2021年4月25日【フローラS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、スライリーの好走パターンを分析。

スライリーの距離適性

スライリーはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-2)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(0-1-0-0)

現状では中距離は問題ない。

スライリーの脚質

前目のポジションを取って押し切るかたちのスピード持続系のような印象。

切れ味勝負では後手を踏むのではないか?

瞬発戦よりは、持久戦、消耗戦の方がよさそう。

スライリーのコース適正

スライリーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-1-0-2)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

スライリーの持ち時計(ベストタイム)

スライリーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.3 10着(東京)
  • 芝1800m:1.49.7 1着(東京)
  • 芝2000m:1.59.6 2着(東京)

1600mの時計は2021年の「クイーンC」で計時。このレースでは最後の直線で進路が塞がる不利があった。

スライリーの重馬場適正

スライリーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

スライリーの鉄砲実績(休み明け)

スライリーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

スライリーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-0-0-1)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

スライリーの枠順適正

スライリーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(未)

スライリーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

スライリーの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-3)

スライリーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 422~432キロ

スライリーの血統背景

父はオルフェーヴル(サンデー系ステイゴールド/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、凱旋門賞2着、ジャパンカップ2着)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

近親にダノンシャーク(マイルCS、京都金杯、富士S)。

スライリーの近走

21/2/13 クイーンC(G3)

東京 芝1600m 良

着順:10着(1.34.3・1.0差)

騎手:石川裕紀人(54キロ)

スタートは速かったが、控えて、道中は中団のやや後ろ、10番手の内。

4角も11番手の内で直線。

直線は、馬群の中から良い手応えで伸びてきて、坂下あたりで進路を内に取って追い出す。

坂の上りも良い感じで伸びて来たが、坂を上りきったあたりで、ぶつけられるか、進路が塞がるかの不利があり、一旦ブレーキを踏んで再加速。

結局この遅れが響いて1.0差の10着。

不利がなければ馬券圏内に突っ込んでいたかどうかは微妙だが、掲示板はあった感じ。

2021年 クイーンカップ(G3)のラップ分析&回顧

21/4/25 フローラS(G2)

東京 芝2000m 良

着順:2着(1.59.6・0.2差)

騎手:石川裕紀人(54キロ)

道中は先団2~3番手。

4角も2番手で直線に向くと、馬場の内目をしっかりと粘り切った。

スローの前残り。

前走の10着が不利による参考外だったことを証明した格好。

2021年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

次走、優駿牝馬・オークス(G1)に向けて

次走は5月23日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「優駿牝馬・オークス(G1)」。

ここ2戦を見る限り、そこそこの持続力はある感じ。

しっかり前目にポジションを取れればしぶといかも。

 

その他、優駿牝馬(オークス・G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)