2022年10月30日【天皇賞(秋)】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ノースブリッジの好走パターンを分析。

ノースブリッジの距離適性

ノースブリッジはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-1-1)
  • 芝2000m(4-0-0-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

中距離あたりはこなせそう。

ノースブリッジの脚質

逃げ、先行脚質。

好走パターンとしては、現状ではスローの前残りか、消耗戦で上りのかかる展開での粘り込み。

スピードの持続力が求められる展開で、どこまで食い下がれるかはまだ未知数。

ノースブリッジのコース適正

ノースブリッジの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-1-0)
  • 新潟(未)
  • 東京(3-0-0-4)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

ノースブリッジの持ち時計(ベストタイム)

ノースブリッジの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.44.5 5着(東京)
  • 芝2000m:1.58.4 11着(東京)
  • 芝2200m:2.13.4 10着(中山)
  • 芝2400m:2.26.9 13着(東京)

速い時計に対応できるか否かについては「?」。

ノースブリッジの重馬場適正

ノースブリッジの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-1-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪は気にせず走りそう。


ノースブリッジの鉄砲実績(休み明け)

ノースブリッジの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ノースブリッジのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(0-0-1-0)

ノースブリッジの枠順適正

ノースブリッジの馬番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(未)

脚質的には内枠が良さそう。

ノースブリッジの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-1-0)
  • 55キロ(3-0-0-1)
  • 56キロ(1-0-0-3)
  • 58キロ(0-0-0-1)

ノースブリッジの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-4)

ノースブリッジの好走体重

3着以内の体重は;

  • 468~496キロ

ノースブリッジの血統背景

父はモーリス(ロベルト系/安田記念連覇、チャンピオンズマイル連覇、香港マイル、秋天)。

母の父はアドマイヤムーン(ミスプロ系フォーティーナイナー/ドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップ)。

近親にローレルゲレイロ(高松宮記念、スプリンターズS)。

ノースブリッジの近走

22/6/12 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 重

着順:1着(1.46.7・クビ差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

【レース前寸評】

トーラスジェミニとハナを競うか?

いずれにしても昇級初戦は厳しそう。

【結果】

道中は3番手で追走していたが、しっかり内目は避けて走っていた。

4角も3番手で、直線は馬場の荒れていない外目の馬場から追い出しを待ち、坂下までは余裕の手応え。

坂の上りから追い出しにかかると、しっかり伸びて残り300mでは先頭。

あとは後続の追撃を封じてゴール。

道中の位置取りとコース取りがはまった感じ。

騎手の手腕が大きい勝利だろう。

2022年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

22/10/9 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.44.5・0.4差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

【レース前寸評】

東京巧者。

速い時計にどれだけ対応してこられるか?

【結果】

スタート出遅れて、道中は中位の後ろ、8番手を追走。

4角も8番手の最内で直線に向き、直線では馬群の中ほどを突いて追い上げてはくるが、0.4差の5着まで。

前々で勝負する馬だけに、出遅れが響いたのは確かなところ。

このハイレベルな一戦で、前々で競馬を進めてどこまでやれたのかも見たかったが、0.4差の5着では、ちょっと評価のしようがない。

2022年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

22/10/30 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:11着(1.58.4・0.9差)

騎手:岩田康誠(58キロ)

【レース前寸評】

前走は出遅れが響いた。

時計勝負にどれだけ対応してこられるかは依然未知数のままだが、対応できないとも決めつけられない。

スタート五分で前目で流れに乗れば・・・。

【結果】

道中は先団3番手の内。

4角も3番手の内で直線に向くが、坂を上りきった残り200mあたりで力尽きたようす。

もう少し踏ん張れても良かったのではないか?

瞬発力勝負には向かないのと、距離の2000mにも「?」がついた。

2022年 天皇賞(秋)(G1)のラップ分析&回顧