2021年4月18日【心斎橋S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エングレーバーの好走パターンを分析。

エングレーバーの距離適性

エングレーバーはこれまでに芝1400m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(1-1-1-2)
  • 芝2000m(2-2-0-0)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

中距離でもそれなりに適正は示していたが、距離を1400mに詰めて一気に準OPを卒業。

短距離の適正が高いのかもしれない。

エングレーバーの脚質

先行押し切り、中団で脚を溜めてからの差し切り。

終いの脚もそこそこ出せるが、それよりも、SP持続力に長けた馬だと思う。

エングレーバーのコース適正

エングレーバーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-1-0-0)
  • 中山(1-1-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-0-1)
  • 阪神(1-0-1-0)
  • 小倉(0-1-0-1)

現状では、コースによる巧拙はあまりない。

エングレーバーの持ち時計(ベストタイム)

エングレーバーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.2 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.40.2 9着(中京)
  • 芝1800m:1.45.8 3着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.3 2着(東京)
  • 芝2200m:2.13.7 16着(中山)

短距離なら、まだまだ持ち時計は伸ばせそう。

エングレーバーの重馬場適正

エングレーバーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

重馬場の敗戦も、4角までは3番手にいただけに、馬場が敗因でない可能性もある。

不良まで進むと難しいが、重馬場までならまだ分からない。


エングレーバーの鉄砲実績(休み明け)

エングレーバーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-3-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-0)
  • 5戦目~(未)

休み明けは走る。

エングレーバーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-1-2)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

エングレーバーの枠順適正

エングレーバーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-1-1)
  • 5~9番(1-1-0-3)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(0-1-0-0)

エングレーバーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-2)
  • 3~5月(春):(1-1-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

エングレーバーの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(2-2-0-2)
  • 57キロ(1-0-0-2)

エングレーバーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~460キロ

エングレーバーの血統背景

父はオルフェーヴル(サンデー系ステイゴールド/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、凱旋門賞2着、ジャパンカップ2着)。

母の父はシンボリクリスエス(ロベルト系/天皇賞(秋)連覇、有馬記念連覇、日本ダービー2着)。

エングレーバーの前走

21/4/18 心斎橋S(3勝C)

阪神 芝1400m(内)稍重

着順:1着(1.20.2・-0.5差)

騎手:浜中俊(57キロ)

2枠3番から道中は控えて中団7番手あたり。

4角では馬群の外目を抜群の手応えて回ってきて、直線も半ばまではほぼ馬なりで先頭を射程圏に捉えると、坂の上りで一気に先頭を交わし、そのまま後続に3馬身つけてゴール。

初距離、一気の距離短縮でもペースにひるむことなく、余裕の手応えで快勝。

この馬、これまでは中距離路線を歩んできたが、短距離には相当の適性があるかもしれない。

次走、京王杯スプリングC(G2)に向けて

次走は5月15日(土)、東京競馬場 芝1400mで行われる「京王杯スプリングC(G2)」。

このレースは過去10年で、前走3勝クラスからは(1-1-1-12)と、勝ち馬も出ている。

前走は3勝クラスで、2着馬を3馬身ちぎって快勝しているだけに、ここでも侮れない。

 

その他、京王杯スプリングC(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)