2020年6月14日【エプソムC】終了時点までのデータをもとに、マイネルファンロンの好走パターンを分析。

マイネルファンロンの距離適性

マイネルファンロンはこれまでに、芝1800m~芝2200mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-1-5)
  • 芝2000m(3-2-2-7)
  • 芝2200m(1-0-0-0)

芝1800m(0-1-1-5)

2着は新馬戦。

3着は3歳重賞の「スプリングS(G2)」だが、2着のエポカドーロには3馬身半の着差をつけられており、3着と言っても評価できる内容ではない。

芝2000m(3-2-2-7)

オープンクラスでは「函館記念(G3)」の2着がある。

しかし、準OPでは2000mを4回走って結局勝てず、準OPを勝ち上がったのは2200m。

3勝、2着2回と、現状では適距離と言えるかもしれないが、OPクラスでこの距離に勝利するには、若干の注文がつく。

芝2200m(1-0-0-0)

準OPはこの距離で勝ち上がった。

2000mよりも、個人的にはこのあたりの距離に適性があるように思う。

2200~2400mあたりでどうか。

マイネルファンロンの脚質

マイネルファンロンの好走パターンは、前目につけてそのまま押し切る競馬。

切れる脚はないので、中団あたりにポジションを下げたり、「スローのヨーイドン」では勝負にならない(19年・巴賞、他)。

先手が取れなかった場合には、3角あたりからマクって行った方がまだ可能性はある(18年・習志野特別)。

また、1800~2000mのタフな流れでは太刀打ちできない。

1800~2000mではあくまでスローか、スロー寄りのミドル。

これらのことから、ペースが上がっても激流にはなりにくい2400m近辺がこの馬には合っていそうな印象。

2200~2500mの重賞(G2)に人気薄で出てきて、内枠に入ったときなどは狙い目かも。

マイネルファンロンのコース適正

マイネルファンロンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-1-0-1)
  • 福島(0-0-0-2)
  • 東京(1-1-1-4)
  • 中山(2-1-2-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

美浦の手塚厩舎所属なので、関東圏での出走が多い。

ただ、関西圏や中京への出走が極端に少ないことから、「輸送競馬」に難があるのか? と勘繰りたくもなる(北海道は滞在競馬)。

あと、マイネルファンロンの脚質から考えて、ローカルの小回りコースや直線が短い内回りコースの方がこの馬には合っていると思う。

マイネルファンロンの持ち時計(ベストタイム)

マイネルファンロンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.7 10着(2.3差・東京)
  • 芝2000m:1.58.9 5着(0.6差・東京)
  • 芝2200m:2.12.3 1着(-0.2差・中山)

速い馬場では出番はない感じ。

2200mの2.12.3は、1600万条件としては速い方。

マイネルファンロンの道悪適正

マイネルファンロンの道悪競馬の実績は、稍重馬場も含めると;

  • 稍重(1-0-0-4)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

重馬場での勝利は未勝利戦で、5着のレースも0.3差。

重馬場までは苦にしないようだが、不良まで渋るとどうか。

マイネルファロンの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系)、母の父はロージズインメイ(ヘイロー系)。

5代血統内のクロスは;

  • ヘイロー  15.63% 3 x 5
  • ヘイルトゥリーズン  9.38% 4 x 5

父系も母系もスタミナ血統なので、長いところが向くと思うのだが・・・。

マイネルファンロンの近走

19/6/30 巴賞(オープン)

函館 芝1800m 稍重

着順:12着(1.3差)騎手:丹内祐次(56キロ)

昇級初戦。

いかんせんペースが速すぎた。

前半3Fが34秒台という今まで体験したことのないペースを5~6番手で追走。

オープンの洗礼を受けた形で良い経験。

19/7/14 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 良

着順:2着(クビ差)騎手:丹内祐次(54キロ)

前半3Fが、前走と打って変わって36.3秒という緩い流れ。

これはマイネルファンロンにとっては打ってつけのペース。

レースは中盤からそこそこ流れて行くが、ペースがジワジワ上がって行く分には心配ない。

道中2番手で追走したマイネルファンロン。

逃げたマイスタイルにはクビ差届かず2着。

コースもペースも位置取りも、この馬にとっては最良。

54キロのハンデも効いた。

19/10/6 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:10着(2.3差)騎手:柴田大知(56キロ)

スタート良く3番手につけたのは良かったが、レースは中盤あたりから激流に。

これでは持たない。

ここ3戦、出入りの激しい競馬だが、デキ落ちとかではなく、適性条件が合わなかっただけ。

19/11/10 福島記念(G3)

福島 芝2000m 良

着順:16着(1.6差)騎手:丹内祐次(55キロ)

スタート良く先団につけて、この馬の競馬。

3~4角も置かれることなくスーッと順位を上げて行くが、直線を向くと全く手ごたえがなくなってズルズル後退。

スローで勝ち上がってきたこの馬にとっては、今日のペースでも速すぎたのだろう。

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:8着(2.02.7・1.1差)

騎手:丹内祐二(56キロ)

道中2番手でレースを進めるが、直線は馬群に沈む。

超スローの瞬発力勝負になったので、この馬にとっては酷だった。

20/4/19 福島民報杯(L・ハンデ)

福島 芝2000m 重 16頭

着順:5着(2.02.1・0.3差)

騎手:丹内祐二(55キロ)

序盤は4~5番手だったが、3角手前で先頭に立ち、4角も先頭で直線。

直線もゴール前までしぶとく粘ったが、あと少しのところで呑み込まれた。

展開が嵌ったように見えたが、あと少し。

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良 18頭

着順:12着(1.49.8・2.1差)

騎手:三浦皇成(56キロ)

スタート直後に寄られる不利があって、いつものように先手が取れなかったのが痛かった。

馬場も馬場なので、中団からでは、この馬に出番はない。

2020年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

マイネルファンロンの次走

次走は函館競馬場 芝2000mで行われる「函館記念(G3)」。

ハンデは55キロ。

ペースが緩めば出番もあるが、この距離では積極的には狙えない。