キミワクイーンのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

キミワクイーンの近走

21/10/24 2歳1勝クラス

東京 芝1400m 良

着順:1着(1.21.9・クビ差)

騎手:内田博幸(54キロ)

道中は先団3番手を追走。

4角は2番手で直線に向くと、直線は逃げ粘るオタルエバーを残り200mで半馬身差まで追い詰めるが相手もしぶとい。

しかしゴール前、クビ差交わしてゴール。

最後はよく交わしたが、道中のラップ、走破時計は平均的。

21/12/12 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:10着(1.34.8・1.0差)

騎手:内田博幸(54キロ)

道中は4~5番手の最内。

4角は6番手の最内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い出しに入り、坂下までは先頭争いに食らいついてはいたが、坂の上りで失速気味。

当日の馬場は内は伸びない馬場だったが、最後の失速は、馬場と言うより距離のような感じ。

2021年 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)のラップ分析&回顧


キミワクイーンの脚質

前目のポジションから押し切る競馬が良さそう。

距離は1400mまでのような感じ。

東京コースでしか好走歴はないが、「阪神JF(G1)」でも残り200mまではよく食らいついていたので、右回りは問題なさそう。


キミワクイーンの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はダイワメジャー(サンデー系/皐月賞、秋天、マイルCS連覇、安田記念)。

次走、フィリーズレビュー(G2)に向けて

次走は3月13日(日)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「フィリーズレビュー(G2)」。

1400mまでなら勝負になりそうな馬。

 

⇒その他、フィリーズレビュー(G2)の注目馬を分析