2022年7月31日【クイーンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、フィオリキアリの好走パターンを分析。

フィオリキアリの距離適性

フィオリキアリはこれまでに芝1400m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-2)
  • 芝1600m(1-1-0-2)
  • 芝1800m(0-0-1-9)
  • 芝2000m(2-1-0-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

中距離は大丈夫そう。

要は先行できるか否か。

フィオリキアリの脚質

先行さえできれば、よほど流れが速くならない限り、そこそこ粘り込んでくるSP持続型。

ただ、テンが緩めば先行できるが、テンのスピードはそれほどないので、毎回先行できるとは限らない(出遅れもたまにある)。

先行できない場合でも、道悪などで上りがかかる展開になれば底力を発揮して、しぶとく食い込んで来る場合もあるが、それ以外では、先行できないとほぼ絶望的。

フィオリキアリのコース適正

フィオリキアリの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-0-7)
  • 中山(0-1-1-0)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(1-1-0-3)

テンが速くなりにくいコース形態(中山1800mなど)はよさそう。

フィオリキアリの持ち時計(ベストタイム)

フィオリキアリの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.2 6着(東京)
  • 芝1600m:1.35.4 10着(東京)
  • 芝1800m:1.46.1 7着(東京)
  • 芝2000m:2.00.3 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.15.5 4着(新潟)
  • 芝2400m:2.25.6 14着(東京)

速い時計には縁がなさそう。

フィオリキアリの重馬場適正

フィオリキアリの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-2-0-3)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場は2020年の「桜花賞」。後方から直線ではそれなりに伸びた。

道悪はそこそこ走る。


フィオリキアリの鉄砲実績(休み明け)

フィオリキアリの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(0-0-0-6)

フィオリキアリの枠順適正

フィオリキアリの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-7)
  • 5~9番(0-0-1-5)
  • 10~14番(1-1-0-5)
  • 15~18番(未)

フィオリキアリの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-6)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-5)

フィオリキアリの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(0-1-0-3)
  • 54キロ(2-1-0-7)
  • 55キロ(1-0-1-7)

フィオリキアリの連対体重

  • 426~456キロ

フィオリキアリの血統背景

父は2013年の「ダービー」を勝ったキズナ

母の父はサクセスフルアピール(マンノウォー系)。

サクセスフルアピールは米国で走り、ダートの1200m~1600mで活躍。

クイーンS(G3)の結果

【レース前寸評】

先行できればそこそこ戦えるが、それが無理なら、前走くらい上りがかからないと厳しい。

【結果】

0.4差の8着。

外枠13番からポジションが取れずに道中は後方11番手。

4角は10番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げに入るが、0.4差の8着。

直線でやや前が詰まる不利があったが、まあ大勢に影響はなかった感じ。

外枠が痛かった。この馬は先行出来ないとキツイ。

2022年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

次走情報

次走は8月21日(日)、札幌競馬場 芝2000mで行われる「札幌記念(G2)」に登録がある。