ドゥラドーレスのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ドゥラドーレスのここまでの走り

21/11/7 2歳新馬

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.48.9・-0.1差)

騎手:丸山元気(55キロ)

スタート出遅れて道中は後方10番手の内。

4角も10番手の内で直線に向くが、直線では馬群に包まれて身動きできない感じ。

坂の上りで進路を外に切り替えて、まともに追い始めたのは残り200mの標識を過ぎたあたり。先頭との差は3~4馬身あっただろうか。

それでも追い出されると強烈な伸び。

ゴール前で前を行くベストフィーリングをしっかり交わしてゴール。

もの凄い脚に見えた。

【期待される能力】

  • 瞬発力

22/1/30 セントポーリア賞(3歳1勝クラス)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.45.7・-0.5差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

8頭立ての小頭数。

7枠7番から、ここでも少し出遅れて道中は中位の後ろ、6番手あたり。

3角過ぎ、残り800mから外を回して動いて行き、4角は4番手の外で直線。

直線は馬群の外から追い出しに入り、坂の頂上、残り200mで先頭を捉えると、あとは後続を突き放して3馬身差の圧勝。

外枠から出遅れて、道中は外々を回っていたが、それでもお構いなしの圧勝劇。

走破タイムは1.45.7秒。

開幕週の馬場ではあるが、3歳1勝クラスでこの時計は破格。

瞬発力に加えて、スピードの持続力も期待できそう。

【期待される能力】

  • SP持続力

ドゥラドーレスの脚質

スタートが速くはないので、どうしても位置取りは後ろの方からになる。

それでも終いの瞬発力は相当高いものがあるので、最後の直線で楽々差し切ることが可能になる。

しかしスタートはここまで2戦連続で出遅れている。

この先相手が強くなれば、そう簡単には後方から差し切ることはできないだろう。

スタートの修正は課題。


ドゥラドーレスの血統背景

父はドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ/皐月賞、日本ダービー、ドバイシーマクラシック2着、宝塚記念2着)。

母の父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母方の3代前にはウインドインハーヘア。言わずと知れたディープインパクトの母親。

次走、毎日杯(G3)に向けて

次走は3月26日(土)、阪神競馬場 芝1800m(外)で行われる「毎日杯(G3)」。

初めての長距離輸送、初めての右回り、そしてスタート。

課題は多いが、相手関係を見ても、ここは勝ち切ってきそう。

 

⇒その他、毎日杯(G3)の注目馬を分析