2021年10月10日【毎日王冠】終了時点までのデータをもとに、マイネルファンロンの好走パターンを分析。

マイネルファンロンの距離適性

マイネルファンロンはこれまでに、芝1800m~芝2200mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-2-1-7)
  • 芝2000m(4-2-2-12)
  • 芝2200m(1-0-0-0)

ベストは2000m。前後200mは守備範囲。

マイネルファンロンの脚質

マイネルファンロンの好走パターンは、以前までは、前目につけてそのまま押し切る競馬が好走パターンだった。

しかし2021年の「新潟記念」では控える競馬で上り最速33.4秒の脚を披露。

終いのキレでも戦えるところを示した。

ただ、好走できる流れはいずれもスロー。

目安としては前半1000mで60秒を切ってくるような流れでは厳しそう。

また緩い流れでも、道悪や荒れた馬場など、上りのかかる条件でも走りにくそう。

基本的に、タフな環境に弱いのか?

マイネルファンロンのコース適正

マイネルファンロンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-2-0-3)
  • 福島(0-0-0-3)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(1-1-1-7)
  • 中山(2-1-2-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

美浦の手塚厩舎所属なので、関東圏での出走が多い。

ただ、関西圏や中京への出走が極端に少ないことから、「輸送競馬」に難があるのか? と勘繰りたくもなる(北海道は滞在競馬)。

マイネルファンロンの持ち時計(ベストタイム)

マイネルファンロンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.0 12着(1.2差・東京)
  • 芝2000m:1.58.4 1着(-0.1差・新潟)
  • 芝2200m:2.12.3 1着(-0.2差・中山)

速い時計、速い馬場には向かない。

マイネルファンロンの道悪適正

マイネルファンロンの道悪競馬の実績は、稍重馬場も含めると;

  • 稍重(1-0-0-5)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

重馬場での勝利は未勝利戦。

基本的に、道悪や荒れた馬場などパワーを要する馬場は走り難そう。


マイネルファンロンの鉄砲実績(休み明け)

マイネルファンロンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-5)
  • 3戦目(2-0-0-3)
  • 4戦目(0-0-1-3)
  • 5戦目~(1-0-0-4)

マイネルファンロンの枠順適正

マイネルファンロンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-5)
  • 5~9番(2-1-2-8)
  • 10~14番(0-2-1-5)
  • 15~18番(2-0-0-1)

マイネルファンロンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-4)
  • 3~5月(春):(1-0-1-4)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-6)
  • 9~11月(秋):(3-1-1-6)

マイネルファンロンの斤量別着度数

  • 54キロ(2-2-1-0)
  • 55キロ(2-0-1-8)
  • 56キロ(0-1-1-7)
  • 57キロ(1-1-0-4)

マイネルファンロンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~484キロ

マイネルファロンの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系/香港ヴァーズ、春天2着、秋天2着、宝塚記念2着)。

母の父はロージズインメイ(ヘイロー系)。

ロージズインメイは米国、ドバイで走り、ダートG1を2勝。主要距離はダートの中距離。

マイネルファンロンの近走

21/9/5 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良

着順:1着(1.58.4・-0.1差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

スタート少し出遅れて、道中は後方から。

4角も後方15番手から直線に向き、直線はすぐに大外へ進路を取ってから、上り最速の脚で突き抜けた。

いつも前から行く馬がまさかの後方待機。

若いころはそこそこの末脚を出してはいたが、近走では封印。

今回は馬場も馬場だっただけに、今後この決め手が決まるかどうかは微妙だが、ここに来て新たな一面を引き出せたのは収穫だろう。

2021年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

21/10/10 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:12着(1.46.0・1.2差)

騎手:横山武史(56キロ)

スタート少し出遅れて、道中は後方10番手の外。

4角も10番手の大外を回して直線に向くが、直線ではまったく見せ場なく終わる。

前半1000mの通過が58.5秒。

おそらくこの馬の流れではなかったのだろう。

2021年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

次走、福島記念(G3)に向けて

次走は11月14日(日)、福島競馬場 芝2000mで行われる「福島記念(G3・ハンデ)」。

このレースは2年続けて大敗している。

道中の流れが緩くなりにくい傾向にあるので、この馬のペースに合わないのだろう。

 

⇒その他、2021・福島記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)