2021年5月30日【東京優駿】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ディープモンスターの好走パターンを分析。

ディープモンスターの距離適性

ディープモンスターはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(1-1-0-1)
  • 芝2200m(2-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

とりあえず中距離では安定感はある。

ディープモンスターの脚質

中団あたりで脚を溜めて終いを生かす競馬。

終いの脚は持ってはいるが、重賞の流れになると、なかなか良い脚は出せていない。

気になるのは、「新馬戦」の17頭立て以降、小頭数での競馬で好走。

しかし「皐月賞」「ダービー」と、多頭数では極端な競馬で負けている。

馬込みが苦手なのか?

ディープモンスターのコース適正

ディープモンスターの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-1-0-0)
  • 小倉(未)

ディープモンスターの持ち時計(ベストタイム)

ディープモンスターの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.01.4 7着(中山)
  • 芝2200m:2.12.4 1着(阪神)
  • 芝2400m:2.25.7 16着(東京)

ディープモンスターの重馬場適正

ディープモンスターの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重の「皐月賞」では、後方からそこそこの脚で伸びてはいたが・・・。


ディープモンスターの鉄砲実績(休み明け)

ディープモンスターの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

ディープモンスターのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(2-1-0-1)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

ディープモンスターの枠順適正

ディープモンスターの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(1-1-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(未)

ディープモンスターの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

ディープモンスターの斤量別着度数

  • 55キロ(1-1-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-0)
  • 57キロ(0-0-0-2)

ディープモンスターの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~458キロ

ディープモンスターの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父は ベラミーロード(ND系ダンチヒ)。

ベラミーロードは米国で走り、ダートG1を1勝、2着1回。主戦場はダートのマイル~中距離。

ディープモンスターの近走

21/2/28 すみれS(L)

阪神 芝2200m 良

着順:1着(2.12.4・-0.4差)

騎手:武豊(56キロ)

8頭立ての大外8番枠から、スタートは大きく外に膨らんだが、二の脚で追いつき道中は後方7番手。

残り800mを過ぎたあたりから徐々に進出を開始して、4角は6番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを見せて、坂下で先頭を捉えると、坂の上りで後続を突き放し、ゴールでは後続に2馬身半つける圧勝。

このクラスでは強さが際立った。

21/4/18 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重

着順:7着(2.01.4・0.8差)

騎手:戸崎圭太(57キロ)

6枠11番から道中は後方。

4角は後方14番手から大外を回して直線。

直線は馬群の外目からそこそこの脚で追い上げるが、後方からでは7着止まり。

稍重馬場とは言え、あの位置取りからなら終いの伸びはもう少しあっても良さそうだったが・・・。

当日の馬体重は-8キロだったが、調教後は448キロなので、輸送では4キロしか減ってはいない。

馬込みを避けるような道中の位置取りも気になった。

大物感はあるが、イマイチつかみどころがない。

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

21/5/30 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:16着(2.25.7・3.2差)

騎手:武豊(57キロ)

3枠5番から序盤は後方14番手あたり。

しかし向正面、残り1000m付近から外を回して進出を開始。

3角は4番手、4角は5番手の外で直線に向いた。

しかし直線では早々に失速加減。

脚は余っていなかったようす。

後方から外を回って進出なので、また馬込みを避けているかのような乗り方。

考えすぎか?

競馬もチグハグ。

2021年 東京優駿(日本ダービー・G1)のラップ分析&回顧

次走、菊花賞(G1)に向けて

次走は10月24日(日)、阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「菊花賞(G1)」。

ここ2戦の競馬がどうも安定感に欠ける。

ぶっつけ本番のローテにも不安感あり。

現状では重い印の打ちにくい馬。

 

⇒その他、2021・菊花賞(G1)の出走馬を分析