2020年9月6日【新潟記念】終了時点までのデータをもとに、カデナの好走パターンを分析。

カデナの距離適性

カデナはこれまでに、芝1600m~芝2400mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-2)
  • 芝1800m(2-0-1-1)
  • 芝2000m(2-2-2-9)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-2)

適正は中距離あたりか? 詳細を見てみる。

芝1600m

2着に入ったのは新馬戦。OPクラスでは重賞に2度使われているが、どちらも大敗。

この距離には適性はなさそう。

芝1800m

2020年の「小倉大賞典(G3)」をトップハンデ57キロで制した。

他にもOP特別の「巴賞」の3着(0.1差)もある。

この距離は、条件さえ整えば(後述)走ってくる。

芝2000m

「京都2歳S(G3)」と「弥生賞(G2)」に勝利している。

古馬になってからも、「小倉記念(G3)」「新潟記念(G3)」で3着以内があることから、適正は十分にあると考える。

芝2200~2400m

3歳時の「ダービー(G1)」と、菊花賞TRの「神戸新聞杯(G2)」で共に大敗。

古馬になってからは2020年の「宝塚記念」で大敗。

この距離はちょっと長そう。

神戸新聞杯のレース後には、鞍上の福永騎手も「距離は2000mまでなのかなという印象」とコメントを残している。

カデナの脚質

カデナは何と言ってもスタートが遅い。

それゆえ位置取りは多くのレースで後方からとなっている。

しかし、父親譲りの確かな末脚があるので、好走パターンは後方からの「追い込み」となる。

  • 直線の長い競馬場で後ろから
  • またはタフな展開で上りがかかったときに後ろから

この2パターンで好走する。

カデナのコース適正

カデナの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-1-1)
  • 福島(0-0-1-0)
  • 新潟(0-0-1-1)
  • 東京(0-1-0-4)
  • 中山(1-0-0-3)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(1-1-0-4)
  • 小倉(1-1-0-0)

長い直線を一杯に使って追い込める新潟、東京は得意のはず。

戦績がイマイチなのは、距離やレースのグレードなど、他に理由がある。

カデナの持ち時計(ベストタイム)

では、カデナのベスト距離と考えられる芝1800m、2000mでのカデナの持ち時計はどうか?

  • 芝1800m:1.47.5 3着(0.1差・函館)
  • 芝2000m:1.57.8 3着(0.3差・新潟)

得意のコースなら、そこそこ速い決着にも顔を出せる。

カデナの休み明け

カデナの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-9)

休み明けはあまり良いとは言えないが、叩いてからだと;

  • 2戦目(1-1-1-3)

どっちもどっち。

あまり神経質になる必要はない。

カデナと枠順

カデナの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-2-0-4)
  • 5~9番(0-1-2-0)
  • 10~14番(1-0-1-7)
  • 15~18番(1-0-0-4)

スタートが遅いだけに、極端な外枠は致命的なロスになる可能性が高い。

カデナの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-0-0)
  • 55キロ(2-1-0-0)
  • 56キロ(1-1-2-8)
  • 57キロ(1-0-1-4)
  • 58キロ(0-0-0-3)

カデナの連対体重

  • 454~474キロ

カデナの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

半兄に2009年の「京王杯スプリングC(G2・東京芝1400m)」を勝ったスズカコーズウェイがいる。

カデナの近走診断

19/4/14 福島民報杯(OP)福島芝2000m

着順:3着(0.2差) 騎手:鮫島克駿(56キロ)

前半1000mが57.4秒のハイペース。

上位3頭はいずれも後方から。

3角手前で動いた1、2着馬に対して、カデナは仕掛けが1歩遅れた感じ。

いずれにしても展開に恵まれたレース。

19/6/30 巴賞(OP)函館芝1800m(稍重)

着順:3着(0.1差) 騎手:藤岡祐介(56キロ)

このレースもペースは速く、上位5頭中4頭までが後方からの「追い込み」組。

馬自体の調子は良さそうだが、2戦連続で展開に恵まれた感のあるレース。

19/8/04 小倉記念(G3)小倉芝2000m

着順:2着(クビ差) 騎手:北村友一(56キロ)

1000mを過ぎたレース後半から一気にペースが上がったハイレベルの消耗戦。

いつものように後方から追走していたカデナだが、ペースが上がって他馬が追い出すところ、カデナは持ったままで手応えは十分。

直線は外から追い出しにかかってメールドグラースにクビ差の2着。

後半1000mでレースが大きく動いたことがカデナには幸いした感じ。

19/9/1 新潟記念(G3)新潟芝2000m

着順:3着(0.3差) 騎手:武藤雅(57キロ)

今回もいつものように後ろから。

ペースもそこそこ流れてくれたので、659mの新潟の直線がカデナの脚を引き出してくれた。

しかし、このような競馬が通用するのはこれくらいのクラスまでだろう。

19/10/27 天皇賞・秋(G1)東京芝2000m

着順:13着(2.2差) 騎手:藤岡祐介(58キロ)

出遅れもあっていつものように後方からの競馬。

このクラスではこんなものだろう。

中間の雨もあって馬場は比較的緩い状態。これもカデナ向きではなかった。

20/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良 17頭立て

着順:11着(2.00.1・0.6差) 

騎手:鮫島克駿(57キロ)

いつものように出遅れて離れた最後方から。

4角も15番手で直線を向くが、思うように伸びずに11着。

それでも0.6秒差まで迫っているのは凄い。

20/2/23 小倉大賞典(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良 14頭

着順:1着(1.48.3・-0.3差)

騎手:鮫島克駿(57キロ)

いつものように出遅れて後方からの競馬だが、この日の小倉の馬場は最終週で傷みが目立った。

道中前に行った馬、最後の直線で内を通った馬にはキツい展開。

4角は9番手で、直線はうまく馬場の傷んでいない外へ出して上り最速35.1秒の脚で差し切った。

適距離で直線平坦の小倉、展開も後押ししたことはあるが、トップハンデの57キロで勝ち切ったことは評価できる。

しかし、相手関係はちょっと手薄だった。

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)12頭

着順:4着(1.58.6・0.2差)

騎手:鮫島克駿(57キロ)

道中は後方のインで脚を溜める。

4角も最後方ながら内ピッタリで回って来て、直線も最内をつく戦法。

急坂も苦にせずスルスルと伸びては来るが、4着までが精一杯。

かなり戦略的な意図が窺える騎乗だが、それでも0.2差が精一杯。

20/6/28 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m 稍重

着順:12着(2.16.8・3.3差)

騎手:鮫島克駿(58キロ)

距離もコースも馬場状態も、この馬にとってはきつい条件。

20/9/6 新潟記念(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m 良

着順:6着(2.00.2・0.3差)

騎手:柴田大知(58キロ)

道中はいつものように後方から。

直線は馬場の大外から追い込んで来るが0.3差の6着まで。

しかし斤量はトップハンデの58キロ。

0.3差ならまずまずか。

2020年 新潟記念(G3)のラップ分析&回顧

カデナの次走

次走は10月11日 東京競馬場 芝1800mで行われる「毎日王冠(G2)」。

近走を見ても、適条件ならそこそこの走りは見せている。

スタートで大きな出負けさえなければ、そこそこやれて良い。

 

その他、毎日王冠の出走馬を分析