2020年9月27日【神戸新聞杯】終了時点までのデータをもとに、ビターエンダーの好走パターンを分析。

ビターエンダーの距離適性

ビターエンダーはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-0-0)
  • 芝2000m(2-0-1-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

中距離型。

適距離は2000m前後だろう。

ビターエンダーの脚質

先行力があり、前につけるとしぶといスピード持続型。

ビターエンダーのコース適正

ビターエンダーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(2-1-1-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)

明らかに左回りが良い。

ビターエンダーの持ち時計(ベストタイム)

ビターエンダーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.49.6 2着(東京)
  • 芝2000m:1.59.8 1着(東京)
  • 芝2200m:2.13.7 11着(中京)
  • 芝2400m:2.25.2 10(東京)

ビターエンダーの重馬場適正

ビターエンダーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-2)

道悪はそこそここなしそうだが、まだ良く分からない。

ビターエンダーの枠順適正

ビターエンダーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-1)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

前目にポジションを取って持ち味を発揮するタイプなので、枠順は内の方が良いはず。

ビターエンダーの鉄砲実績(休み明け)

ビターエンダーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

ビターエンダーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-1)

ビターエンダーの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(1-1-0-2)
  • 57キロ(0-0-0-2)

ビターエンダーの連対体重

  • 458~464キロ

ビターエンダーの血統背景

父は2011年の牡馬三冠馬オルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はアフリートアレックス(ミスプロ系)。

アフリートアレックスは米国で走り、ダートG1で3勝。主戦場はダートの短距離~中距離。

ビターエンダーのここまでの走り

19/10/15 2歳新馬 9頭立て

東京 芝2000m 稍重

着順:3着(2.02.1 0.3差)

騎手:津村明秀(55キロ)

出遅れて後方からに競馬になる。

直線は馬場の外側を鋭く伸びてくるが3着まで。

上りは最速の33.7秒。

出遅れがなければ・・・だが。

19/11/2 2歳未勝利 13頭立て

東京 芝2000m 良

着順:1着(2.00.3 -0.5差)

騎手:津村明秀(55キロ)

今走はスタートが決まり2~3番手からの追走。

終始外々を回りながら、4角も外を回って直線へ。

他馬が追い出しを開始する中、残り300m付近までは馬なりで手応え抜群。

追い出すとスッと抜け出し、後続を3馬身ちぎって余裕のゴール。

道中のラップもこのクラスとしては速い方。

時計も優秀で強い競馬。

20/1/19 京成杯(G3)12頭立て

中山 芝2000m 稍重

着順:4着(2.02.6 0.5差)

騎手:津村明秀(56キロ)

7枠10番からモソッと出て後方に控える。

先頭との差は徐々に詰めて行き、4角は中団の後ろ7番手の外を回って直線。

切れる脚はなかったが、ジワジワとは伸びては来ている。

ペースとしては、序盤は緩く入ったが、中盤からはそこそこ流れていた。

この馬、位置取りとしてはもう少し前目で追走したいが、今のところは発馬がイマイチ。

20/2/16 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 稍重 9頭

着順:2着(1.49.6・ハナ差)

騎手:ミナリク(56キロ)

序盤は押し出されるようにハナに立つ。

ペースは稍重馬場を考慮してもかなり緩いペース。

直線はダーリントンホールとの叩き合いになるが、ハナ差競り負けて2着。

ペースがペースだけに逃げ切りたかっただろうが、ルメール騎手の好騎乗にそれを阻まれた。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:14着(2.02.4・1.7差)

騎手:津村明秀(57キロ)

大外18番ゲートから道中は3番手。

キメラヴェリテが平均ペースで離して逃げていたので、3番手のこの馬としてはそんなにペース自体は速くなかったはず。

前につけてしぶといはずの馬がこのペースで直線一杯になるということは、敗因は「馬場」、もしくは「右回り」。

大外枠から先手を取った距離ロス、スタミナロスも応えたはず。

20/5/9 プリンシパルS(L)

東京 芝2000m 良 11頭

着順:1着(1.59.8・クビ差)

騎手:津村明秀(56キロ)

トライアルレースらしく、道中はかなりのスロー。

道中3番手追走のビターエンダーは、直線残り400mを過ぎると、右ムチ一発に即座に反応して抜け出すと、ポタジェの追撃をクビ差凌いでゴール。

未勝利、1勝クラスがメンバーの大半を占める中、G1経験のあるビターエンダーが貫録を示した格好。

20/5/31 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:10着(2.25.2・1.1差)

騎手:津村明秀(57キロ)

スタート後躓いていつものように先手が取れなかった。

位置取りは中団やや後ろ。

直線は満を持して追い出すが、追い上げるまでには行かなかった。

前目につけて持ち味を発揮すする馬だけに、スタートの後手がすべて。

距離も少し長そう。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/9/27 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:11着(2.13.7・1.2差)

騎手:吉田隼人(56キロ)

2枠3番から先手は取れた、道中は3~4番手の内。

4角も3番手の内で直線に向くが、直線では残り200mで脚色が鈍る。

ペースが比較的流れたこともあるが、道中終始最内で立ち回った割には見せ場がなかった。

やはりこの馬、2000mまでか。

2020年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

ビターエンダーの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

ここまでの走りを見ても、強調材料がない。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析