2020年7月12日【七夕賞】終了時点までのデータをもとに、ジナンボーの好走パターンを分析。

ジナンボーの距離適性

ジナンボーはこれまでに、芝1800m~芝2400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-0-1-0)
  • 芝2000m(2-1-0-3)
  • 芝2400m(0-0-0-2)

現状では2000m前後は問題なさそう。

それ以上の距離は、まだ出走機会が少なすぎて判断が難しい。

ただ、2400mは長い。

ジナンボーの脚質

ジナンボーの好走時の脚質は「先行策」。

逃げたレースも、作戦ではなく流れから。

控える競馬では「府中S(1600万下)」で6着に沈んでいる。

現状では、終いを生かす競馬より、先手を取って押し切る競馬で持ち味を発揮できている。

ジナンボーのコース適正

ジナンボーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-1-0-0)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(3-0-0-3)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-1-0)

小倉でのレースは滞在競馬で輸送はない。

関西圏への長距離輸送は2020年「大阪杯」の1鞍のみ。

このときは体重は16キロ減らしたが0.5差の6着。

ジナンボーの持ち時計(ベストタイム)

ジナンボーの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.47.2 1着(-0.1差・中山)
  • 芝2000m:1.57.5 2着(クビ差・新潟)
  • 芝2400m:2.25.8 6着(0.8差・東京)

中山芝1800mでの時計は、1000万クラスとしては間違いなく評価できる時計。

芝2000mもまずまず。

ジナンボーの重馬場適正

不良馬場の「ジューンS(1600万下)」を1馬身半差をつけて快勝している。

母・アパパネも道悪は得意だった。

道悪競馬は問題ないと見る。

ジナンボーの鉄砲実績(休み明け)

ジナンボーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-2)

逆に叩き2走目が;

  • 2戦目(0-0-0-3)

状態はフレッシュな方が良い。

ジナンボーの枠順適正

ジナンボーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(1-0-0-1)

先行脚質だけに、枠順は内側の方が良い。

ジナンボーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-2)

ジナンボーの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(1-1-0-0)
  • 54.5~56キロ(2-0-1-2)
  • 57キロ~(1-0-0-3)

ジナンボーの連対体重

  • 456~478キロ

ジナンボーの血統背景

父は牡馬3冠のディープインパクト、母は牝馬3冠のアパパネ。その父はキングカメハメハ。

名前の由来はそんなアパパネの「次男坊」から。

5代血統内にクロスはない。

ジナンボーの近走

19/2/23 富里特別(1000万下)中山芝1800m

着順:1着(0.1差)騎手:M・デムーロ(55キロ)

外枠15番から無理なく3番手につける。

直線は残り200mから抜け出して、最後は手綱を抑えて余裕のゴール。

時計も速く完勝。

19/4/20 府中S(1600万下)東京芝2000m

着順:6着(0.6差)騎手:M・デムーロ(57キロ)

今までの先行策とは打って変わり、控える競馬で最後方から。

残り800mくらいからの早めの仕掛けになって、ラスト1Fが甘くなった。

仕掛けが早すぎた?

直線に入ってから仕掛けても間に合ったような気もするが、結果論。

内容としては力負けではない。

19/6/15 ジューンS(1600万下)東京芝2000m 不良

着順:1着(0.2差)騎手:レーン(57キロ)

不良馬場を逃げ切って完勝。

逃げたのは作戦ではなく流れからとのコメント。

道悪が強いことは分かった。

19/9/1 新潟記念(G3)

新潟 芝2000m

着順:2着(クビ差)騎手:デムーロ(54キロ)

好位の4~5番手で追走。

直線は馬場の外を伸びてきて、内を突いたユーキャンスマイルとの追い比べでわずかに届かず。

ユーキャンスマイルとはハンデ差3キロ。

昇級初戦で即重賞ではあったが、超良血馬ジナンボーとしては、ハンデ差のあるここでは勝って欲しかった。

19/11/24 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2400m 重 15頭立て

着順:13着(2.29.1・3.2差)

騎手:ムーア(57キロ)

距離が長い。

大外枠からで先手も取れず、馬が嫌気を差したようなレース。

参考外。

20/2/23 小倉大賞典(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良 14頭

着順:3着(1.48.6・0.3差)

騎手:シュタルケ(55キロ)

8枠13番の外枠から果敢に先団3番手に取り付く。

3角あたりからの早仕掛けで4角先頭、そのまま押し切るかに見えたが、ゴール前外からの追い込み勢2頭に交わされて3着。

しかし、唯一前に行った馬で掲示板。

3~4角は馬場の悪い内目を通り、直線は馬場の中ほどを走ってラストで伸びを欠いた。

しかしやはり力はある。

今走は馬場が向かなかっただけと見たい。

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)良 12頭

着順:6着(1.58.9・0.5差)

騎手:藤岡祐介(57キロ)

道中は逃げるダノンキングリーの2番手。

直線では残り200mあたりで一杯になった感じ。

逃げたダノンキングリーは3着に粘っているが、これを力の差とみるか? 当日の馬体重-16キロの影響と見るか?

初めての関西圏への長距離輸送だっただけに、後者の影響も少なからずあったとは思うが。

20/7/12 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 重

着順:9着(2.03.4・0.9差)

騎手:レーン(56キロ)

出遅れて後方から。

3~4角では外を回って直線に向いたが、荒れた馬場を嫌って各馬外目を走る中、そのまた大外を回ったジナンボーの距離ロスはかなりのもの。

結局は出遅れがすべて。

2020年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

ジナンボーの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは引き続き56キロ。

昨年は2着に入ったレース。

ハンデこそ2キロ増えてはいるが、適距離、適コース。

先手さえ取れれば。

 

その他、新潟記念の出走馬を分析