2020年9月21日【セントライト記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、バビットの好走パターンを分析。

バビットの距離適性

バビットはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-0)
  • 芝2000m(1-1-0-0)
  • 芝2000m(1-0-0-0)

血統背景からは、距離はまだ延びても大丈夫そう。

バビットの脚質

スピード持続力、スタミナに秀でた逃げ馬。

ハナを切るとかなりしぶとい。

バビットのコース適正

バビットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(2-0-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(0-1-0-0)

バビットの持ち時計(ベストタイム)

バビットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.3 1着(福島)
  • 芝2000m:2.01.2 1着(福島)
  • 芝2200m:2.15.0 1着(中山)

スピード勝負、上りの決着になったときには苦戦しそう。

バビットの重馬場適正

バビットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

良馬場でもかなり馬場が重そうだった2020年の「セントライト記念」でも鮮やかな逃げ切り勝ちをおさめており、道悪は苦にしないだろう。

バビットの鉄砲実績(休み明け)

バビットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

バビットの枠順適正

バビットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-0)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

逃げ馬だけに、枠は内目が欲しい。

バビットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-0)
  • 3~5月(春):(2-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

バビットの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-2-0-0)
  • 56キロ(3-0-0-0)

バビットの連対体重

  • 452~462キロ

バビットの血統背景

父は2010年の「宝塚記念」に優勝し、「凱旋門賞」では2着に入ったナカヤマフェスタ(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はマイルG1を4勝した名マイラー、タイキシャトル(ヘイロー系)。

バビットの近走

20/7/5 ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島 芝1800m 稍重

着順:1着(1.47.3・-0.8差)

騎手:内田博幸(53キロ)

1枠1番の絶好枠からハナへ。

道中は稍重にしてはそこそこのラップを刻んでいた。

4角も先頭で直線に向いたバビットは、そのままさらに後続を突き放して快勝。

2着のパンサラッサとは斤量差が1キロあったが、5馬身離せば文句は出ない。

緩い馬場も巧そう。

2020年 ラジオNIKKEI賞(G3)のラップ分析&回顧

20/9/21 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m 良

着順:1着(2.15.0・-0.3差)

騎手:内田博幸(56キロ)

5枠6番からしっかりハナへ。

序盤は少し緩めのラップだったが、中盤からはそこそこ速いラップを刻んで行く。

そして3~4角で速度を落とし、後続を引き付けたあと、直線に向いて再度加速して伸びた。

内田騎手の好騎乗もあったが、それにこたえる馬の強さもかなりのもの。

2020年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧

バビットの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

父のナカヤマフェスタは「セントライト記念」で勝利したあと、「菊花賞」では大敗している。

下手に溜めないで、大逃げを打つくらいの気持ちで突き離せば、「大番狂わせ」は起こるかもしれない。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析