2020年8月1日【新潟日報賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アフランシールの好走パターンを分析。

アフランシールの距離適性

アフランシールはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(3-0-1-3)
  • 芝1600m(0-1-0-3)
  • 芝1800m(1-0-0-2)

どんなペースでもしっかり対応できるのは1400m。

1600mはオープンクラスではちょっと厳しそう。

アフランシールの脚質

中団からの「差し」。

33~34秒台の末脚を確実に繰り出してくるので着順も安定。

芝1400mでは掲示板を外したことはない。

アフランシールのコース適正

アフランシールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-1-5)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(0-0-0-1)

コースによる巧拙はあまりなさそう。

アフランシールの持ち時計(ベストタイム)

アフランシールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.0 4着(0.3差・東京)
  • 芝1600m:1.34.4 7着(0.7差・東京)
  • 芝1800m:1.48.1 5着(0.4差・東京)

1400mならそこそこの高速決着にも対応できそう。

アフランシールの重馬場適正

アフランシールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

不良馬場でも後方からメンバー2位の脚で追い込んできている。

道悪は苦にしないのでは。

アフランシールの鉄砲実績(休み明け)

アフランシールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

叩き良化型。

アフランシールの枠順適正

アフランシールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-2)
  • 5~9番(1-1-1-2)
  • 10~14番(0-0-0-4)
  • 15~18番(未)

内枠がベスト。

アフランシールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-3)

アフランシールの斤量別着度数

  • 53キロ(1-1-1-1)
  • 54キロ(2-0-0-6)
  • 55キロ(1-0-0-1)

アフランシールの連対体重

  • 474~494キロ

アフランシールの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母は中央の芝1200mで3勝したルシュクル。

母の父はサクラバクシンオー(ナスルーラ系プリンスリーギフト)。

半兄に芝1400~1600mで活躍しているエントシャイデン(父はディープインパクト(サンデー系))。

半弟に2019年の「函館2歳S(G3・芝1200m)」を勝ったビアンフェ(父はキズナ(サンデー系))。

アフランシールの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは52キロ。

ハンデの52キロは魅力だが、1600mは長いだろう。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析