2020年8月8日【札幌日経OP】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ポンデザールの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ポンデザールの距離適性

ポンデザールはこれまでに芝2000m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(4-0-0-0)

適距離は長距離。

スタミナは相当ありそう。

ポンデザールの脚質

中団、後方から終いを生かす競馬。

豊富なスタミナから長く良い脚を繰り出す長距離砲。

ポンデザールのコース適正

ポンデザールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(3-0-0-0)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

札幌、函館の洋芝はパーフェクト。

スタミナは豊富だが、パワーもありそう。

札幌、函館の勝利はいずれも2600m。

ポンデザールの持ち時計(ベストタイム)

ポンデザールの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.03.0 12着(小倉)
  • 芝2200m:2.15.8 16着(京都)
  • 芝2400m:2.29.0 1着(新潟)
  • 芝2500m:2.34.4 9着(中山)
  • 芝2600m:2.37.6 1着(札幌)※レコード

他はまったく大したことはないが、2600mはレコード(2020年「札幌日経オープン」)。

ただ、このレコードタイムが速いか否か?

函館の芝2600mのレコードは2017年にメイショウガーデンが計時した2.37.3(2020年7月19日の2回函館6日目終了まで)で、500万クラスの条件戦で計時されている。

洋芝の芝2600mはちょっと特殊なレースなので、ここらあたりをどう評価するか。

ポンデザールの重馬場適正

ポンデザールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)

洋芝は強いが、重馬場はそうでもないのか?

ポンデザールの枠順適正

ポンデザールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(2-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

好走しているレースのほとんどは、4コーナー外を回っている。

極端な内枠で内に閉じ込められると厳しいか?

ポンデザールの鉄砲実績(休み明け)

ポンデザールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)

あまり詰めて使ってこないので、フレッシュなうちが良い。

ポンデザールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

夏は良い。

ポンデザールの斤量別着度数

  • ~52キロ(1-0-0-0)
  • 52.5~54キロ(3-0-0-5)
  • 54.5~56キロ(1-0-0-1)
  • 57キロ~(未)

ポンデザールの連対体重

  • 458~492キロ

ポンデザールの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)、母の父はロッシーニ(ミスプロ系ミスワキ)。

半兄にG1「香港ヴァーズ(芝2400m)」、「宝塚記念(芝2200m)」を制したサトノクラウン(父はモンジュー)がいる。

ポンデザールの前走

20/8/8 札幌日経オープン

札幌 芝2600m 良

着順:1着(2.37.6・-0.7差)※レコード

騎手:ルメール(54キロ)

道中は中団の前目から、向正面で順位を上げて、3角は3番手、4角は2番手で直線。

直線は馬場の内目をステッキ2発で即反応、一気に突き抜けて後続を4馬身ちぎる圧勝。

向正面から長く良い脚でレコード記録レース。

ポンデザールの次走

次走は札幌競馬場 芝2000mで行われる「札幌記念(G2)」。

札幌は負けなしの(3-0-0-0)だが、距離はすべて2600m。

前走圧勝も、距離短縮でどうか?

中1周のローテも気になる。

 

その他、札幌記念の出走馬を分析