2021年12月11日【中日新聞杯】終了時点までのデータをもとに、アイスバブルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

アイスバブルの適正距離

アイスバブルはこれまでに、芝1800m~2600mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-0)
  • 芝2000m(1-3-1-6)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-3)
  • 芝2500m(0-2-0-5)
  • 芝2600m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)
  • 芝3400m(0-0-0-1)

適距離は2400m前後。

2000m以下はやや忙しい印象だが、上りがかかれば食い込んでくる。


アイスバブルの好走パターン

脚質

アイスバブルの好走時の脚質は、中団からの「差し」が決め手となっていることが多いが、先行しても、または後方から追い込んでも競馬はできる。

ただ、鋭い切れ味がある馬ではないので、位置取りがあまり後ろになることは避けたいところ。

ペース

基本的にはスローの上り勝負は苦手。

道中比較的ペースが流れて、できれば上り時計もかかって欲しい。

よほどのスローの前残り以外は、上り時計はせめて35秒台後半は欲しい。

時計

アイスバブルの各距離のベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.46.0 1着
  • 芝2000m:1.59.2 2着
  • 芝2200m:2.14.5 1着
  • 芝2400m:2.25.1 7着
  • 芝2500m:2.28.4 2着
  • 芝2600m:2.44.6 5着
  • 芝3000m:3.09.6 6着
  • 芝3400m:3.32.5 6着

距離が延びれば、速い時計にもそこそこ対応可。

コース(競馬場)適正

アイスバブルの競馬場ごとの成績は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-2)
  • 函館(0-1-0-0)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-2-0-8)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(1-1-0-2)
  • 京都(1-1-0-2)
  • 阪神(0-0-1-0)
  • 小倉(1-1-0-1)

直線急坂コース(東京は除く)での馬券圏内は「未勝利戦」まで。

それ以降は負けが続いている、というか、ほとんど使われていない。

中山、中京、阪神でのレースにはやや不安がある。

重馬場適正

アイスバブルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

データが少ない。

枠順適正

アイスバブルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-3-0-7)
  • 5~9番(2-3-0-7)
  • 10~14番(1-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-1-1)

内目の枠の方が着順は良い。

休み明け

アイスバブルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-4)
  • 3戦目(0-3-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-3)

特に特徴的なものはない。

ローテーション

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-1-2)
  • 中3~5週(2-0-0-8)
  • 中6~8週(0-2-0-2)

詰めて使っても問題ない。

季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-1-4)
  • 3~5月(春):(0-2-0-6)
  • 6~8月(夏):(1-2-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-6)

斤量別着度数

  • 54キロ(1-2-0-0)
  • 55キロ(2-4-1-11)
  • 56キロ(1-0-0-4)
  • 57キロ(0-0-0-2)
  • 58キロ(0-0-0-1)

56キロの勝ち鞍は「未勝利戦」。

斤量には少し敏感かも。

連対体重

  • 434~458キロ

血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー)。


アイスバブルの近走

21/2/20 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良

着順:6着(3.32.5・1.3差)

騎手:石川裕紀人(55キロ)

大外16番から道中は中団の前、6番手。

4角も中団の前6番手から直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げを計るが、前との差は詰まらず。

別にバテているわけではないと思うので、上りさえもう少しかかってくれれば、もう少しやれそう。

2021年 ダイヤモンドS(G3)のラップ分析&回顧

21/5/8 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良

着順:7着(2.25.1・0.6差)

騎手:石川裕紀人(58キロ)

道中は先団の後ろ、5番手を追走。

4角も5番手で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い込みをかけるが、ちょっと脚色が鈍かった。

最後は切れ味勝負になった上に、58キロの斤量も重かったのだろう。

21/5/30 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:8着(2.33.9・1.1差)

騎手:石川裕紀人(55キロ)

道中は後方に構えるが、道中のペースは超スロー。

4角も後方13番手で直線に向くが、キレ味勝負では完全に後手。

レース自体も前残りの展開。

2021年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

21/7/18 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 良

着順:2着(1.59.2・0.5差)

騎手:水口優也(55キロ)

道中は後方で脚を溜めて、残り600mでスパート開始。

直線は馬群の間を割って抜け出し2着を確保。

2着以降で換算すると、レースの上りは36.5秒。

やはりこの馬、上りのかかる展開では強いと言えるが、勝ち馬に3馬身開けられていることを考えれば、内容のある2着とは言い難い。

2021年 函館記念(G3)のラップ分析&回顧

21/8/22 札幌記念(G2)

札幌 芝2000m 良

着順:7着(2.00.3・0.8差)

騎手:水口優也(57キロ)

道中は後方10番手。

4角も10番手の内で直線に向くが、道中のペースも比較的落ち着いており、レースの上り35.4秒では、この馬にとって、後方からでは絶望的。

2021年 札幌記念(G2)のラップ分析&回顧

21/9/5 丹頂S(ハンデ)

札幌 芝2600m 良

着順:5着(2.44.6・0.3差)

騎手:水口優也(55キロ)

道中は中位の後ろ7番手あたり。

3角を過ぎてスパートを開始、4角は5番手で直線。

直線は馬群の内目を追い込んでくるが、0.3差の5着まで。

道中はかなり緩いスローの流れ。

こういう流れだと、最後はどうしても切れ負けしてしまう。

21/11/7 アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:10着(2.33.3・0.9差)

騎手:三浦皇成(55キロ)

道中は中団9番手。

4角も9番手で直線に向くが、直線ではバテず伸びずの10着まで。

レースの上りが34.1秒では、この馬に出番はない。

2021年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

21/12/11 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:14着(2.00.6・0.8差)

騎手:水口優也(55キロ)

1枠1番から積極策。

道中は3番手追走で、4角も3番手で直線に向くが、直線は坂を上ったあたり、残り200mで失速。

先行有利の展開だったが、やはりこの馬は、レースの上り時計が36秒前後にならないと絡んではこれない。

2021年 中日新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

 

※(このあと、ダート競争「アルデバランS(ダ1900m)」に出走して、3.1差の殿負け)

 

次走、小倉大賞典(G3)に向けて

次走は2月20日(日)、小倉競馬場 芝1800mで行われる「小倉大賞典(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ、軽くなった。

しかし、ハンデ云々よりもこの馬の場合は展開頼み。

上りのかかる展開になれば上位食い込みもある。

 

⇒その他、小倉大賞典(G3)の出走馬を分析