2020年3月7日【オーシャンS】終了時点までのデータをもとに、ナックビーナスの好走パターンを分析。(ダートは除く)

ナックビーナスの距離適性

ナックビーナスはこれまでに、芝1000m~芝1600mまでの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-1-0-0)
  • 芝1200m(6-8-3-8)
  • 芝1400m(1-0-0-1)
  • 芝1600m(0-1-2-1)

出走数が圧倒的に多い芝1200mに適性がありそうだが、詳細はどうか。

芝1000m

これまでに新潟1000直のOP特別に一度だけ参戦して、0.1差の3着。

適正はありそうなので、出走数を増やせば、勝ち鞍が増える可能性はありそうだ。

芝1200m

G1高松宮記念記念で3着が1回。その他G3のレースでは1着が1回、2着が4回、3着が2回と、上のクラスで安定的な成績を残している。

適正能力はそうとう高そう。

芝1400~1600m

芝1400mは、OP特別を軽ハンデで1勝。あとはG3のレースで7着が1回。

芝1600mは下級条件で2着が1回、3着が2回。

陣営があまり使っていないところを見ても、適正があるとは言えないだろう。

ナックビーナスの脚質

ナックビーナスの好走時の脚質は、「逃げ」「先行」が多い。

基本的に切れる脚はないので、前目の位置にポジションを取って、粘り込むのが必勝パターンと思われる。

一旦先手を取れば、少々のハイペースではへこたれないスピード持続力を持っている。

ナックビーナスのペース適正

先ほども触れたが、ナックビーナスはハイペースに強い。

これは、ハイペースで先団がバテたところを後方から強襲するという競馬ではなく、自らがハイペースで逃げる、もしくは先団に位置し、そのまま粘り込むという強い競馬だ。

ナックビーナスはこの競馬ができるので、ペースに順位を左右されることは少なく、芝1200mでは、負けても僅差の競馬が多い。

ハイペースの展開で前目の位置にいれば、得意の競馬場(後述)なら勝ち負けの可能性は高い。

ナックビーナスのコース適正

ナックビーナスの各競馬場における成績は次の通り、芝1200mの成績だけを抜き出している;

  • 札幌(1-0-1-2)
  • 函館(0-0-1-0)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 中山(3-6-1-1)
  • 中京(0-0-1-2)
  • 京都(1-0-0-3)
  • 阪神(0-1-0-0)
  • 香港(0-0-0-1)

中山競馬場での好走が目立つ。

これは、ナックビーナスに急坂を苦にしないパワーが備わっているからだと見る。

ナックビーナスの持ち時計(ベストタイム)

ナックビーナスの芝1200mでベストタイムは;

  • カーバンクルS(OP)中山芝1200:1.07.2 2着(0.2差)

かなり優秀な時計で、このレースもハイペースの2番手追走から粘り込んでいる。

しかもこのレースでは牝馬ながら58キロの斤量を背負っての2着で価値がある。

ただ、ナックビーナスが1分7秒台の時計を出せるのは、どういうわけか中山競馬場だけ。

その他の競馬場では、3歳時に走って勝った「葵S(OP・京都芝1200m)」の1.07.9が最高。

それ以外はすべて1分8秒台、1分9秒台。

ナックビーナスの重馬場適正

ナックビーナスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-1-0-5)
  • 重(0-1-0-0)

基本的には苦にしないと見る。

ナックビーナスの枠順適正

ナックビーナスは前目の脚質なので、やはり枠順は内目の枠が欲しいところ。

データ的には外枠で好走しているレースもあるが、やはり大事なレースでは中枠以内にとどめたい。

ナックビーナスのリピート性

ナックビーナスの特長として挙げられるのがリピート性。

一度好走したレースは再度好走する確率が高い。

ラピスラズリS(OP)中山芝1200m

  • 2016年 2着
  • 2017年 2着
  • 2019年 1着

カーバンクルS(OP)中山芝1200m

  • 2017年 1着
  • 2018年 1着
  • 2019年 2着

オーシャンS(G3)中山芝1200m

  • 2017年 2着
  • 2018年 2着
  • 2019年 2着
  • 2020年 2着

キーンランドC(G3)札幌芝1200m

  • 2017年 3着
  • 2018年 1着
  • 2019年 5着

ナックビーナスの近走診断

19/8/25 キーンランドC(G3)

札幌 芝1200m 稍重 16頭

着順:5着(1.09.6・0.4差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

1枠1番からハナに立つが、同じく逃げ脚質のライオンボスに外ピッタリにつけられる。

そのためペースが上がって前半3Fは33.2秒。

直線も残り100mまでは軽快ににげたが、ゴール前すんでのところで後続に呑み込まれた。

ハイペース巧者のナックビーナスでも、札幌コースでこのペースはちょっと速すぎだろう。

最後の1Fも12.5秒を要した。

19/12/1 ラピスラズリS(L)

中山 芝1200m 良 9頭

着順:1着(1.08.5・0.4差)

騎手:田辺裕信(58キロ)

7枠7番からハナに立ち、前半3Fは35.1秒のスロー。

このクラスでこのペースなら、直線楽に抜け出して、後続に2馬身半つける圧勝。

別定重量58キロを背負っていたが、関係なし。

19/12/1 タンザナイトS(ハンデ)

阪神 芝1200m(内)良 16頭

着順:2着(1.08.7・0.1差)

騎手:武豊(56キロ)

5枠9番からハナに立ち、前半3Fを34.1秒のマイペースで逃げる。

残り200mで後続を突き放したかのように見えたが、大外から飛んできたジョイフルの33.5秒の末脚に屈する。

ハンデ差はあったが、ジョイフルの末脚を褒めるしかない。

20/3/7 オーシャンS(G3・ハンデ)

阪神 芝1200m(内)良 16頭

着順:2着(1.07.6・0.2差)

騎手:横山典弘(54キロ)

5枠10番から、内でハナを主張するエンゲルヘンにハナを譲って2番手で追走。

前半3Fは33.1秒と締まったラップ。

ナックビーナスは4角を回って直線に向くと、すぐさま抜け出して先頭に立ち、残り100mあたりまではなんとか粘るが、ゴール前はダノンスマッシュの末脚にあっさり屈し、このレース4年連続の2着。

ここはやはり力の差、仕方ない。

ナックビーナスの次走

次走は中京競馬場 芝1200mで行われる「高松宮記念(G1)」。

2018年にはこのレースで3着に入っているが、得意の好走リピートは出来ていない。

しかし前走も3着のタワーオブロンドンには3馬身つけており、まだまだ力は衰えていない。

なにかのはずみで上位に食い込んで来るチャンスは十分にある。