2020年10月10日【長岡京S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、メイショウオーパスの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

メイショウオーパスの距離適性

メイショウオーパスはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-2)
  • 芝1600m(1-3-1-5)
  • 芝1800m(0-1-0-1)

ベストは1600mでその前後200mは守備範囲だろう。

メイショウオーパスの脚質

後方からの追い込み。

その末脚は強烈だが、差し届かないことも多い。

しかし、極端なスローペースでない限り、かなりの確率で上位に食い込んでくる。

メイショウオーパスのコース適正

メイショウオーパスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(1-3-1-2)
  • 阪神(1-1-0-2)

左回りが(0-0-0-4)だが、ダートでは「昇竜S(中京ダ1400)」で3着に入っているので、これは気にしなくても良さそう。

京都コースとは好相性。

メイショウオーパスの持ち時計(ベストタイム)

メイショウオーパスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.8 7着(中京)
  • 芝1600m:1.31.6 2着(京都)
  • 芝1800m:1.47.2 2着(阪神)

3勝クラスで計時した1600mの1.31.6は速い。

メイショウオーパスの重馬場適正

メイショウオーパスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

ダートでもそこそこ走っていた馬なので、道悪自体は問題ないだろう。

メイショウオーパスの鉄砲実績(休み明け)

メイショウオーパスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は(ダート含む);

  • 10週以上(2-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-3)
  • 3戦目(1-2-0-2)
  • 4戦目(0-1-1-2)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

叩き3戦目までが勝負気配。

ローテーションは、中2週までで;

  • (1-0-2-5)

詰めて使ったもそこそこ走る。

メイショウオーパスの枠順適正

メイショウオーパスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-3)
  • 5~9番(1-3-1-2)
  • 10~14番(0-0-0-3)
  • 15~18番(未)

メイショウオーパスの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(2-0-0-4)
  • 3~5月(春):(0-2-1-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(2-3-1-2)

メイショウオーパスの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(0-2-1-1)
  • 57キロ(2-2-0-3)

メイショウオーパスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 494~516キロ

メイショウオーパスの血統背景

父は2005年の「フェブラリーS」を勝ったメイショウボーラー(ヘイロー系)。

メイショウボーラーはダート以外でも、芝の1200~1600mで重賞2勝。G1戦線でも活躍した。

母の父は「菊花賞」「有馬記念」「天皇賞(春)」を制した、長目の距離のマンハッタンカフェ(サンデー系)

メイショウオーパスの評価

強烈な末脚を持ち、その末脚は確実に繰り出してくる。

あとは届くか届かないかだが、ドスローの前残りにさえならなければ、かなりの確率で上位に食い込んでくる。

特に京都競馬場は相性が良い。

メイショウオーパスの次走

次走は10月31日(土)、京都競馬場 芝1400m(外)で行われる「スワンS(G2)」。

1400mは若干忙しそうだが、得意の京都コース、最終週の馬場なら。

 

その他、スワンSの出走馬を分析