2021年3月27日【日経賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ジャコマルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ジャコマルの距離適性

ジャコマルはこれまでに芝1500m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1500m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(0-0-0-5)
  • 芝1800m(1-1-1-5)
  • 芝2000m(2-5-2-7)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝2500m(1-0-0-1)
  • 芝3400m(0-0-0-1)

ベストは2000m。

2200mはギリギリで、スローなら持つが締まると厳しい。

中山芝2500mは勝ってはいるが超スロー。このコースは中距離が走れれば距離は持つ。

ジャコマルの脚質

切れる脚自体がないので、逃げ、先行など、前目で押し切る競馬が良い。

SP持続型。

2000mなら、ペースがそこそこ締まっても良い勝負はする。

ジャコマルのコース適正

ジャコマルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-3-0-2)
  • 函館(0-0-1-0)
  • 福島(1-1-2-3)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(2-0-0-3)
  • 中京(0-0-0-6)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(1-2-0-3)

切れる脚はないので、瞬発力を要求されやすい直線の長い競馬場は不向き。

内回り、小回り型。

左回りはダートも含めてまったく結果が出ていない(0-0-0-8)。

ジャコマルの持ち時計(ベストタイム)

ジャコマルの芝2000mでの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.58.6 7着(小倉)

速い時計は不向きだろう。


ジャコマルの重馬場適正

ジャコマルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-1-1-2)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪、荒れ馬場は気にしない。

ジャコマルの鉄砲実績(休み明け)

ジャコマルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-2-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-4)
  • 3戦目(0-1-0-3)
  • 4戦目(0-1-0-3)
  • 5戦目~(2-3-1-3)

使われつつ良くなって行く。

ジャコマルの枠順適正

ジャコマルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-2-8)
  • 5~9番(3-1-1-4)
  • 10~14番(1-4-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-2)

前目につけたい馬ので、あまり外寄りは良くないだろう。

ジャコマルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-8)
  • 3~5月(春):(2-0-0-5)
  • 6~8月(夏):(1-2-1-5)
  • 9~11月(秋):(0-2-2-3)

ジャコマルの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(2-0-0-5)
  • 55キロ(0-2-1-2)
  • 56キロ(0-1-0-5)
  • 57キロ(2-3-2-4)

ジャコマルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~466キロ

好走体重はそこそこ正確。超過した時は注意。

ジャコマルの血統背景

父は2010年の「NHKマイルC」の勝ち馬、ダノンシャンティ(サンデー系フジキセキ)。

母の父はトニービン(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

トニービンは欧州などで走り、「凱旋門賞」など芝のG1を6勝。主要距離は芝の2000~2400m。種牡馬としては日本で多くのG1馬を輩出している。

ジャコマルの次走

次走は5月2日(日)、阪神競馬場 芝3200m(外⇒内)で行われる「天皇賞(春)(G1)」。

ここは厳しい。

 

その他、天皇賞(春)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)