2022年7月24日【中京記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、カイザーミノルの好走パターンを分析。

カイザーミノルの距離適性

カイザーミノルはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(2-0-1-0)
  • 芝1600m(2-2-2-6)
  • 芝1700m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-0-1-5)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1400~1600mで安定、1800mがギリギリってところか?

カイザーミノルの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬。

5歳の2月、「斑鳩S(3勝C)」でブリンカーを着用して馬が一変した感じ。

なかなかのSP持続力を発揮し始めた。

締まった流れを前目のポジションから押し切る競馬が好走パターン。

上りが速くなったり、終いのキレを求められると厳しい。

カイザーミノルのコース適正

カイザーミノルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-1-3)
  • 中山(0-0-0-4)
  • 中京(0-0-1-3)
  • 京都(1-1-1-2)
  • 阪神(2-1-1-0)
  • 小倉(1-0-0-1)

左回りは(1-0-2-6)と走ってはいるが、上のクラスで相手関係が強化されれば苦しくなると思う、

ベストは右回り。

カイザーミノルの持ち時計(ベストタイム)

カイザーミノルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.7 5着(中山)
  • 芝1400m:1.20.0 3着(東京)
  • 芝1600m:1.31.6 3着(阪神)
  • 芝1700m:1.41.1 1着(小倉)
  • 芝1800m:1.46.5 10着(小倉)
  • 芝2000m:1.59.3 14着(東京)

適距離なら、速い時計もそこそこ対応は出来る。

カイザーミノルの重馬場適正

カイザーミノルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-1-3)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

さほど苦手意識はないような印象。


カイザーミノルの鉄砲実績(休み明け)

カイザーミノルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-2-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-5)
  • 3戦目(2-0-1-2)
  • 4戦目(0-0-2-1)
  • 5戦目~(未)

カイザーミノルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-2-6)
  • 中3~5週(1-0-0-3)
  • 中6~8週(0-0-2-0)

中1週は(0-0-0-4)だが、中2週では(2-0-2-2)。

詰めて使っても問題はない。

カイザーミノルの枠順適正

カイザーミノルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-2-3)
  • 5~9番(1-1-1-6)
  • 10~14番(1-1-1-4)
  • 15~18番(未)

カイザーミノルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-2-2)
  • 3~5月(春):(1-0-2-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-6)

カイザーミノルの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-2)
  • 55キロ(0-0-0-3)
  • 56キロ(3-0-4-5)
  • 57キロ(1-2-0-2)
  • 58キロ(0-0-0-1)

カイザーミノルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 446~472キロ

レース当日の増減別にデータを取ると;

  • 当日マイナス体重(5-1-1-5)
  • 当日増減なしorプラス体重(0-1-3-8)

カイザーミノルの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はスマートストライク(ミスプロ系)。

スマートストライクは米国、カナダで走り、ダートG1を1勝。活躍の場はダートの7~8.5F(約1400~1700m)。

半妹にエーポス(フィリーズレビュー)。

カイザーミノルの近走

21/4/25 読売マイラーズC(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.31.6・0.2差)

騎手:荻野極(56キロ)

道中は4番手追走。

4角も4番手で直線に向き、直線も最後の最後まで粘り通した。

締まった流れを前目の位置で踏ん張った内容は評価できる。

3勝クラス突破に時間を要したが、ブリンカーを着け始めてここ3戦は良い内容。

2021年 読売マイラーズカップ(G2)のラップ分析&回顧

21/5/15 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 良

着順:3着(1.20.0・0.2差)

騎手:荻野極(56キロ)

道中は先団3~4番手。

4角も3番手で直線に向くと、ラウダシオンと一緒に伸びてはくるが、捉えきれるほどの脚はなく、ゴール前はトゥラヴェスーラに交わされて3着。

ブリンカー着用で一変した馬だが、この馬の場合、もう少しペースが流れてくれた方が良かったかも。

2021年 京王杯スプリングC(G2)のラップ分析&回顧

21/8/29 朱鷺S(L)

新潟 芝1400m 良

着順:1着(1.21.0・-0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は中団の前、7番手あたり。

4角も7番手で直線に向き、直線は馬群の外目からの鋭い追い上げ。

このクラスでは力は上。

21/10/10 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.45.1・0.3差)

騎手:横山典弘(56キロ)

7枠11番から道中は3番手追走。

4角も3番手の内で直線に向き、直線も馬群の内でしぶとく食い下がる。

ゴール前はポタジェに交わされたが5着入線。

千八の距離、しかもG2でこれだけやれたのは収穫だろう。

2021年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

21/10/31 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:14着(1.59.3・1.4差)

騎手:横山典弘(58キロ)

5枠10番からハナへ。

道中は比較的緩めのラップでマイペースの逃げ。

4角はグランアレグリアに並びかけられながらも先頭で通過。

しかし直線は、坂を上りきったあたりで後続に完全に呑み込まれてしまった。

瞬発力勝負になったので、この馬の出番はなかったが、道中緩い流れでこれだけ着順を落とすということは、2000mは長いのだろう。

2021年 天皇賞(秋)(G1)のラップ分析&回顧

22/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

着順:3着(1.33.0・0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は好位の4番手を追走。

4角も4番手で直線に向き、直線は馬群の外目に進路を取って、前を行くダイワキャグニーを追うかたちで追い出してくるが、ゴール前ザダルに内をすくわれ、ダイワも捉えきれずに3着まで。

ザダルに切れ負けしたのは仕方ないとしても、斤量が1.5キロ重いダイワを捉え切れなかったのはいただけない。

2022年 京都金杯(G3)のラップ分析&回顧

22/4/2 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:7着(1.32.8・0.5差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は中団の前、6番手の内目を追走。

4角も好位の4番手で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げに入り、坂下では先頭に立つような勢いだったが、坂の途中で急失速。

休み明けのマイナス12キロが響いているのか?

2022年 ダービー卿CT(G3)のラップ分析&回顧

22/6/18 米子S(L)

阪神 芝1600m(外)良

着順:2着(1.33.1・0.2差)

騎手:横山典弘(57キロ)

道中は中団8番手の内。

4角は5番手の内で直線に向き、直線は馬場の3分どころから追い上げに入るが、伸び脚はいまいち。

坂の上りまで混戦の2着争いの中、ゴール前半馬身だけ抜けだして2着は確保。

この日も体重は-8キロと減り続けている。

このクラスで2着争いが精一杯というところを見ると、まだ本調子ではない感じ。

22/7/24 中京記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良

着順:10着(1.46.5・0.6差)

騎手:横山典弘(56キロ)

【レース前寸評】

減り続けている体重を何とかしたい。

1800mも微妙な距離。

力自体は断然上位の馬だが、調子が戻っているか否かもポイント。

【結果】

道中は中団の前、5番手を追走。

4角は6番手の内目で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げに入り、残り200mあたりまでは2着争いに加われていたが、残り200mを過ぎて失速気味に。

調子が戻っていないようにも見えるが、やはりこの馬、1800mは長いのか?

2022年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧