2023年1月14日【愛知杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アンドヴァラナウトの好走パターンを分析。

アンドヴァラナウトの距離適性

アンドヴァラナウトはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-3-0-1)
  • 芝1800m(0-1-1-0)
  • 芝2000m(2-0-1-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

マイル、中距離で、どのあたりがベストかはまだ分からない。

まあそれでも、血統的には中距離を走らせたいだろう。

アンドヴァラナウトの脚質

ここまでは逃げ、先行での好走が目立つが、溜めても鋭い末脚を繰りだせる。

スピードの持続力、瞬発力、そしてスタミナ、すべてをそこそこ持ち合わせている片りんは十分に見せているだけに、前からでも後ろでも控えても、どんな競馬もできるだろう。

スタートもよく、先行力もあるだけに、「好位差し」が板に付けば、かなりの線まで行きそうな雰囲気は持っているが、現状ではいまいちパッとしない内容が続いている。

アンドヴァラナウトのコース適正

アンドヴァラナウトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(未)
  • 中京(1-1-0-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-3-1-1)
  • 小倉(未)

アンドヴァラナウトの持ち時計(ベストタイム)

アンドヴァラナウトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.9 2着(阪神)
  • 芝1800m:1.44.7 3着(東京)
  • 芝2000m:1.58.2 1着(新潟)
  • 芝2200m:2.17.3 17着(阪神)

速い時計は問題ないだろう。

アンドヴァラナウトの重馬場適正

アンドヴァラナウトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(未)

道悪は苦手そう。


アンドヴァラナウトの鉄砲実績(休み明け)

アンドヴァラナウトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-1-0)

アンドヴァラナウトのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-2-1-2)
  • 中6~8週(2-0-0-1)

アンドヴァラナウトの枠順適正

アンドヴァラナウトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-1-0)
  • 5~9番(1-1-1-3)
  • 10~14番(2-1-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

アンドヴァラナウトの斤量別着度数

  • 52キロ(1-1-0-0)
  • 54キロ(2-2-1-0)
  • 55キロ(0-1-1-2)
  • 56キロ(0-0-0-2)

そんなに大きな馬ではないので、55キロで勝ち切れていないのが少し気になる。

アンドヴァラナウトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-2)
  • 3~5月(春):(1-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-2-1)

アンドヴァラナウトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 428~448キロ

小柄な馬で、馬体重の増減が結構激しい。

現状では最低でも440キロ台は欲しいところ。

アンドヴァラナウトの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー、神戸新聞杯、毎日杯)。

母のグルヴェイグは2012年の「マーメイドS(G3)」の勝ち馬。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、春天)。

母方のパロクサイドからのラインは、ダイナカールエアグルーヴへと続く名門牝系。

近親としてはルーラーシップアドマイヤグルーヴドゥラメンテオレハマッテルゼフォゲッタブルなど多士済々。

アンドヴァラナウトの近走

21/9/19 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.00.0・-0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は中団の前、6番手を追走。

4角も6番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外寄りから追い上げを開始。

坂の上りで逃げるエイシンヒテンを捉えると、あとは後続を寄せ付けない走りでおよそ1馬身離して快勝。

このペースであの位置取りなら、楽勝に近い勝ちだったのではないか?

本番でも楽しみな一頭。

2021年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧

21/10/17 秋華賞(G1)

阪神 芝2000m(内)良

着順:3着(2.01.4・0.2差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は中位の内、4~5番手を追走。

4角は6番手で直線に向き、直線は馬場の内目をスルスルと伸びてきて、坂の途中では先頭を窺う構えだったが、ゴール前で少し甘くなっての3着。

ここらへんは馬場の内外で伸びが違ったのかもしれない。

決して力負けではないと思う。

2021年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

22/1/15 愛知杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:11着(2.01.6・0.6差)

騎手:松山弘平(55キロ)

道中は中団の前、5~6番手を追走。

4角も好位の5番手で直線に向くが、直線ではさっぱり伸びてこない。

こんな馬ではないはずだが、休み明け、+16キロが堪えているとしか思えない。

2022年 愛知杯(G3)のラップ分析&回顧

22/4/9 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:2着(1.32.9・0.1差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は3番手のインを追走。

4角も良い手応えの2番手のインで直線に向き、直線も馬場の内目から追い出しにかかるが、坂下ではメイショウミモザに馬体を併わされると、抗うことも出来ずにこれに交わされて、ゴール前食らいつくもその差は詰まらず。

こちらは距離短縮で挑んだ一戦だったが、いささか物足りない内容。

叩いてからか。

2022年 阪神牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

22/5/15 ヴィクトリアM(G1)

東京 芝1600m 良

着順:14着(1.33.1・0.9差)

騎手:福永祐一(55キロ)

外枠15番から、道中は中団8番手の外を追走。

4角も8番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、伸びを欠いて馬群に沈んだ。

前走比の馬体重の増減は-10キロだが、調教後からだと-14キロ。

輸送に問題があったような気もする。

2022年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

22/10/15 府中牝馬S(G2)

東京 芝1800m 良

着順:3着(1.44.7・0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

【レース前寸評】

このクラスでこの距離なら、十分に戦える力はある。

ただ、当日の馬体重には注意を払いたい。

【結果】

道中は中団のやや後ろ、9番手の最内を追走。

4角も9番手の最内で直線に向くと、直線は坂の上りでソダシと馬体を併せての追い比べ。

しかし、坂を上って残り200mを切ってソダシに少し遅れをとると、ゴール前はイズジョーノキセキにも交わされて3着。

この3着は好走というよりは、力不足の3着

ハイレベルな戦いになるとまだ少し足りない。

2022年 府中牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

22/11/13 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)重

着順:17着(2.17.3・4.3差)

騎手:ムーア(56キロ)

【レース前寸評】

このクラスではまだ少し足りない感じ。

【結果】

道中は中団の後ろ、12番手あたりを追走していたが、3角あたりから遅れはじめ、4角は最後方18番手で直線に向くが、直線ではすでに一杯。

力が足りない上にこの馬場では、ちょっと手に負えなかったのだろう。

2022年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

23/1/14 愛知杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 重

着順:9着(2.04.7・1.6差)

騎手:イーガン(56キロ)

道中は中団の後ろあたりにポジションを取っていたが、ズルズルと順位を落として、4角は後方14番手で直線に向くが、直線では見せ場なし。

こういう馬場は苦手なのだろう。

2023年 愛知杯(G3)のラップ分析&回顧