2021年5月8日【プリンシパルS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、バジオウの好走パターンを分析。

バジオウの距離適性

バジオウはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-2-0-0)
  • 芝2000m(1-0-1-0)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

現状では中距離。

バジオウの脚質

スタートが速いので、容易に先手が取れる強みがある。

逃げ、先行脚質。

ただし、これまでは緩いペースの経験しかなく、マイペースの逃げが打てればいいが、ペースが流れたときの対応が課題。

バジオウのコース適正

バジオウの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(2-1-0-0)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

左回りの方が良さそうな走り方、と言う旨のコメントが出ている。

バジオウの持ち時計(ベストタイム)

バジオウの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.9 2着(東京)
  • 芝2000m:1.59.3 1着(東京)
  • 芝2200m:2.15.9 4着(中京)

バジオウの重馬場適正

バジオウの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場では逃げて0.3差の4着に粘っている。

先手が取れればそこそこ走りそう。


バジオウの鉄砲実績(休み明け)

バジオウの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

バジオウのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-1-0)
  • 中6~8週(0-1-0-1)

バジオウの枠順適正

バジオウの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-0)
  • 5~9番(0-1-0-0)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(0-1-0-0)

バジオウの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-0)

バジオウの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-1-0)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-1-0-1)

バジオウの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~466キロ

バジオウの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着 他)。

母の父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

近親にはダンスパートナー(オークス、エリザベス女王杯)、ダンスインザダーク(菊花賞)、エアダブリン(ステイヤーズS、ダイヤモンドS、ダービー2着、菊花賞3着)など。

牝系にダンス一族の祖ディナーパートナーを持つ。

バジオウの前走

21/5/8 プリンシパルS(L)

東京 芝2000m 良

着順:1着(1.59.3・-0.2差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

2枠2番から道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線では坂の上りで逃げ粘るジャックドールを捉えると、坂を上りきってから、1~2馬身リードを広げ、あとはそのリードを保ったままでゴール。

やや内有利、先行有利の馬場状態に、道中のペースも中だるみ気味で2番手追走のバジオウに向いた。

レースのレベルとしては、あまり高くはない印象。

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

力的には少し足りないかもしれないが、持ち前の先行力を生かして先手が取れれば、前にいれば何が起こるかわからない。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)