2020年9月20日【ローズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、フィオリキアリの好走パターンを分析。

フィオリキアリの距離適性

フィオリキアリはこれまでに芝1400m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-2)
  • 芝1600m(1-1-0-2)
  • 芝2000m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離は、現状では1600m前後。

2000m以上はOPクラスではどうか?

フィオリキアリの脚質

出遅れが多い馬なので、出遅れれば後ろから。

しかし切れる脚があるわけではないので、そうなれば展開まかせ。

本質的には前から行って押し切る競馬が良さそう。

フィオリキアリのコース適正

フィオリキアリの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-3)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-0-0)

内回り、小回り向きだろう。

フィオリキアリの持ち時計(ベストタイム)

フィオリキアリの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.2 6着(東京)
  • 芝1600m:1.35.4 10着(東京)
  • 芝2000m:2.00.3 1着(小倉)
  • 芝2400m:2.25.6 14着(東京)

速い時計には縁がなさそう。

フィオリキアリの重馬場適正

フィオリキアリの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場は2020年の「桜花賞」。後方から直線ではそれなりに伸びた。

道悪はそこそこ走る。

フィオリキアリの鉄砲実績(休み明け)

フィオリキアリの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

長期休養はまだ1度だけ。

ローテも中2週以内で(1-1-0-2)だけに、身体は丈夫そう。

フィオリキアリの枠順適正

フィオリキアリの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-2)
  • 5~9番(0-0-0-2)
  • 10~14番(0-1-0-2)
  • 15~18番(未)

フィオリキアリの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

フィオリキアリの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-1-0-4)
  • 55キロ(0-0-0-2)

フィオリキアリの連対体重

  • 426~444キロ

フィオリキアリの血統背景

父は2013年の「ダービー」を勝ったキズナ。

母の父はサクセスフルアピール(マンノウォー系)。

サクセスフルアピールは米国で走り、ダートの1200m~1600mで活躍。

フィオリキアリの次走

次走は10月18日、京都 芝2000m(内)で行われる、牝馬三冠の最後の一冠「秋華賞(G1)」。

まずは抽選突破だが、ここは力が足りない。

 

その他、秋華賞の出走馬を分析