2020年8月23日【札幌記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ブラックホールの好走パターンを分析。

ブラックホールの距離適性

ブラックホールはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-4)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

2000mは「弥生賞(G2)」で0.4差の4着はあるが、重馬場で、タイムも遅い。

現状では1800mまでか?

ブラックホールの脚質

後方から終いを生かした競馬が主だが、決してキレる脚があるわけではない。

重い馬場でパワーで追い込んでくるので、上りがかかった時に好走している。

ブラックホールのコース適正

ブラックホールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(1-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-3)

中山の3敗はG1を2鞍含んでいるので、コースと言うより力負け。

基本的には軽い馬場より重い馬場巧者だろう。

ブラックホールの持ち時計(ベストタイム)

ブラックホールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.50.4 1着(札幌)
  • 芝2000m:2.00.4 9着(札幌)
  • 芝2400m:2.25.0 7着(東京)

時計勝負には出番はないだろう。

ブラックホールの重馬場適正

ブラックホールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

基本的には緩い馬場は走る。

あとは相手との力関係。

ブラックホールの枠順適正

ブラックホールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(2-0-0-4)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(未)

ブラックホールの鉄砲実績(休み明け)

ブラックホールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ブラックホールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(未)

夏場は良い。

ブラックホールの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(2-1-0-1)
  • 54.5~56キロ(0-0-0-2)
  • 57キロ~(0-0-0-2)

420~430キロの小型馬だけに、斤量の増減には敏感かもしれない。

ブラックホールの連対体重

  • 418~422キロ

ブラックホールの血統背景

父はゴールドシップ(サンデー系)、母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

ブラックホールの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

ここは厳しい。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析