2021年4月24日【福島牝馬S 】終了時点までのデータをもとに、パッシングスルーの好走パターンを分析。(ダートを除く)

パッシングスルーの距離適性

パッシングスルーはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(2-0-0-4)

ベストは2000m前後だろう。

パッシングスルーの脚質

好走パターンは、先団に取り付いてそのままのスピードを持続して押し切る競馬。

スピード持続型。

パッシングスルーのコース適正

パッシングスルーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 小倉(0-0-0-1)

パッシングスルーの持ち時計(ベストタイム)

パッシングスルーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.8 1着(東京)
  • 芝1800m:1.47.4 10着(新潟)
  • 芝2000m:1.58.3 1着(中山)

速い時計はダメ。

パッシングスルーの重馬場適正

パッシングスルーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-2)

1勝クラスで勝ちはあるが、その他では「脚をとられた」「バランスを崩していた」など、苦手ともとれるコメントが相次ぐ。

ダートの地方重賞で3着があるように、パワーはあるので、道悪はダメと決めつけるのはまだ早い。

父、母父ともに芝の道悪はそう悪くはない。

パッシングスルーの鉄砲実績(休み明け)

パッシングスルーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-6)

馬券圏内を外したレースでも僅差が多い。

休み明けはあまり気にしなくていい。

パッシングスルーの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着 他)。

母は中距離で準オープンまで勝ち上がったマイティースルー

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC、ジャパンカップダート)。

次走、マーメイドS(G3)に向けて

次走は6月20日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「マーメイドS(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

ハンデが軽くなるわけでもなく、好走する要素が見いだせない。

 

その他、マーメイドS(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)