結果

2022年 6月12日(日)

第39回 エプソムカップ(G3)

東京競馬場 芝1800m 良

6月12日(日)東京競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ノースブリッジ 1.46.7 3-3-3(先行) 34.6
ガロアクリーク 1.46.7 クビ 7-7-5(中団) 34.2
ダーリントンホール 1.46.8 クビ 4-5-5(中団前) 34.4

レースの上り:35.1


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.46.7 35.1 12.7 11.6 11.9 11.9 11.6 11.9 11.5 11.3 12.3
昨年 1.45.76 34.4 12.8 11.3 11.7 12.0 11.8 11.7 11.1 11.4 12.0
0.7 -0.1 0.3 0.2 -0.1 -0.2 0.2 0.4 -0.1 0.3

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

重馬場とあって道中の流れは緩め。

道中の各馬のコース取りは、逃げたトーラスジェミニと2番手のコルテジア、そして中団前目にいたヤマニンサンパ以外は、各馬は馬場の悪い内目は避けて通っていた感じ。

直線に向くとその傾向はさらに顕著になり、各馬一斉に馬場の真ん中付近、通常なら大外と呼ばれるあたりから追い出しに入った。

重馬場でありながらレースの上りが35.1秒に抑えられたのも、最後の直線のこのコース取りが影響したものと思われる。

結果的には、道中前目にポジションを取って、さらに馬場の悪い内目を避けて通った馬が上位を占めた。

道悪に対する適正というよりは、道中のコース取りさえうまくいった馬にとっては、スローの前残りに近い展開になったのではないか?


回顧

1着は4番人気のノースブリッジ。

道中は3番手で追走していたが、しっかり内目は避けて走っていた。

4角も3番手で、直線は馬場の荒れていない外目の馬場から追い出しを待ち、坂下までは余裕の手応え。

坂の上りから追い出しにかかると、しっかり伸びて残り300mでは先頭。

あとは後続の追撃を封じてゴール。

道中の位置取りとコース取りがはまった感じ。

騎手の手腕が大きい勝利だろう。

ノースブリッジの分析

 

2着は8番人気のガロアクリーク。

道中は中団のやや後ろ、7番手の外を追走。

4角は中団5番手の外で直線に向くと、直線は馬群の大外から追い出しに入り、坂の頂上では先頭を射程圏に捉えたかに見えたが、クビ差まで迫ったところがゴール。

道中の位置取りも良かったが、最後の直線ではなかなか良い脚で追い込んだ。

道悪が追い風になったというよりは、時計がそこそこかかったのが良かった。

ガロアクリークの分析

 

3着は2番人気のダーリントンホール。

道中は中団の前、4~5番手、勝ったノースブリッジの直後を追走。

4角も5番手で直線に向くと、直線はノースブリッジの直後から詰め寄ってくるが、最後までその差は縮まらず3着まで。

ジワジワとは伸びてはいるが、やはりこの馬、緩い流れではキレない。

ダーリントンホールの分析

 

1番人気のジャスティンカフェは4着。

道中は最後方12番手を追走。

4角も12番手で直線に向き、直線は馬群の最内にもぐり込んでの追い出し。

良い脚で伸びてはくるが4着まで。

最後の直線は馬群の最内とは言っても、通常なら外目の位置。

それでも追い込めなかったのは、馬場より展開。

スローの前残りで、最後方からでは厳しかったのだろう。

ジャスティンカフェの分析

 

3番人気のザダルは6着。

道中は中位の後ろ、9番手あたりを追走。

4角は7番手の外で直線に向き、直線は馬群の大外から追い上げてはくるが、いまいち詰めきれずに6着まで。

この馬、道悪はあまりよくない上に、他馬より2キロ重い58キロの斤量。

今回はまあ、こんなものだろう。

ザダルの分析