2022年7月3日【ラジオNIKKEI賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ボーンディスウェイの好走パターンを分析。

ボーンディスウェイの距離適性

ボーンディスウェイはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-1-1)
  • 芝2000m(2-0-1-2)

意外と二千がギリギリかも。

ボーンディスウェイの脚質

先行脚質。

いつでも前目にポジションが取れる先行力はあるが、切れる脚はなさそうなので、前々で粘り込む競馬が合っていそう。

上り時計は、速いよりかかってくれた方が良いタイプ。

走りからはパワー型のような印象。

ボーンディスウェイのコース適正

ボーンディスウェイの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-1-1-1)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(2-0-1-2)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

長距離輸送が苦手そうなコース選び。

ボーンディスウェイの持ち時計(ベストタイム)

ボーンディスウェイの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.3 6着(福島)
  • 芝2000m:2.00.6 1着(中山)

速い時計は向かないと思う。

ボーンディスウェイの重馬場適正

ボーンディスウェイの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪は走ってきそうな印象。


ボーンディスウェイの鉄砲実績(休み明け)

ボーンディスウェイの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ボーンディスウェイのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-1-1)
  • 中3~5週(0-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

ボーンディスウェイの枠順適正

ボーンディスウェイの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(0-0-1-3)
  • 10~14番(1-1-0-0)
  • 15~18番(0-0-1-0)

ボーンディスウェイの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-1-0)
  • 55キロ(1-0-0-2)
  • 56キロ(0-0-1-0)
  • 57キロ(0-0-0-1)

ボーンディスウェイの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-1-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

ボーンディスウェイの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~490キロ

ボーンディスウェイの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック)。

母の父はプラティニ(ハンプトン系)。

プラティニは欧州で走り、芝のG1を2勝。主要距離は芝の2400m。

ボーンディスウェイの近走

21/7/18 2歳未勝利

福島 芝1800m 良

着順:3着(1.49.9・0.2差)

騎手:木幡巧也(54キロ)

大外16番から、テンの入りがなかなか速い序盤を先団に取りついて行く。

道中もそのまま先団3番手を追走し、4角は外を回して2番手の外で直線。

直線は入口で早くも先頭に立ち、キセキノエンジェルとの追い比べ。

しかし最内から伸びて来たカメハメハタイムに交わされると、2着争いもクビの上げ下げで惜しい3着。

大外枠から先団に取りつき、道中も終始外目を回っていたことを考えると、3着といえども内容は濃い。

21/9/19 2歳未勝利

中山 芝2000m 稍重

着順:1着(2.02.8・-0.1差)

騎手:木幡巧也(54キロ)

道中は中団の前、5~6番手の外。

3~4角で外目から上がって行って4角は4番手の外。

直線は馬群の外目から追い上げて行って、坂の上りで先に抜け出していたディープレイヤーに並びかけ、ゴール前の追い比べを制して半馬身差のゴール。

平均的な勝ち上がり。

21/12/4 葉牡丹賞(2歳1勝C)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.00.6・クビ差)

騎手:石橋脩(55キロ)

2枠3番から押し出されるかたちでハナを切る。

道中は1馬身ほどのリードを保って、4角も先頭で直線。

直線も脚色は衰えず、坂の上りで抜け出すと、外から追い上げて来たイルチルコの強襲をクビ差交わしてゴール。

前走もそうだったが、坂の上りで加速するような、坂に強い印象はある。

21/12/26 ホープフルS(G1)

中山 芝2000m 良

着順:5着(2.01.1・0.5差)

騎手:石橋脩(55キロ)

道中は逃げるグランドラインから2~3馬身離れた2番手追走。

3角を過ぎて先頭との差を詰めて行き、4角は先頭とは1馬身差の2番手で直線。

直線では速い段階で逃げるグランドラインに並びかけ、坂下では一旦先頭に立つが、すぐいに外から追い上げて来たキラーアビリティに交わされ、ゴール前ではその他3頭にも交わされて5着まで。

力は出し切ったが、現状では少し足りなかった。

2021年 ホープフルS(G1)のラップ分析&回顧

22/3/6 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:3着(2.00.6・0.1差)

騎手:石橋脩(56キロ)

道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向くと、直線は馬群の外目から追い上げてはくるが、上位2頭とは少し差があった。

2022年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

22/4/17 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 良

着順:14着(2.00.7・1.0差)

騎手:石橋脩(57キロ)

道中は3番手の内を追走。

4角も3番手の内で直線に向き、直線は坂下あたりまではなんとか堪えていたが、坂の上りで失速した。

当日は完全な外差し馬場だったので、内を通っての失速は仕方がない。

しかし14着では、馬場のせいだけにはできないかも。

2000mはちょっと長いのでは?

2022年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

22/7/3 ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島 芝1800m 良

着順:6着(1.47.3・0.6差)

騎手:石橋脩(55キロ)

道中は中団の前、6~7番手を追走。

前目のポジションを取ろうとするが、うまく行かずに、終始外々を回りながら4角も5番手の大外を回って直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、伸びを欠いて6着まで。

今回はポジション取りがうまくいかなかった感じ。

外々を回りながら進出しようとした分、そこで脚を使ってしまって、最後は脚が残っていなかったのだろう。

力は出し切れていない印象。

2022年 ラジオNIKKEI賞(G3)のラップ分析&回顧