2020年4月11日【ニュージーランドT】終了時点までのデータをもとに、ハーモニーマゼランの好走パターンを分析。(ダートを除く)

ハーモニーマゼランの距離適性

ハーモニーマゼランはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(2-1-2-1)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

現状ではベストは1600mで間違いない。

ハーモニーマゼランの脚質

前目にポジションをとってしぶとい競馬。

先行力はあるが、スピードと言うよりも、スタミナ、そしてパワーに特化している印象。

ハーモニーマゼランのコース適正

ハーモニーマゼランの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-2-0)
  • 東京(0-1-0-2)
  • 中山(2-1-0-1)

スピード、瞬発力が求められるコースより、スタミナ、パワー系のコースの方が戦いやすい。

ハーモニーマゼランの持ち時計(ベストタイム)

ハーモニーマゼランの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.5 2着(東京)
  • 芝1600m:1.33.6 6着(中山)
  • 芝1800m:1.52.5 7着(東京)

高速決着には不向き。

ハーモニーマゼランの重馬場適正

ハーモニーマゼランの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-1)

道悪は問題ないとは思うが。

ハーモニーマゼランの枠順適正

前目にポジションを取って持ち味を発揮する馬なので、枠順も内枠が欲しい。

ハーモニーマゼランの鉄砲実績(休み明け)

ハーモニーマゼランの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-0)

ハーモニーマゼランの近走診断

20/1/6 ジュニアC(3歳・L)

中山 芝1600m 良 15頭

着順:2着(1.33.8・0.4差)

騎手:木幡拓弥(56キロ)

抜群のスタートから先団4番手。

前半1000mが57.7の速いペースで、ハーモニーマゼランは4角2番手で直線。

残り200mで先頭に立つも、外から追い込んで来たサクセッションの決め手に屈した。

休み明け+10キロ。

前走ダートからの芝替わりとしてはまずまず。

20/2/1 クロッカスS(3歳・L)

東京 芝1400m 良 10頭

着順:2着(1.21.5・0.3差)

騎手:木幡拓弥(56キロ)

7枠7番から先団4番手。

4角も4番手で直線。

直線は逃げるラウダシオンを残り200mで追い詰めるが、そこからまだ突き離されての2着。

良い競馬はしているが、前走も、今走も勝馬には差を開けられている。

20/3/1 3歳1勝クラス

中山 芝1600m 良 9頭

着順:1着(1.33.8・-0.3差)

騎手:木幡拓弥(56キロ)

2枠2番からハナを切る。

小頭数ながら縦長のハイペース。

4角も楽な手応えで直線に入ると、終始後続を寄せ付けずに約2馬身離してゴール。

1勝クラスでは力が違ったか。

20/4/11 ニュージーランドT(G2)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:6着(1.33.6・0.6差)

騎手:大野拓弥(56キロ)

道中は2番手。

4角も2番手で回り、直線の入り口では一旦先頭に立つが、坂の上りで馬群に沈んだ。

自身の力は出し切った。

ペースがそこそこ速かったこともあるが、それも含めて、今はまだ力が足りない。

ハーモニーマゼランの次走

次走は東京競馬場 芝1600mで行われる「NHKマイルカップ(G1)」。

ここではまだちょっと足りないだろう。