2020年9月13日【セントウルS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、トゥラヴェスーラの好走パターンを分析。

トゥラヴェスーラの距離適性

トゥラヴェスーラはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(2-3-0-6)
  • 芝1600m(1-0-0-3)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

ベストは1200m。

トゥラヴェスーラの脚質

前々で押し切るSP持続力、中団から終いを生かす瞬発力

力を出せるのは前者だろう。

ただ、重賞クラスになると、スタミナ、パワーがまだまだ足りない印象。

直線平坦の平均ペースなら、なんとか前々で粘り込めそう。

トゥラヴェスーラのコース適正

トゥラヴェスーラの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-2-0-3)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 小倉(0-1-0-2)

どちらかと言うと、直線平坦が合ってそう。

トゥラヴェスーラの持ち時計(ベストタイム)

トゥラヴェスーラの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.7 2着(京都・クビ差)
  • 芝1600m:1.34.2 5着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.0 7着(阪神)

速い時計の決着には向かなそう。

トゥラヴェスーラの重馬場適正

トゥラヴェスーラの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-4)
  • 重(0-0-0-1)

道悪は走らないと思わせるデータだが、敗因は別にもある。

道悪はダメだと決めつけるのは危険。

トゥラヴェスーラの枠順適正

トゥラヴェスーラの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(2-1-0-3)
  • 10~14番(0-2-0-5)
  • 15~18番(未)

トゥラヴェスーラの鉄砲実績(休み明け)

トゥラヴェスーラの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-3)
  • 3戦目(1-1-0-2)
  • 4戦目(0-1-0-1)

叩いてからの方が力は出せそうだが、オープンクラスでの初勝利は中9週。

トゥラヴェスーラの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-5)
  • 3~5月(春):(1-3-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

冬はダメだと思わせるデータだが、おそらくたまたまだろう。

トゥラヴェスーラの斤量別着度数

  • ~52キロ(0-0-0-1)
  • 52.5~54キロ(0-0-0-3)
  • 54.5~56キロ(3-3-0-6)
  • 57キロ~(未)

56キロ限定だと(2-3-0-3)。

斤量の増減には動じないタイプ。

トゥラヴェスーラの適正体重

  • 466~482キロ

トゥラヴェスーラの血統背景

父はドリームジャーニー(サンデー系)。

母の父はアドマイヤコジーン(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

トゥラヴェスーラの近走

20/8/23 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 稍重

着順:6着(1.08.3・0.5差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は中団あたり。

3角過ぎて進出を開始。

4角4番手で直線に向くが、残り200mを過ぎたあたりで失速。

レースの前半3Fが32.4秒で、ここまでの前傾ラップは初体験。

現状ではスタミナにやや不安がありそう。

2020年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧

20/9/13 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:6着(1.08.4・0.5差)

騎手:武豊(56キロ)

道中は中団の前あたり。

直線は馬群の外目から追い込みをかけるが、残り200mで同じ脚色。

やはりこの馬、急坂が応えるような印象。

2020年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧

トゥラヴェスーラの次走

次走は11月29日(日)、阪神競馬場 芝1200m(内)で行われる「京阪杯(G3)」。

まだこのクラスは荷が重そう。直線急坂も心配。

 

⇒ その他、京阪杯の出走馬を分析