フィデルのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

フィデルのここまでの走り

21/7/4 2歳新馬

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.50.7・-0.2差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は中位の4番手追走。

3角を過ぎて楽な手応えで進出を開始し、4角では先頭に並びかけて直線へ。

直線は残り150mあたりで抜け出して先頭、あとは余裕の手応えで1馬身差のゴール。

強い勝ち方に見えるがタイムは平凡。

道中のペースも緩く、相手関係に恵まれた勝利と言えなくもない。

21/11/27 京都2歳S(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:3着(2.03.4・0.1差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は3番手追走。

4角では先頭に並びかける勢いで直線に向く。

直線では逃げ粘るビーアストニッシドとの追い比べだが、坂の上りで遅れをとる。

同時に外から追い上げて来たジャスティンロックにも交わされて、ゴール前再度ビーアストニッシドに迫るもハナ差の3着。

道中は決して速い流れではなかったにも関わらず、後方から追い込んで来た勝ち馬に交わされて、逃げ粘るビーアストニッシドを捉えることも出来なかった。

坂で脚色が鈍ったような印象も残った。


フィデルの脚質

先行押し切りが合ってそうだが、この先押し切っていけるかどうか?


フィデルの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック、日本ダービー2着、宝塚記念2着)。

母の父はバーンスタイン(ND系ストームキャット)。

バーンスタインは欧州で走り、芝の短距離で活躍。産駒には2007年の「朝日杯FS」を勝ったゴスホークケンがいる。

次走、ホープフルS(G1)に向けて

次走は12月28日(火)、中山競馬場 芝2000mで行われる「ホープフルS(G1)」。

ここまでの走りを見る限りでは、まだこのクラスでは厳しそう。

 

⇒その他、2021・ホープフルS(G1)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)