2020年1月18日【秋華賞】終了時点までのデータをもとに、パッシングスルーの好走パターンを分析。(ダートを除く)

パッシングスルーの距離適性

パッシングスルーはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-0-0-3)

ベストは2000m前後だろう。

パッシングスルーの脚質

先団に取り付いて、そのままのスピードを持続して押し切るスピード持続型。

パッシングスルーのコース適正

パッシングスルーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 小倉(0-0-0-1)

コールによる巧拙はまだよく分からない。

パッシングスルーの持ち時計(ベストタイム)

パッシングスルーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.8 1着(東京)
  • 芝2000m:1.58.3 1着(中山)

ベスト更新時の着順がどれも1着。

時計面はまだこれから。

パッシングスルーの重馬場適正

パッシングスルーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

1勝クラスで勝ちはあるが、その他では「脚をとられた」「バランスを崩していた」など、苦手ともとれるコメントが相次ぐ。

ダートの地方重賞で3着があるように、パワーはあるので、道悪はダメと言い切るのはまだ早いかも。

父、母父ともに芝の道悪はそう悪くはない。

パッシングスルーの鉄砲実績(休み明け)

パッシングスルーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-3)

馬券圏内を外したレースでも僅差が多い。

休み明けはあまり気にしなくていいのでは。

パッシングスルーの血統背景

父はルーラーシップ(その父キングカメハメハ)、母は中距離で準オープンまで勝ち上がったマイティースルー。母の父はクロフネ。

5代血統内のクロスは;

  • ミスプロ 12.5% 4×4
  • レイズアネイティヴ 6.25% 5×5
  • ゴールドディガー 6.25% 5×5

パッシングスルーのこれまでの走り

19/1/6 シンザン記念(G3)京都芝1600m

着順:4着(0.4差)騎手:池添謙一(54キロ)

ラップタイム(上り:35.9)

  • 12.3 – 10.8 – 11.6 – 12.6 – 12.5 – 12.1 – 12.1 – 11.7

シンザン記念良馬場平均(過去8レース分)(上り:35.2)

  • 12.3 – 11.2 – 11.7 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 11.8

レース序盤は若干速いけれども、中盤では完全に一息ついた格好。

しかしそれでも、上りはさほど速くはならず、平均よりは遅い。

この日の馬場は全体的に時計がかかる傾向にあり、良馬場発表ながらも、芝はかなり重かったようだ。

この馬場状態を踏まえると、ラップ的にはそれほどでもないペースながら、上りのかかる消耗戦の展開になった。

パッシングスルーは中団前目でレースを進めるが、直線では後続に差されて0.4差の4着。

デビュー2戦目でいきなりの重賞挑戦にしては頑張った方かもしれないが、それは勝ったヴァルディゼールにしても同じこと。

少し物足りなさを残した重賞初挑戦。

19/4/21 フローラS(G2)東京芝2000m

着順:4着(0.1差)騎手:石橋脩(54キロ)

ラップタイム(上り:34.2)

  • 12.9 – 11.4 – 11.6 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 11.0 – 11.5

フローラS 良馬場平均(過去7レース分)(上り:34.9)

  • 13.0 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 12.5 – 12.4 – 12.2 – 11.5 – 11.5 – 11.9

レース序盤は平均値よりやや速い。

中盤はさほど速くはならず、平均より幾分緩い流れ。

残り600mあたりからペースがグンと上ってゴールまで。

走破時計は平均値よりも1.0秒ほど速い1.59.5。

終いに切れがある馬の瞬発力勝負のレースになった。

パッシングスルーは明らかに切れ負け。

最後、逃げたジョディーを交わせていれば、多少評価は上がったが、前走の消耗戦でも粘れず、今回の瞬発戦でもイマイチ。

力はありそうだが、中途半端な競馬が続いている。

19/7/7 3歳上1勝クラス 福島芝2000m 稍重

着順:1着(-0.5差)騎手:戸崎圭太(52キロ)

ラップタイム(上り:37.2)※稍重

  • 12.5 – 11.2 – 11.6 – 12.2 – 12.2 – 12.1 – 11.9 – 12.3 – 12.5 – 12.4

同コース同条件良馬場平均(過去5レース分)(上り:35.4)

  • 12.5 – 11.5 – 11.9 – 12.3 – 12.8 – 12.3 – 11.7 – 11.8 – 11.6 – 12.0

同コース同条件の良馬場平均よりも序盤は速く、中盤もまだまだそのペースは落ちないで、一転上りは37.2秒を要する消耗戦。

パッシングスルーはこの消耗戦のレース展開を中盤まで3番手で進め、後半4コーナーでは早くも先頭に立ち、直線では後続馬を寄せ付けず、3馬身離して圧勝。

3歳牝馬の52キロの斤量は、最後の消耗戦に有利に働いたとは思うが、古馬も混じったこの一戦で、この内容は強い。

持久力と底力は相当なものがあるかもしれない。

19/9/7 紫苑S(G3)中山芝2000m

着順:1着(ハナ差)騎手:戸崎圭太(54キロ)

ラップタイム(上り34.0)

  • 12.2 – 11.1 – 12.2 – 12.3 – 12.7 – 11.8 – 12.0 – 11.5 – 11.0 – 11.5

紫苑S 2015年以降良馬場平均(4レース分)

  • 12.2 – 11.0 – 12.2 – 12.4 – 12.8 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.6 – 11.6

前半は平均と変わらないペースを刻むが、1000m過ぎから早くもレースが動いている。

その後もラップは落ちることなくゴールまで続く。

走破時計も1.58.3と、かなり速い時計が出たが、この日は開幕週の初日。

馬場は超高速馬場になっていた。

1000m過ぎからペースが速くなっているにも関わらず、レースの上りは34.0秒。

このレースでは持続力と同様に、速い芝への対応力もカギとなった。

パッシングスルーは大外15番からのスタートで、1番人気に推されたオークス2着馬のカレンブーケドールを見るかたちで3番手追走。

1000m過ぎのペースアップでも離されずについて行き、直線カレンブーケドールが抜けだすと、追って追って坂の途中でカレンを交わす。

最後、内から来たフェアリーポルカの猛追にあうが、ハナ差凌いでゴール。

持続力勝負でカレンブーケドールを下した意味は大きい。

枠順の有利不利も関係なく、最後は勝負根性まで見せつけた強い勝ち方。

秋本番へ向けて視界は明るい。

19/10/13 秋華賞(G1)京都芝2000m 稍重

着順:10着(1.2差)騎手:戸崎圭太(55キロ)

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.9 36.4 12.3 10.7 11.6 11.8 11.9 12.7 12.5 12.0 12.3 12.1
過去平均 1.58.3 35.1 12.1 10.7 12.3 12.2 12.0 12.2 11.8 11.6 11.6 11.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

前半は過去の良馬場平均よりも若干速いが、当日は稍重のタフな馬場状態。

後半につれてラップの推移もキツくなり、上りもかかっているのがよく分かる。

このレースはスタミナとパワーが試されたレースと言ってもいいだろう。

そんな展開の中、パッシングスルーは8枠16番の外枠から前半は3番手を追走。

それも終始外々を回る位置取りでは4角で余裕がなくなったのもうなずける。

1.2差はつけられ過ぎのようにも見えるが、このレースは枠順、展開が向かなかったと見ていいのではないか。

20/1/18 愛知杯(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 重 16頭

着順:7着(2.02.3・1.2差)

騎手:池添謙一(54キロ)

「秋華賞」以来の約3か月ぶりの競馬。

馬体重は+14キロ。

道中は中団、直線も伸びを欠いて7着。

休み明け、重馬場、降雨、などが敗因か。

(このあと地方のダート重賞で2戦して、3着、9着)

パッシングスルーの次走

次走の予定は福島競馬場、芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

ダート重賞2戦を挟んでの参戦。

ちょっと走りにムラがあるので積極的には狙えないが、距離、コースともに適条件であることは確か。