2021年4月25日【朱鷺S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、カイザーミノルの好走パターンを分析。

カイザーミノルの距離適性

カイザーミノルはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(2-0-1-0)
  • 芝1600m(2-1-1-5)
  • 芝1700m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-0-1-3)

ベストは1400~1600mか?

カイザーミノルの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬。

5歳の2月、「斑鳩S(3勝C)」でブリンカーを着用して馬が一変した感じ。

なかなかのSP持続力を発揮し始めた。

締まった流れを前目のポジションから押し切る競馬が好走パターン。

上りが速くなったり、終いのキレを求められると厳しい。

カイザーミノルのコース適正

カイザーミノルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(0-0-0-3)
  • 京都(1-1-1-2)
  • 阪神(2-0-1-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

左回り、遠征競馬ともに、惜しい競馬もあるにはあるので、あまり気にする必要はなさそう。

カイザーミノルの持ち時計(ベストタイム)

カイザーミノルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.7 5着(中山)
  • 芝1400m:1.20.0 3着(東京)
  • 芝1600m:1.31.6 3着(阪神)
  • 芝1700m:1.41.1 1着(小倉)
  • 芝1800m:1.47.5 5着(京都)

速い時計も、そこそこ対応は出来そう。

カイザーミノルの重馬場適正

カイザーミノルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-1-3)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

さほど苦手意識はないような印象。


カイザーミノルの鉄砲実績(休み明け)

カイザーミノルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-3)
  • 3戦目(2-0-1-1)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(未)

カイザーミノルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-2-5)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(0-0-1-0)

中1週は(0-0-0-4)だが、中2週では(2-0-2-1)。

詰めて使っても問題はない。

カイザーミノルの枠順適正

カイザーミノルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-2-3)
  • 5~9番(1-1-1-5)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(未)

カイザーミノルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-1-2)
  • 3~5月(春):(1-0-2-1)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-4)

カイザーミノルの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-2)
  • 55キロ(0-0-0-3)
  • 56キロ(3-0-3-2)
  • 57キロ(1-1-0-2)

カイザーミノルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~472キロ

カイザーミノルの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はスマートストライク(ミスプロ系)。

スマートストライクは米国、カナダで走り、ダートG1を1勝。活躍の場はダートの7~8.5F(約1400~1700m)。

半妹にエーポス(フィリーズレビュー)。

カイザーミノルの前走

21/4/25 読売マイラーズC(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:3着(1.31.6・0.2差)

騎手:荻野極(56キロ)

道中は4番手追走。

4角も4番手で直線に向き、直線も最後の最後まで粘り通した。

締まった流れを前目の位置で踏ん張った内容は評価できる。

3勝クラス突破に時間を要したが、ブリンカーを着け始めてここ3戦は良い内容。

2021年 読売マイラーズカップ(G2)のラップ分析&回顧

21/5/15 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 良

着順:3着(1.20.0・0.2差)

騎手:荻野極(56キロ)

道中は先団3~4番手。

4角も3番手で直線に向くと、ラウダシオンと一緒に伸びてはくるが、捉えきれるほどの脚はなく、ゴール前はトゥラヴェスーラに交わされて3着。

ブリンカー着用で一変した馬だが、この馬の場合、もう少しペースが流れてくれた方が良かったかも。

2021年 京王杯スプリングC(G2)のラップ分析&回顧

21/8/29 朱鷺S(L)

新潟 芝1400m 良

着順:1着(1.21.0・-0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は中団の前、7番手あたり。

4角も7番手で直線に向き、直線は馬群の外目からの鋭い追い上げ。

このクラスでは力は上。

次走、毎日王冠(G2)に向けて

次走は10月10日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「毎日王冠(G2)」。

千八は、基本的には長いと思うが・・・。

 

⇒その他、2021・毎日王冠(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)