2022年4月23日【福島牝馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、クリノプレミアムの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

クリノプレミアムの距離適性

クリノプレミアムはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-1-1)
  • 芝1600m(2-3-0-6)
  • 芝1800m(2-1-0-0)

マイルが一番良いということでもないかもしれない。

上りのかかる展開なら、これくらいの距離ならどこでも走る。

クリノプレミアムの脚質

逃げ、先行脚質、ときどき差し。

そこそこの先行力はある馬なので、前目にポジションを取ってからの粘り込みに妙味がある。

差しに回った場合は、終いのキレはあまり期待できないので、上りの時計はそこそこかかった方がいい。

前からでも後ろからでも、レースの上りは最低でも35秒は欲しい。

クリノプレミアムのコース適正

クリノプレミアムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-1-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-4-1-2)
  • 中山(2-0-0-3)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

唯一の関西遠征「京都牝馬S」は、2.5差の16着。

クリノプレミアムの持ち時計(ベストタイム)

クリノプレミアムの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.8 3着(東京)
  • 芝1600m:1.33.2 5着(中京)
  • 芝1800m:1.46.8 1着(中山)

高速決着には向かないだろう。

クリノプレミアムの重馬場適正

クリノプレミアムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(0-1-0-0)

ダートの1勝クラス(良馬場)でも勝ち鞍があるので、パワーの要る道悪はそれなりにこなすだろう。


クリノプレミアムの鉄砲実績(休み明け)

クリノプレミアムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

※ダート含む

  • 10週以上(1-2-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-4)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(3-1-1-0)

クリノプレミアムのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-2-1-2)
  • 中3~5週(1-1-0-3)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

クリノプレミアムの枠順適正

クリノプレミアムの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-3)
  • 5~9番(1-4-1-3)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(1-0-0-1)

クリノプレミアムの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-1-1)
  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(1-5-0-5)
  • 55キロ(2-0-0-0)

クリノプレミアムの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-4)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(2-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(0-3-0-2)

クリノプレミアムの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~486キロ

クリノプレミアムの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、凱旋門賞2着、ジャパンカップ2着)。

母の父はジャイアンツコーズウェイ(ND系ストームキャット)。

ジャイアンツコーズウェイは欧州で走り、G1を6勝。主戦場は芝1600m~2000m。

クリノプレミアムの近走

21/12/18 ターコイズS(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 稍重

着順:12着(1.33.9・1.1差)

騎手:菅原明良(53キロ)

大外16番枠から果敢に先団に取りついて行った。

外枠からなので、道中は外々を回る距離ロス。

おまけに道中のペースはそこそこ流れた。

4角3番手の外で直線に向くが、直線半ばでも前をカットされる不利。

これだけ悪条件が重なれば1.1差の12着も仕方のないところ。

2021年 ターコイズS(G3)のラップ分析&回顧

22/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

着順:5着(1.33.2・0.3差)

騎手:江田照男(52キロ)

道中は中団7番手を追走。

4角も7番手で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い上げに入り、それなりの脚で伸びてはくるが、突き抜けるほどではない。

52キロの軽ハンデなりに伸びてきたような感じ。

もう少し前目のポジションならまた違ったかも。

2022年 京都金杯(G3)のラップ分析&回顧

22/2/19 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:16着(1.22.2・2.5差)

騎手:江田照男(54キロ)

道中は後方14番手の内。

4角も14番手の内で直線に向くが、直線ではまったくいいところなし。

鞍上は4角でトモにアクシデントが発生したようなコメントを残している。

2022年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/3/12 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 良

着順:1着(1.46.8・-0.1差)

騎手:松岡正海(53キロ)

大外16番から道中は中団のやや後ろ、10番手の外目を追走。

4角は9番手の大外を回して直線。

直線は馬群の大外から脚を伸ばし、終い34.3秒の脚で差し切り勝ち。

軽ハンデの直線の位置取りがもたらした勝利。

2022年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/4/23 福島牝馬S(G3)

福島 芝1800m 良

着順:2着(1.47.0・クビ差)

騎手:松岡正海(54キロ)

道中は中団の前、5番手の内。

3~4角では外を回して順位を押し上げ、4角では3番手の外で直線。

直線入口では早々に先頭に立ち、そのまま押し切りを計るが、ゴール前、アナザーリリックの強襲にクビ差交わされての2着。

タフな流れを前々で立ち回り、最後は勝ちに行ってのクビ差負け。

強い競馬はしている。

前走がフロックでないことを完全に証明した格好。

道中は内から外への鞍上のコース取りの妙も光った。

2022年 福島牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

次走、ヴィクトリアマイル(G1)に向けて

次走は5月15日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「ヴィクトリアマイル(G1)」。

近走では力をつけてきているようだが、ここはレースの質が合わない。

 

⇒その他、ヴィクトリアマイル(G1)の出走馬を分析