2022年11月20日【マイルCS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エアロロノアの好走パターンを分析。

エアロロノアの距離適性

エアロロノアはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(4-1-0-8)
  • 芝1800m(2-1-2-1)
  • 芝2000m(0-0-1-0)

2000mは少し長そう。

ベストは1600mで、1800mはペースが緩んで対応可能。

エアロロノアの脚質

中団あたりに控えて終いを生かす競馬。

ただし、終いの脚の切れ味はOPクラスではいまいちで、善戦はするが、惜しい5、6着が多い。

時計、上りがかかって良いタイプだろう。

エアロロノアのコース適正

エアロロノアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-2)
  • 京都(1-0-2-1)
  • 阪神(4-1-1-4)
  • 小倉(未)

比較的広いコース、直線の長いコースでの良績が目立つ。

エアロロノアの持ち時計(ベストタイム)

エアロロノアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.6 5着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.7 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.04.1 3着(京都)

速い時計への対応が今後の課題になりそう。

エアロロノアの重馬場適正

エアロロノアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重程度なら大丈夫そうだが、走りが軽そうな馬なので、道悪が弱点の可能性は捨てきれない。

エアロロノアの鉄砲実績(休み明け)

エアロロノアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-4)
  • 3戦目(2-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

エアロロノアのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-1-1)
  • 中3~5週(3-0-1-6)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

エアロロノアの枠順適正

エアロロノアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-2-1)
  • 5~9番(0-0-1-2)
  • 10~14番(4-1-0-6)
  • 15~18番(0-0-1-0)

エアロロノアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-3-1)
  • 3~5月(春):(3-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-1-4)

エアロロノアの斤量別着度数

  • 55キロ(0-1-2-0)
  • 56キロ(4-0-2-7)
  • 57キロ(2-0-0-1)
  • 58キロ(0-0-0-1)

エアロロノアの好走体重

3着以内の体重は;

  • 488~506キロ

エアロロノアの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC,日本ダービー 他)。

母の父はロックオブジブラルタル(ND系デインヒル)。

ロックオブジブラルタルは欧州で走り、「英2000ギニー」「愛2000ギニー」などG1を7連勝。主戦場は芝の短距離~マイル。

牝系は大種牡馬ブライアンズタイムをも排出している名門。

母の母がエアメサイア(秋華賞、オークス2着 他)、そのまた母がエアデジャヴー(クイーンS、オークス2着)。

近親にエアシャカール(皐月賞、菊花賞、日本ダービー2着)。エアスピネル(京都金杯、富士S 他)ほか。

安田記念(G1)の結果

0.2差の7着。

【レース前寸評】

まだこのクラスで戦える力はないと思う。

【結果】

後方から終いの脚に賭けたが0.2差届かず。

スローの安田記念で、この馬にしてみれば戦いやすい流れだったが、後方からでは厳しかった。

富士S(G2)の結果

0.5差の5着。

【レース前寸評】

緩い流れでそこそこのポジションにいれば差し込んでくる馬。

【結果】

道中は中団のやや後ろ、10番手の最内を追走。

4角は8番手の内で直線に向き、直線は馬群の内目から追い上げてはくるが、0.5差の5着。

重賞ではこういう競馬が多い。

力が足りないのだろう。

2022年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

マイルチャンピオンシップ(G1)の結果

0.4差の7着。

【レース前寸評】

G1ではまだ足りない。

【結果】

道中は中団の後ろ、11番手の外。

4角は9番手の外で直線に向き、直線は馬群の外から追い上げてはくるが、0.4差の7着まで。

この馬の決め手ならこんなもの。

順当な着順。

2022年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧