オヌールのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

オヌールのここまでの走り

20/11/8 2歳新馬

阪神 芝1800m(外) 良

着順:1着(1.48.7・クビ差)

騎手:武豊(54キロ)

道中は先団3番手。

4角も3番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げ開始。

坂下でムチが入ると反応を示し、追いすがるコーディアルをクビ差抑えてゴール。

ゴール前迫られたが、まずまずの走り。

21/3/7 アルメリア賞(3歳1勝C)

阪神 芝1800m(外) 良

着順:1着(1.49.8・-0.1差)

騎手:武豊(54キロ)

道中は3番手の外。

4角も3番手の外で直線。

直線は馬群の外目から、ギャラントウォリア、ジャスティンカフェとの競り合いを制してゴール。

超スローの上りだけの競馬だが、自身の上りは32.5秒。

末脚は良いモノを持ってそう。

【期待される能力】

  • 瞬発力

オヌールの脚質

スタートは良いので、すんなりと良いポジションが取れる。

終いも確実で、好位抜け出しが板に付けば着順は安定しそうだが、この先、ペースが上がってどうか。


オヌールの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母はアヴニールセルタン。

アヴニールセルタンは欧州で走り、3歳時、デビューから6連勝で芝のG1を2勝。距離は芝1600mと芝2100m。

母の父はルアーヴル(ナスルーラ系レッドゴッド)。

ルアーヴルは欧州で走り、芝のG1「フランスダービー(芝2100m)」を勝利。

全姉にデゼル(阪神牝馬S)。

デゼルも終いのキレは強烈だが、距離は現状では中距離まで。

オヌールの次走

次走は4月25日(土)、東京競馬場、芝2000mで行われる「フローラS(G2)」。

東京の2000mでも末脚は弾けるか?

 

2021年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

 



関連記事(一部広告を含む)