2021年1月24日【アメリカJCC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ベストアプローチの好走パターンを分析。

ベストアプローチの距離適性

ベストアプローチはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(1-1-1-2)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(1-1-0-2)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

3000mの「菊花賞」は距離と言うより不良馬場かも。

2500mでも大敗はしていないので、適距離はまだよく分からないが、1800m、2000mはちょっと忙しいか?

ベストアプローチの脚質

中団、もしくは後方で脚を溜めて、終いを生かす競馬だが、好走する確率は中団からの方が高くなる。

テンの脚があまり速くないので、序盤にペースが上がれば位置取りが後ろからになる傾向。そうなるとなかなか上位には食い込めない。

終いの脚はそこそこ確実だが、OPクラスでは、ガチガチのキレ味勝負では後手を踏むかも。

ベストアプローチのコース適正

ベストアプローチの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-2)
  • 東京(1-1-0-2)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-1-1)
  • 阪神(1-1-0-1)

テンが速くなりやすいコース形態は苦手かも。

ベストアプローチの持ち時計(ベストタイム)

ベストアプローチの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.00.9 10着(函館)
  • 芝2200m:2.14.0 1着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.0 2着(東京)
  • 芝2500m:2.32.1 7着(東京)
  • 芝3000m:3.21.8 13着(京都)

ベストアプローチの重馬場適正

ベストアプローチの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-2)

道悪は不向きか?


ベストアプローチの鉄砲実績(休み明け)

ベストアプローチの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ベストアプローチの枠順適正

ベストアプローチの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-3)
  • 5~9番(2-1-0-4)
  • 10~14番(0-0-1-2)
  • 15~18番(未)

ベストアプローチの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-2)
  • 3~5月(春):(1-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-3)

ベストアプローチの斤量別着度数

  • 55キロ(1-1-1-0)
  • 56キロ(2-1-0-7)
  • 57キロ(0-0-0-2)

ベストアプローチの好走体重

3着以内の体重は;

  • 468~492キロ

ベストアプローチの血統背景

父はニューアプローチ(ND系サドラーズウェルズ)。

ニューアプローチは欧州で走り、芝のG1を5勝。主戦場は芝の短距離、マイル、2000m。

母の父はエフィシオ(ハイペリオン系)。

ベストアプローチの近走

20/7/19 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 良

着順:10着(2.00.9・1.2差)

騎手:横山武史(56キロ)

道中は後方。

3角を過ぎて馬群の外目から進出を開始し、4角は大外10番手で直線。

直線は懸命に追い上げを計るが、良い脚は出なかった。

レースは中盤からかなり締まった展開になった。

これではこの馬は脚が溜まらない。

2020年 函館記念(G3)のラップ分析&回顧

20/11/8 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:7着(2.32.1・0.5差)

騎手:江田照男(56キロ)

道中は中団の後ろ。

4角は後方12番手から直線。

直線は馬場の外目から追い上げて来るが0.5差の7着まで。

終いの脚はメンバー3位。

もう少し前目にポジションが取れれば。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

21/1/24 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 不良

着順:12着(2.19.8・1.9差)

騎手:江田照男(56キロ)

道中は後方13番手。

4角も13番手で直線に向くが、直線ではまったく見せ場なし。

道悪が堪えた様子。

2021年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

ベストアプローチの次走

次走は2月14日(日)、阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「京都記念(G2)」。

前走は度外視できるが、このクラスで好走するにはまだ力が足りないだろう。

 

その他、京都記念(G2)の出走馬を分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)