ケープコッドのキャリアはまだ6戦だけなので、近走だけを振り返る。

ケープコッドの近走

19/7/6 2歳未勝利(牝馬)

函館 芝1200m 良 8頭

着順:1着(1.09.9・-0.9差)

騎手:吉田隼人(54キロ)

大外8番ゲートから外からジワジワ上げて2番手追走。

このクラスとしてはそこそこ締まったラップ。

直線に向いて、楽な手応えで先頭に立つと、終始余裕のノーステッキでゴール。

後続には5馬身つける圧勝。

このクラスでは力が違う。

19/9/1 すずらん賞(2歳・OP)

札幌 芝1200m 良 14頭

着順:1着(1.10.7・-0.2差)

騎手:吉田隼人(54キロ)

1枠1番から、出足はイマイチながら、押して行ってハナを切る。

抜群の手応えで4角を回って直線に入ると、ここも余裕の手応え。

鞍上が後続をチラッと確認して、ラスト1、2発気合のムチを入れただけでグンとつき離して楽勝。

ここでも力が違った。

19/11/2 ファンタジーS(2歳・G3)

京都 芝1400m 良 15頭

着順:6着(1.21.4・0.7差)

騎手:吉田隼人(54キロ)

今走は控えた感じで中団にポジションを置く。

4角9番手で直線は内を突くが、思うようには伸びて来ない。

鞍上は「休み明け」を匂わし、陣営は「仕上がり途上」とコメント。

初めての長距離輸送もあり、何かと万全ではなかったかもしれないが、1400mの距離が長いのか否かはよく分からない。

19/12/21 クリスマスローズS(2歳・OP)

中山 芝1200m 良 14頭

着順:1着(1.08.9・ハナ差)

騎手:ムーア(55キロ)

大外14番ゲートから中団にポジションを取る。

4角は6番手で直線に向くと、狭い馬群の間を割って抜け出してくると、坂でグングンと先頭との差を詰め、ゴール前ハナ差交わしての勝利。

鞍上のムーアは「1200mは忙しい、理想は1400m」とコメント。

いずれにしても、中山1200mでは不利とされる外枠からの勝利。

狭いところを割ってきたレースぶりも評価できる。

20/3/15 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m(内)稍重 18頭

着順:8着(1.21.9・0.9差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は中団の前、6番手あたりを追走。

直線は馬群の外目に進路を取るが、伸びてこない。

道中は外々、4角も大外を回った距離ロスが響いたか。

脚質も前々から攻めた方がいいと思う。

ケープコッドの見立て

適距離は現状では1200mまでだろう。

1200mでは底を見せておらず、勝ち方も強い勝ち方。

1400mも内枠を引いて内々を回る展開ならギリギリ持ちそう。

脚質は、ダイワメジャー産駒ということもあり、前目につけて、スピード持続力を生かす競馬の方が良いと思う。

ケープコッドの次走

次走は阪神芝1600mで行われる、牝馬クラシックの第一戦「桜花賞(G1)」。

1600mは長いだろう。