2020年5月31日【日本ダービー】終了時点までのデータをもとに、マイラプソディの好走パターンを分析。

マイラプソディの距離適性

マイラプソディはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

2000m前後は問題なさそう。

マイラプソディの脚質

終いのキレも強烈だが、長く良い脚を持続できるSP持続力にも優れている。

マイラプソディのコース適正

マイラプソディの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)

関東圏への長距離輸送で力が出せていないのは偶然か?

マイラプソディの持ち時計(ベストタイム)

マイラプソディの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.7 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.01.5 1着(京都)
  • 芝2400m:2.25.2 9着(東京)

突出した時計はないが、時計的な面に関してはまだまだこれからだろう。

マイラプソディの重馬場適正

マイラプソディの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)

稍重で勝っているのは「新馬戦」。

前半1000mが65.7秒の超超スローペースでの勝利なのでこれは参考外。

基本的にこの馬、緩い馬場は苦手ではないか?

でなければ、「共同通信杯」「皐月賞」での凡走の説明がつかない。

マイラプソディの鉄砲実績(休み明け)

マイラプソディの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

マイラプソディの枠順適正

マイラプソディの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(2-0-0-1)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(未)

マイラプソディの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

マイラプソディの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(0-0-0-3)

マイラプソディの連対体重

  • 500~510キロ

マイラプソディの血統背景

父は2005年の「有馬記念」の勝馬ハーツクライ。

母の父はソルトレイク(ND系ヴァイスリージェント)。

ソルトレイクは米国で走り、ダートの団距離で活躍。

マイラプソディの評価

強い勝ち方をする一方で、あっりと負けてしまう凡走も目立つ。

凡走の原因は「道悪」にあると見ているが、それも確かな根拠はない。

強さと弱さの表裏一体。

「早熟」の可能性も捨てきれない。

マイラプソディのこれまでの走り

19/7/7 2歳新馬 10頭立て

中京 芝2000m 稍重

着順:1着(2.06.0 -0.1差)

騎手:武豊(54キロ)

稍重とは言え超スローの展開。

後方から直線伸びて勝利。

このレースだけでは、特に見どころはない。

19/9/14 野路菊S(2歳OP)5頭立て

阪神 芝1800m 良

着順:1着(1.47.4 -0.8差)

騎手:武豊(54キロ)

5頭立ての4番手から、4角は先頭に並びかけ、直線入口では先頭。

あとはグングン伸びて後続を一気に離してゴール。

序盤は緩かったが、中盤、上りとそれなりに流れた。

それでもレースの上りは33.5秒と速く、マイラプソディの上りは33.4秒。

瞬発力を示したレース。

19/11/23 京都2歳S(G3)9頭立て

京都 芝2000m 良

着順:1着(2.01.5 -0.3差)

騎手:武豊(55キロ)

序盤は後方の7番手あたり。

しかし向う正面中ほどではすでに進出を開始。

3角5番手、4角3番手とマクリ気味で直線へ。

直線では残り200mで先頭に並びかけると、そこからは並ぶ間もなく交わし去って、最後は手綱を緩める余裕のゴール。

ペースは序盤、中盤と締まった流れで、上りは時計は36.4秒かかる消耗戦。

この展開をマクッて行って、直線余裕でゴールしたマイラプソディ。

スピード持続力、スタミナはかなりのもの

20/2/16 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 稍重 9頭

着順:4着(1.50.3・0.7差)

騎手:武豊(57キロ)

道中は後方6~7番手。

4角は外を回して直線に入るが、まったく伸びてこないで4着まで。

稍重と言ってもペースは超スロー。

後ろからではきつい展開とは言える。

敗因は展開の他にも;

  • 初めての関東遠征(長距離輸送)
  • 1頭だけ別定重量57キロ

などが考えられるが、それにしてもちょっと敗けすぎ。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:13着(2.02.2・1.5差)

騎手:武豊(57キロ)

道中は後方から、勝負どころの3角から順位を上げて4角は9番手の外。

しかし直線に向いても伸びて来ない。

前走に続いて「稍重」の馬場。

敗因はこれか?

20/5/31 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:9着(2.25.2・1.1差)

騎手:横山典弘(57キロ)

序盤は後方にいたが、あまりのスローペースに業を煮やしたのか、マクッて行って1000mを過ぎたころには先頭に立つ。

そこからも決して緩くはないペースでラップを刻み、4角も先頭で直線。

直線は残り200mまでは何とか粘るが、さすがにそこからは失速気味。

しかし最後も大きく失速しているわけではなく、大胆な積極策を考えると、よく粘っている方だと思う。

あのまま後方にいて、「座して死を待つ」よりは、よほど身のあるレース内容。

マイラプソディの次走

次走は9月27日、中京競馬場の芝2200mで行われる、「神戸新聞杯(G2)」。

2歳戦以降結果が出ていないが、前走を見る限り、「早熟」ということもないだろう。

コントレイルを除いては、そう力の差はないのでは。

 

その他、神戸新聞杯の出走馬を分析