2019年10月6日、東京競馬場・芝1800mで行われた、第70回 毎日王冠(G2)のラップ分析とレース回顧です。

結果

着順 馬名 タイム 位置取り 上がり3F
ダノンキングリー 1.44.4 10-10-9(後方) 33.4
アエロリット 1  1/4 1-1(逃げ) 34.5
インディチャンプ 1  1/4 2-2-2(先団) 34.4

レースの上り3F:34.3

ラップ分析

今年のラップタイム

12.9 – 11.3 – 11.3 – 11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.2 – 11.3 – 11.8

当レース過去5年、良馬場平均

12.9 – 11.1 – 11.6 – 11.9 – 11.9 – 11.8 – 11.1 – 11.2 – 11.7

 

序盤は平均ペース、中盤で約1.0秒今回のレースが速くなっている。

そして上りは、さほど遅くなることもなく、34.3秒でまとめている。

平均 – 速い – 平均

というペース配分なので、走破タイムも平均よりも0.5秒ほど速くなっている。

ペース的には中盤チョイ速くらいのラップだが、遅くなっているラップは一度もないので、スピード持久力系の能力が試されたレースと言える。

レース回顧

アエロリットが逃げるなら、このくらいのラップになるということはある程度想像は出来た。

スピード持久系のレースでも強さを発揮するダノンキングリーが、このような展開でも優位に立つのは分かっていたが、スタートで出遅れながらもこのペースで勝ち切った。

ダノンキングリーの分析

おまけに2着馬には1  1/4馬身つけたことは、あらためてこの馬、この世代の強さを証明した形になった。

アエロリットの逃げはさすがに安定感十分。

コース、展開、枠順など、条件さえ嵌れば、いつでも勝利は目の前にあるような気がする。

インディチャンプはやはり、58キロの斤量が響いたか?