2020年9月6日【新潟記念】終了時点までのデータをもとに、アイスバブルの好走パターンを分析。

アイスバブルの適正距離

アイスバブルはこれまでに、芝1800m~2500mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-0)
  • 芝2000m(1-2-1-4)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-1)
  • 芝2500m(0-2-0-2)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

適距離は2400m前後。

2000m以下はやや忙しい印象だが、上りがかかれば食い込んでくる。

アイスバブルの好走パターン

脚質

アイスバブルの好走時の脚質は、中団からの差し切りが決め手となっていることが多いが、先行しても、または後方から追い込んでも競馬はできる。

ただ、「一瞬の切れ味」で勝負する馬ではないので、位置取りがあまり後ろになることは避けたいところ。

ペース

基本的にはスローの上り勝負は苦手。

道中比較的ペースが流れて、できれば上りも少しかかるくらいが丁度良い。

時計

アイスバブルの各距離のベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.46.0 1着
  • 芝2000m:1.59.2 7着
  • 芝2200m:2.14.5 1着
  • 芝2400m:2.25.4 1着
  • 芝2500m:2.28.4 2着
  • 芝3000m:3.09.6 6着

ベストタイムを出しながら、着順を大きく下げているのは芝2000mと芝3000mだけ。

特に芝2500mは、レコードタイムに0.2差。

距離が延びれば、高速馬場への対応もOK。

コース(競馬場)適正

アイスバブルの競馬場ごとの成績は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-2-0-3)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(1-1-0-1)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(0-0-1-0)
  • 小倉(1-1-0-1)

直線急坂コース(東京は除く)での馬券圏内は「未勝利戦」まで。

それ以降は負けが続いている。

中山、中京、阪神でのレースにはやや不安がある。

重馬場適正

アイスバブルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

データが少ない。

枠順適正

アイスバブルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-5)
  • 5~9番(2-3-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-1-0)

内外あまり気にしない。

休み明け

アイスバブルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-2-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

特に特徴的なものはない。

季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-1-2)
  • 3~5月(春):(0-2-0-4)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-2)

斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(1-2-0-0)
  • 54.5~56キロ(3-3-1-8)
  • 57キロ~(0-0-0-1)

連対体重

  • 434~458キロ

血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

アイスバブルの近走

18/11/10 1000万条件戦 京都芝2200m 1着(0.1差)

走破時計は2.14.5。時計的には平凡。

19/1/27 早春S(1600万下)東京芝2400m 1着(0.1差)

2400mの距離で1600万条件を卒業。

先団につけて、1番人気の2着馬の猛追をしのぎ切る強い勝ち方だけに、このくらいの距離の適性は強く感じる。

19/5/26 目黒記念(G2)東京芝2500m 2着(0.2差)

重賞初挑戦でレコード決着の0.2差の2着はすごい。

ただ、私が調べた範囲では、過去に目黒記念を1600万条件から直行して好走した馬は、その後芝では良績を残せていない。

アイスバブルもまさに次が正念場。

19/8/4 小倉記念(G3)小倉芝2000m 7着(0.4差)

適当な番組がなかったのか? いきなりの距離短縮。

この馬なりの正攻法の競馬は出来ていたので、やはりこの馬にとっては2000mの距離自体が少し忙しいように感じた。

19/11/3 アルゼンチン共和国杯(G2)ハンデ戦

東京 芝2500m 良

着順:11着(1.0差)騎手:浜中俊(55キロ)

スタートであおって出遅れ、最後方から。

切れる脚はないので、この位置取りからでは勝負にならない。

出遅れがすべて。

19/12/07 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良 16頭

着順:9着(1.59.9・0.7差)

騎手:スミヨン(55キロ)

位置取りは先団。

ペースが緩く、上りの競馬になってはこの馬に出番はない。

20/1/6 万葉S(ハンデ)

京都 芝3000m 良 16頭

着順:6着(3.09.6・0.9差)

騎手:フォーリー(55キロ)

ここでも先団につけて積極的な競馬。

4角4番手で、直線も失速はしていないが伸びてもいない。

この距離が向いているのか否かはまだ不明。

20/3/28 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良 14頭

着順:5着(2.33.5・0.6差)

騎手:津村明秀(56キロ)

ペース的には後半がそこそこ締まってこの馬向き。

道中は後方で脚をためて、3角過ぎから進出を開始。

4角8番手で直線に向き、直線もメンバー3位の35.7秒の脚で5着。

まずまずの競馬は出来たのではないか。

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:6着(2.26.3・0.5差)

騎手:藤井勘一郎(57キロ)

道中は中団の後ろ、ペースは超スロー。

4角は大外を回して追い込んでくるが、レースの上りが33.6秒では、この馬に出番は回ってこない。

20/5/31 目黒記念(H2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:2着(2.29.7・0.1差)

騎手:レーン(55キロ)

道中は中団。

中盤からそこそこ締まったペースになったので、この馬としては力が出せた。

最後は勝ったキングオブコージにキレ負けしたが、斤量差1キロを考えると好走の部類。

20/9/6 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m 良

着順:16着(2.01.4・1.5差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

超スローのヨーイドン、的なレースとなった。

こういう展開ではこの馬には出番はない。

アイスバブルの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

コース、距離ともに条件としては悪くはない。

超スローにならない限り、そこそこ走ってくる可能性はある。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析