結果

2022年 6月19日(日)

第27回 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神競馬場 芝2000m(内)良

6月19日(日)阪神競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ウインマイティー 1.58.3 3-3-3-3(先行) 34.9
マリアエレーナ 1.58.6 1  3/4 5-5-5-5(中団前) 35.0
ソフトフルート 1.58.6 クビ 14-14-11-8(後方) 34.7

レースの上り:35.1


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.58.3 35.1 12.3 10.9 12.5 12.0 11.7 12.0 11.8 11.6 11.7 11.8
昨年 1.59.72 35.4 12.4 10.9 12.2 12.4 12.2 12.3 11.9 11.6 11.5 12.3
-0.3 -0.1 0.0 0.3 -0.4 -0.5 -0.3 -0.1 0.0 0.2 -0.5

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

道中のラップはそこそこ速く、上り時計も35.1秒でまとめられている。

開幕週の馬場で、道中のラップもそこそこ速ければ、自ずと走破時計も速くなる。

走破時計の1.58.3は近20年を振り返っても一番速い。

そういう馬場状況なので、1、2着馬は、道中前目にポジションを取った馬。

さらに付け加えるなら、この日の勝ち馬はすべて、道中の位置取りが3番手以内の馬。

道中はそこそこ流れたが、馬の能力云々(SP持続力など)と言うよりも、道中のポジショニングとハンデ差が明暗を分けたレースと言えそう。


回顧

1着は10番人気のウインマイティー。

道中は先団3番手の内を追走。

4角も3番手の内で直線に向くと、直線はやや外目に進路を取って追い上げに入り、坂の上りで先に抜け出していたリアアメリアを交わし、あとは後続の追撃をしっかり凌いでゴール。

この馬にとっては、道中のペースが少し速いように思えたが、開幕週の馬場とハンデの54キロが後押ししてくれた感じ。

ウインマイティーの分析

 

2着は4番人気のマリアエレーナ。

道中は中団の前、5番手を追走。

4角も5番手で直線に向くと、直線は馬群の外目から追い上げに入り、先頭には追い付かないまでも、ソフトフルートとの激しい2着争いを、ゴール前クビ差抜け出して先着。

道中のペースはこれまでのレースよりもずいぶんと上がっているが、それでも55キロの斤量を背負ってしっかり2着を確保できたのは収穫。

今後もこのクラスならそこそこ戦って行けそうな感じ。

マリアエレーナの分析

 

3着は1番人気のソフトフルート。

道中は後方14番手の内でじっとしている。

3~4角では前が開いていたので、内からコーナーワークでスルスルと順位をあげて行き、4角は8番手の内で直線。

直線は内から外に進路を切り替えて追い上げに入り、坂の上りでは外から追い上げて来たマリアエレーナとの2着争いの叩き合いにクビ差敗れての3着。

位置取りは後ろになったが、3~4角で前がうまく開いて進出できたが、最後はハンデ差1キロあるにも関わらず、追い比べて見劣った。

やはり阪神コースとの相性があるのか?

ソフトフルートの分析

 

2番人気のスルーセブンシーズは10着。

道中は中団の後ろ、12番手を追走。

3~4角は外々を回して、4角は12番手の大外から直線。

直線は馬群の大外から追い上げに入るが、あの位置取りからでは万事休す。

この日の馬場でこの位置取りでは勝負にならない。

今後も遠征競馬は鬼門になりそう。

スルーセブンシーズの分析

 

3番人気のステイブルアスクは5着。

スタート出遅れて、道中は後方15番手。

3~4角は内にもぐり込んで順位を上げて、4角は12番手の内で直線。

直線は馬群の中ほどから外にかけて追い上げてはくるが、差し届かずの5着。

この日の馬場で出遅れたのは痛かったが、脚のあるところは示した。

ステイブルアスクの分析