2021年4月18日【皐月賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アドマイヤハダルの好走パターンを分析。

アドマイヤハダルの距離適性

アドマイヤハダルはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(2-0-0-1)

とりあえず2000m前後は問題なさそう。

アドマイヤハダルの脚質

先行策でも勝ってはいるが、スローの流れなので持続力は未知数。

唯一そこそこペースが流れた「アイビーS」では、控える競馬で上りメンバー3位の34.8秒の脚で4着。

しかしこのレースでは、直線で外から寄られて少しブレーキをかけたと言う鞍上のコメントもある。

アドマイヤハダルのコース適正

アドマイヤハダルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-0-0)
  • 小倉(未)

阪神での2勝はどちらも内回りの2000m。

アドマイヤハダルの持ち時計(ベストタイム)

アドマイヤハダルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.48.5 4着(東京)
  • 芝2000m:1.59.5 1着(阪神)

高速決着の経験はまだない。

アドマイヤハダルの重馬場適正

アドマイヤハダルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

新馬戦で稍重馬場で勝ってはいるが、道悪を走るか否かはまだよく分からない。

アドマイヤハダルの鉄砲実績(休み明け)

アドマイヤハダルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

アドマイヤハダルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

アドマイヤハダルの枠順適正

アドマイヤハダルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

アドマイヤハダルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

アドマイヤハダルの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(0-0-0-1)

アドマイヤハダルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 472~484キロ

アドマイヤハダルの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、香港スプリント連覇、安田記念、高松宮記念)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

伯母にスイープトウショウ(秋華賞、宝塚記念、エリザベス女王杯)。

アドマイヤハダルの評価

勝ったレースはどれもスローの流れ。

敗けたレースはやや締まった流れだったが、直線で若干の不利があり、敗因がレースの流れではなかった可能性もある。

いずれにしても終いの脚はそこそこ信頼できる。

アドマイヤハダルの前走

21/3/20 若葉S(3歳L)

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(1.59.5・-0.5差)

騎手:松山弘平(56キロ)

道中は中団4番手あたり、先頭との差は4~5馬身。

3角を過ぎてスパート開始。

4角は3番手の外目で直線に向き、直線は馬群の外目を追い上げて行き、坂下あたりで先頭に立ち、坂の上りで後続を突き放して3馬身差のゴール。

自身の上りは33.7秒。

スローの流れではあったが、速い上り時計で快勝。

【期待できる能力】

  • 瞬発力

21/4/18 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重

着順:4着(2.01.2・0.6差)

騎手:ルメール(57キロ)

道中は中団の前、6~7番手の最内。

前にエフフォーリアをしっかりマークするかたちでの追走。

4角も7番手だが、内から外へ進路を切り替えて直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、勝ち馬との差は詰まらず4着まで。

4角で内から外へ持ち出すロスがなければ2、3着もあったかもしれない。

しかし内からだと伸びたかどうかは不明。

敗因を馬場に求めるのは簡単だが、良馬場なら勝ち負けしていたのかと言えば、そこにも疑問は残る。

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

良馬場で見直せるとは思うが、力のほどがまだよく分からない一頭。

鞍上が絶好調のデムーロ騎手に乗り替わるのは不気味ではある。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)