プレイイットサムのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

プレイイットサムの近走

21/3/28 3歳未勝利

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.03.0・-0.2差)

騎手:藤岡祐介(56キロ)

7枠10番からハナへ。

道中は比較的緩いラップを刻んで、4角も先頭で直線。

直線はケンアンビシャスに外から詰め寄られる場面もあったが、終始1馬身ほどのセーフティーリードを保ってゴール。

道中のペースは緩く、平均的な勝ち上がり。

21/4/17 山藤賞(3歳1勝C)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.01.0・-0.2差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

大外9番枠から道中は中位の6番手。

3角を過ぎて順位を押し上げ、4角は2番手の外で直線。

直線は坂の上りで先頭を捉えると、あとは後続2頭の強襲を抑えきってゴール。

道中のペースがそこそこ流れていた分、上りが消耗戦の様相を呈した。

中位追走から、この馬も長く良い脚を使っている。

走破時計もこのクラスとしては優秀。

プレイイットサムの脚質

先行力はそこそこありそう。

キレよりもスピードの持続力で勝負する感じ。


プレイイットサムの重馬場適正

プレイイットサムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪は普通にこなせそう。


プレイイットサムの血統背景

父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC,ジャパンカップダート)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

次走、ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月4日(日)、福島競馬場 芝1800mで行われる「ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

そこそこ走ってきて不思議はない馬。

 

その他、ラジオNIKKEI賞(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)