2021年7月4日【巴賞】終了時点までのデータをもとに、マイネルファンロンの好走パターンを分析。

マイネルファンロンの距離適性

マイネルファンロンはこれまでに、芝1800m~芝2200mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-2-1-6)
  • 芝2000m(3-2-2-11)
  • 芝2200m(1-0-0-0)

ベストは2000m。前後200mは守備範囲。

マイネルファンロンの脚質

マイネルファンロンの好走パターンは、前目につけてそのまま押し切る競馬。

切れる脚はないので、中団あたりにポジションを下げたり、「スローのヨーイドン」では勝負にならない。

また、1800~2000mのタフな流れでは太刀打ちできない。

1800~2000mではあくまでスローか、スロー寄りのミドル。

マイネルファンロンのコース適正

マイネルファンロンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-1)
  • 函館(0-2-0-2)
  • 福島(0-0-0-3)
  • 東京(1-1-1-6)
  • 中山(2-1-2-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

美浦の手塚厩舎所属なので、関東圏での出走が多い。

ただ、関西圏や中京への出走が極端に少ないことから、「輸送競馬」に難があるのか? と勘繰りたくもなる(北海道は滞在競馬)。

タイプとしては小回り向き。

マイネルファンロンの持ち時計(ベストタイム)

マイネルファンロンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.7 10着(2.3差・東京)
  • 芝2000m:1.58.9 5着(0.6差・東京)
  • 芝2200m:2.12.3 1着(-0.2差・中山)

速い馬場では出番はない。


マイネルファンロンの道悪適正

マイネルファンロンの道悪競馬の実績は、稍重馬場も含めると;

  • 稍重(1-0-0-5)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

重馬場での勝利は未勝利戦。

重馬場までは苦にしないようだが、不良まで渋るとどうか。

マイネルファンロンの鉄砲実績(休み明け)

マイネルファンロンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-1-4)
  • 3戦目(1-0-0-3)
  • 4戦目(0-0-1-2)
  • 5戦目~(1-0-0-4)

マイネルファンロンの枠順適正

マイネルファンロンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-4)
  • 5~9番(2-1-2-8)
  • 10~14番(0-2-1-4)
  • 15~18番(1-0-0-1)

マイネルファンロンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-4)
  • 3~5月(春):(1-0-1-4)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-5)
  • 9~11月(秋):(2-1-1-5)

マイネルファンロンの斤量別着度数

  • 54キロ(2-2-1-0)
  • 55キロ(1-0-1-7)
  • 56キロ(0-1-1-6)
  • 57キロ(1-1-0-4)

マイネルファンロンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~484キロ

マイネルファロンの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系/香港ヴァーズ、春天2着、秋天2着、宝塚記念2着)。

母の父はロージズインメイ(ヘイロー系)。

ロージズインメイは米国、ドバイで走り、ダートG1を2勝。主要距離はダートの中距離。

次走、函館記念(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月18日(日)、函館競馬場、芝2000mで行われる「函館記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

前走は明らかなスローの前残りだが、このレースにも好走歴はある。

先行力だけはそこそこあるので、前にいれば何が起こるか分からない。

 

その他、2021・函館記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)