2021年3月6日【オーシャンS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、カレンモエの好走パターンを分析。

カレンモエの距離適性

カレンモエはこれまでに芝1200mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-2-2-2)

ベストは1200mで間違いない。

カレンモエの脚質

テンのスピードに長け、先行力は十分。

ハイペースでも息が上がらない持久力。

ただ、上り時計が速くなると、ゴール前でやや甘くなる感じがする。

実際、勝ち鞍でのレースの上り時計は34.9秒からで、34秒台前半の上り時計では(0-2-2-0)と勝ち切れない。

高いレベルでの攻防だが、上のクラスでは大きな弱点となり得る。

カレンモエのコース適正

カレンモエの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(1-0-0-0)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(0-0-2-1)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(2-1-0-0)

カレンモエの持ち時計(ベストタイム)

カレンモエの持ち時計は次の通り;

芝1200m:1.07.6 2着(アタマ差・小倉)

カレンモエの重馬場適正

カレンモエの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪はまだ未知数だが、そこそこの荒れ馬場も苦にせず走っていることから、問題ないのではないか。


カレンモエの鉄砲実績(休み明け)

カレンモエの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-2-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

データ的には叩いてからが勝負。

カレンモエの枠順適正

カレンモエの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-0)
  • 5~9番(2-0-2-0)
  • 10~14番(1-2-0-1)
  • 15~18番(未)

先行脚質なので、枠は当然内側が欲しいだろう。

カレンモエの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-1-0)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-0)

カレンモエの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(0-0-1-0)
  • 54キロ(1-2-1-1)
  • 55キロ(2-1-0-0)

カレンモエの好走体重

3着以内の体重は;

  • 458~466キロ

カレンモエの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母は2011年の「スプリンターズS(G1)」、2012年の「高松宮記念(G1)」他、国内スプリント重賞を5勝したカレンチャン

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント)。

カレンモエの近走

20/8/22 佐世保S(3勝クラス)

小倉 芝1200m 良

着順:2着(1.07.6・アタマ差)

騎手:鮫島克駿(55キロ)

外枠10番から楽々先団3番手に取り付く。

ラフィングマッチが前半3Fを32.2秒の超ハイペースで逃げる中、カレンモエは4角も楽な手応えで3番手の外で直線に向くと、持ったまま、残り200mで先頭に立つと、そのまま突き放してゴール、かと思われたが、前半の超ハイペースが応えたか、ゴール前甘くなり、最後方から追い込んできたフェルトベルクにアタマ差交わされて2着。

先行勢はどの馬も大きく着順を落とす中、カレンモエは最後まで踏ん張ってのアタマ差2着。

敗けて強しの好内容。

20/9/26 長篠S(3勝クラス)

中京 芝1200m 良

着順:1着(1.08.1・-0.2差)

騎手:北村友一(55キロ)

2枠4番からハナを主張する馬を先に行かせて、道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向き、直線では坂を上り切ったあたりで先頭を捉えると、あとはさほど追わずに余裕のゴール。

初の直線急坂、初の左回りもなんのその。キャリア8戦で準OPを卒業。

さあこれから、母のカレンチャン同様、怒涛の快進撃が始まるのか?

20/11/29 京阪杯(G3)

阪神 芝1200m(内)良

着順:2着(1.08.3・0.1差)

騎手:松若風馬(54キロ)

スタートを決めて出たなりの2番手。

直線は残り200mで抜け出して、そのまま押し切るように見えたが、外から追い込んで来たフィアーノロマーノにクビ差交わされて2着。

13番と言う外枠からの先行、馬場が外差しに振れていた点などを考えれば、重賞初挑戦としては及第点。

2020年 京阪杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/6 オーシャンS(G3)

中山 芝1200m 稍重

着順:2着(1.08.4・ハナ差)

騎手:北村友一(54キロ)

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、坂の上りで先頭に立って、そのまま突き抜けると思われたが、坂を上りきって甘くなった感じ。

2戦続けて僅差の2着。

この馬、オープンクラスでは直線平坦までか? と勘繰りたくなる。

2021年 オーシャンS(G3)のラップ分析&回顧

次走、函館SS(G3)に向けて

次走は6月13日(日)、札幌競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

いつものように勝ち負けはしてくるのだろうが、開幕週の札幌の馬場、上りが速くなるようだと、また僅差の2着も十分にあり得る。

 

その他、函館スプリントS(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)