2021年2月28日【すみれS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ディープモンスターの好走パターンを分析。

ディープモンスターの距離適性

ディープモンスターはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(1-1-0-0)
  • 芝2200m(2-0-0-0)

2000mの2着は「エリカ賞(2歳1勝C)」。最後の直線で前の馬に寄られる不利があるにはあった。

とりあえず中距離では安定感はある。

ディープモンスターの脚質

中団あたりで脚を溜めて終いを生かす競馬。

終いの脚は相当確実。

そこそこ締まった流れも経験しており、左右回り、直線急坂など、現状では目立った死角は確認できない。

強いて言うなら、「新馬戦」の17頭立て以降、近3走はいずれも8頭立ての小頭数。

今後、多頭数でどのような走りを見せるか?

ディープモンスターのコース適正

ディープモンスターの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-1-0-0)
  • 小倉(未)

ディープモンスターの持ち時計(ベストタイム)

ディープモンスターの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.03.5 2着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.4 1着(阪神)

ディープモンスターの重馬場適正

ディープモンスターの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ディープモンスターの鉄砲実績(休み明け)

ディープモンスターの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

ディープモンスターのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(2-1-0-0)
  • 中6~8週(未)

ディープモンスターの枠順適正

ディープモンスターの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

ディープモンスターの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-0)
  • 3~5月(春):(未)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

ディープモンスターの斤量別着度数

  • 55キロ(1-1-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-0)

ディープモンスターの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~458キロ

ディープモンスターの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父は ベラミーロード(ND系ダンチヒ)。

ベラミーロードは米国で走り、ダートG1を1勝、2着1回。主戦場はダートのマイル~中距離。

ディープモンスターの評価

現状では死角らしい死角は見当たらないが、この馬の場合、これまでのレースの最高の格付けが前走の「すみれS」、これがリステッド競争。重賞への出走歴はまだない。

印象としては、今まで戦ってきた相手のレベルは低く、唯一負けた相手アドマイヤハダルも重賞経験はない。

過去にはノーリーズン(前走「若葉S」7着で、「皐月賞」当日は15番人気で1着)のように、重賞初挑戦の「皐月賞」でいきなり優勝するような馬もいたが、ディープモンスターの場合はどうか?

ディープモンスターの前走

21/2/28 すみれS(L)

阪神 芝2200m 良

着順:1着(2.12.4・-0.4差)

騎手:武豊(56キロ)

8頭立ての大外8番枠から、スタートは大きく外に膨らんだが、二の脚で追いつき道中は後方7番手。

残り800mを過ぎたあたりから徐々に進出を開始して、4角は6番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを見せて、坂下で先頭を捉えると、坂の上りで後続を突き放し、ゴールでは後続に2馬身半つける圧勝。

このクラスでは強さが際立った。

ディープモンスターの次走

次走は4月18日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「皐月賞(G1)」。

強さは認めるが、積極的にはなれない、難しい一頭。

 

その他、皐月賞(G1)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)