2021年1月31日【シルクロードS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、リバティハイツの好走パターンを分析。

リバティハイツの距離適性

リバティハイツはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-2)
  • 芝1400m(1-2-1-5)
  • 芝1600m(1-1-1-5)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

現状では1400mがベストだが、1200mで新境地が開けるか?

1600mは微妙に長い。

リバティハイツの脚質

中団、後方あたりから終いを生かす競馬。

しかし、近走ではもう切れる脚は期待できない。

ただ、パワーとスタミナはそこそこある馬なので、締まった流れの消耗戦や道悪になって上りがかかると上位に食い込む可能性が出て来る。

リバティハイツのコース適正

リバティハイツの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-2-0-3)
  • 阪神(1-0-2-5)

リバティハイツの持ち時計(ベストタイム)

リバティハイツの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.6 1着(京都)
  • 芝1400m:1.19.6 2着(京都)
  • 芝1600m:1.32.8 2着(中山)
  • 芝1800m:1.47.6 10着(札幌)

高速決着には向かない。

リバティハイツの重馬場適正

リバティハイツの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪は苦にせず走る。

道悪で上りがかかる展開になればチャンスも出て来る。

リバティハイツの鉄砲実績(休み明け)

リバティハイツの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-3)
  • 3戦目(0-0-0-3)
  • 4戦目(0-1-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

リバティハイツの枠順適正

リバティハイツの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-2-2)
  • 5~9番(1-2-0-7)
  • 10~14番(2-1-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-2)

リバティハイツの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-1-4)
  • 3~5月(春):(1-1-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-2)

夏場はダメっぽい。

リバティハイツの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(1-0-1-1)
  • 54キロ(2-3-1-6)
  • 55キロ(0-0-0-5)

斤量は54キロまでか?

リバティハイツの好走体重

3着以内の体重は;

  • 442~472キロ

リバティハイツの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はドバウィ(ミスプロ系)。

ドバウィは欧州で走り、芝のG1を2勝。主戦場は芝の1400~1600m。

リバティハイツの近走

20/7/19 中京記念(G3・ハンデ)

阪神 芝1600m(外)良

着順:12着(1.33.3・0.6差)

騎手:西村淳也(53キロ)

初ブリンカーで先団2番手からの競馬。

しかし、阪神最終週の馬場は荒れていて、内を通る馬には不利な展開。

併せて、序盤のラップも速くなったことで、前へ行った組はほぼ全滅。

ただ、ブリンカー効果で前に行けたことは収穫。

2020年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

20/10/10 オパールS(L)

京都 芝1200m(内)重

着順:1着(1.08.6・-0.1差)

騎手:団野大成(53キロ)

道中は中団の前あたり。

前半600mが33.0秒なので、そこそこ締まった流れ。

4角は6番手で直線に入り、直線は馬群の外目をグイグイ伸びて、先を行くケープコッドをゴール前捉えて先着。

レースの上りは35.6秒。

力の要る馬場でもあり、この馬のツボに嵌った一鞍。

20/11/29 京阪杯(G3)

阪神 芝1200m(内)良

着順:8着(1.08.6・0.5差)

騎手:団野大成(55キロ)

道中は中団。

3~4角で順位を下げて4角は12番手で直線。

直線は馬群の外目をそこそこ追い上げては来るが、0.5差の8着まで。

1200mでは1分8秒後半でないと厳しいか。

2020年 京阪杯(G3)のラップ分析&回顧

21/1/31 シルクロードS(G3・ハンデ)

中京 芝1200m 良

着順:4着(1.08.6・0.3差)

騎手:団野大成(54キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は若干順位を落として中団9番手あたりで直線へ。

直線は、坂を上ってから進路を馬群の外目に切り替えて、そのあとジワジワと伸びて4着入線。

上りがそれほど速くならず、外差しが効いていたのも良かった。

2021年 シルクロードS(G3)のラップ分析&回顧

リバティハイツの次走

次走は2月20日(土)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「京都牝馬S(G3)」。

適距離の1400mだが、別定重量の56キロはきつい。

 

その他、京都牝馬S(G3)の出走馬を分析

 

【スポンサーリンク】