2020年7月19日【函館記念】終了時点までのデータをもとに、レイエンダの好走パターンを分析。

レイエンダの距離適性

レイエンダはこれまでに、芝1600m~2200mまでの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-1-3)
  • 芝1800m(2-0-0-2)
  • 芝2000m(2-0-0-3)
  • 芝2200m(0-1-0-0)

ペースが緩ければ、2000m、2200mでも持つが、締まったペースに対応できるのは1600m。

レイエンダの脚質

レイエンダはスタートがそれほど速い馬ではないので、基本的には後方、もしくは中団からの追い込み。

エンジンのかかりが遅いようなので、最後の直線を一杯に使って加速できる、直線の長いコースが戦いやすい。

ただ、後ろからなので、上りが速いと届かない。

レイエンダのコース適正

レイエンダの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(2-1-0-4)
  • 中山(0-1-1-0)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

終いを行かせる直線の長い競馬場は戦いやすい

あと、レイエンダはパワーもあるので、洋芝の札幌、函館も悪くない。

レイエンダの持ち時計(ベストタイム)

レイエンダの各距離のベストタイムは次の通り;

  • 芝1600m:1.32.5 8着(0.6差・東京)
  • 芝1800m:1.46.6 9着(0.8差・東京)
  • 芝2000m:1.58.4 10着(0.9差・新潟)
  • 芝2200m:2.12.3 2着(0.2差・中山)

データ的にはベストタイムの着順が2200mを除いてどれも悪い。

高速決着には向いていない感じ。

レイエンダの重馬場適正

レイエンダの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重まで。

それ以上になると末脚の威力が削がる。

レイエンダの鉄砲実績(休み明け)

レイエンダの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-5)

2勝を挙げているのは3歳の500万クラスと1000万クラス。

それ以降、オープンクラスでの休み明けは5連敗。

叩き2走目になると;

  • 2戦目(1-2-1-1)

なので、ひと叩きした方が良いタイプなのかも。

レイエンダの枠順適正

レイエンダの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-1)
  • 5~9番(2-1-1-3)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(0-1-0-4)

レイエンダの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-1-1)
  • 6~8月(夏):(3-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-2-0-2)

レイエンダの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(2-1-0-2)
  • 57キロ(0-1-1-5)

レイエンダの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~494キロ

レイエンダの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)、母は中央で4勝のラドラーダ。その父はシンボリクリスエス(ロベルト系)。

レイエンダの近走

19/2/3 東京新聞杯(G3)東京芝1600m

着順:8着(0.6差)騎手:北村宏司(56キロ)

初めての千六で序盤置かれてしまったが、後半は上り最速32.8秒の脚で詰め寄った。

少し忙しそうだが、慣れてくれば問題ないのでは?

19/5/18 メイS(OP)東京芝1800m

着順:9着(0.8差)騎手:アヴドゥラ(56キロ)

大外15番ゲートからのスタート、直線での不利など、スムーズな競馬が出来なかったようだが、レースの上りが33.7秒なら、後ろからでは届かない。

19/6/9 エプソムC(G3)東京芝1800m

着順:1着(0.1差)騎手:ルメール(56キロ)

稍重馬場。

超スローペースの番手を追走し、終いは32.7秒の脚を出して完勝。

展開に大きく恵まれた1勝。

19/9/1 新潟記念(G3)新潟芝2000m

着順:10着(0.9差)騎手:ルメール(57キロ)

好位の6番手で競馬を進めるが、直線では自慢の末脚を見せることなく敗退。

道中、揉まれ弱い性格が出たとのことだが、2000mのペースとしては、この馬にとっては速かったのだろう。

19/10/19 富士S(G3)東京芝1600m 稍重

着順:2着(0.1差)騎手:スミヨン(57キロ)

9番ゲートから出て後方から。

しかし、展開としては稍重にしては流れたペースで、1~5着の5頭中4頭が後方から追い込んで来た馬。

展開が向いた点は否めないが、上りは最速33.0秒。

強烈な末脚は健在。

19/11/17 マイルCS(G1)17頭立て

京都 芝1600m(外) 良

着順:15着(1.34.3 1.3差)

騎手:ルメール(57キロ)

大外枠の17番で後方からの競馬。

ペースがかなり落ち着いて、後ろからでは厳しい展開。

20/2/9 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良 16頭

着順:8着(1.33.5・0.5差)

騎手:丸山元気(57キロ)

道中は先団3番手。

モルフェオルフェが大逃げを打ったことで流れに乗る。

直線は残り300mあたりで先頭に立つが、あと100mというところで失速。

持ち味を生かす良い競馬だったが、休み明けの+12キロが響いたか?

20/4/4 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:3着(1.33.1・0.3差)

騎手:丸山元気(57キロ)

道中は中団の位置取り。

前が少しやり合って、上りのかかる展開になった分、直線は馬場の内目から脚を伸ばして3着を死守。

開幕週の中山、基本的に前残りだが、前がやり合った分、2列目の馬が残り、その次がレイエンダなどの追い込み馬、という展開。

⇒ ダービー卿チャレンジT(G3)のラップ分析&回顧

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良 18頭

着順:10着(1.49.4・1.7差)

騎手:ルメール(57キロ)

道中はいつものように後方からだが、直線ではまったく伸びを欠く。

休み明けは良くない上にこの不良馬場では嫌気がさしたか?

⇒ 2020年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

20/7/19 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 良

着順:11着(2.00.9・1.2差/2番人気)

騎手:ルメール(57キロ)

1枠1番から先団につけたが、道中のペースが速すぎた。

2000mの距離は緩い流れじゃないと持たない。

2020年 函館記念(G3)のラップ分析&回顧

レイエンダの次走

次走は10月24日、東京競馬場 芝1600mで行われる「富士ステークス(G2)」。

約3か月ぶりの休み明け。

叩いた方が良いタイプだが、自慢の末脚を生かしやすい東京コース。

展開が向けば。

 

その他、富士Sの出走馬を分析