アブソルティスモのキャリアはまだ5戦だけなので、近走だけを振り返る。

アブソルティスモの近走

19/10/5 サウジアラビアRC(G3)

東京 芝1600m 良 9頭

着順:3着(1.33.5・0.8差)

騎手:戸崎圭太(55キロ)

8枠8番からの逃げ。

ペース的には、ほぼこのレースの過去平均と同等のラップを刻んで逃げていた。

直線も残り200mまでは何とか粘っていたが、そこからサリオスの強襲に遭う。

グラヴァシュドールを引き連れたサリオスが、外から並ぶ間もなくアブソルティスモを抜き去ると、終い33.1の脚でゴール。

走破時計の1.32.7は東京芝1600mの2歳レコード。

2歳レコードと言っても古馬OPの平均タイムクラス。

道中ラップが必ずしも速いと言ったものではなかったことから、このレースの上りがいかに速かったかが分かる。

アブソルティスモにとっては戦った相手が悪かったが、せめてあと0.2~0.3秒詰めていないと評価は難しい。

19/11/30 こうやまき賞(2歳1勝クラス)

中京 芝1600m 良 7頭

着順:1着(1.35.8・-0.2差)

騎手:丸山元気(55キロ)

道中、若干かかりながらの先団3~4番手。

4角は4番手の内で直線に入ると、逃げ粘るアサケエースを残り100mあたりで捉えてゴール。

上りは34.2秒。

スローを先団からのチョイ差し。このクラスなりの勝ち時計。

20/2/1 クロッカスS(3歳・L)

東京 芝1400m 良 10頭

着順:4着(1.21.8・0.6差)

騎手:ルメール(56キロ)

スローペースを後方7番手あたり。

直線は33.3秒の脚で追い上げるが、前が止まらず0.6差まで。

大外枠からのスタートが堪えたか?

前にいないと勝負にならない。

20/3/14 ファルコンS(3歳・G3)

中京 芝1400m 重 18頭

着順:11着(1.23.6・2.3差)

騎手:丸山元気(56キロ)

出遅れて最後方から。

切れる脚もなく、この馬場ならノーチャンス。

アブソルティスモの見立て

距離は1600mがギリギリのような感じ。

脚質は、末脚勝負よりも前につけてSPの持続力を生かしたいところ。

キレの勝負になると後手を踏むので、前々で、締まったペースが良いのではないか。

アブソルティスモの次走

次走は中山芝1600mで行われる「ニュージーランドT (G2)」。

札幌での新馬戦以来の右回り。

ここまでのレースでは強調材料があまり見当たらない。

中山コースは合ってそう。