札幌)※レコード
  • 芝3600m:3.52.3 3着(中山)

他はまったく大したことはないが、2600mはレコード(2020年「札幌日経オープン」)。

ポンデザールの重馬場適正

ポンデザールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-0)
  • 重(0-0-0-1)

洋芝は強いが、道悪自体はあまり好きではないか?


ポンデザールの枠順適正

ポンデザールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-2)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(2-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

好走しているレースのほとんどは、4コーナー外を回っている。

極端な内枠で内に閉じ込められると厳しいか?

ポンデザールの鉄砲実績(休み明け)

ポンデザールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)

あまり詰めて使ってこないので、フレッシュなうちが良い。

ポンデザールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

夏は良い。

ポンデザールの斤量別着度数

  • 50キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-0-1-3)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-0-1)

ポンデザールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 458~496キロ

ポンデザールの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)、母の父はロッシーニ(ミスプロ系ミスワキ)。

半兄にG1「香港ヴァーズ(芝2400m)」、「宝塚記念(芝2200m)」を制したサトノクラウン(父はモンジュー)がいる。

ポンデザールの近走

20/8/8 札幌日経オープン

札幌 芝2600m 良

着順:1着(2.37.6・-0.7差)※レコード

騎手:ルメール(54キロ)

道中は中団の前目から、向正面で順位を上げて、3角は3番手、4角は2番手で直線。

直線は馬場の内目をステッキ2発で即反応、一気に突き抜けて後続を4馬身ちぎる圧勝。

向正面から長く良い脚でレコード記録レース。

20/8/23 札幌記念(G2)

札幌 芝2000m 良

着順:4着(2.00.0・0.6差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団。

4角は5番手の外目で直線に向くが、直線はバテず伸びずの4着。

2000mはやはり忙しそう。

2020年 札幌記念(G2)のラップ分析&回顧

20/12/5 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 良

着順:3着(3.52.3・0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は先団3~4番手。

4角3番手で直線。勝ったオセアグレイトと一緒に伸びて来るが、最後は切れ負け。

この馬にとってはペースが遅すぎたのかも。

2020年 ステイヤーズS(G2)のラップ分析&回顧

ポンデザールの次走

次走は2月20日(土)、東京競馬場 芝3400mで行われる「ダイヤモンドS(G3・ハンデ)」。

前走はペースが遅すぎた。

ある程度流れてくれれば勝ち負け。

 

その他、ダイヤモンドS(G3)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)