結果

2022年 6月12日(日)

第29回 函館スプリントS(G3)

函館競馬場 芝1200m 良

6月12日(日)函館競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ナムラクレア 1.07.2 3-3(先行) 34.1
ジュビリーヘッド 1.07.6 2  1/2 6-6(中団前) 34.3
タイセイアベニール 1.07.7 3/4 14-14(後方) 33.5

レースの上り:34.4


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
今走 1.07.2 34.4 11.7 10.2 10.9 11.2 11.2 12.0
昨年 1.07.60 34.6 11.8 10.4 10.9 11.3 11.4 11.9
-0.2 -0.1 -0.2 0.0 -0.1 -0.2 0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

道中のペースはそこそこ流れて、しかも上り時計も34.4秒を計時。

千二のスピードとスピード持続力が求められたレース。

開幕週の速い馬場もあって、道中の位置取りはあまり後ろからでは届かない馬場。

3着に入ったタイセイアベニールは後方からの競馬だが、道中、直線ともに最短コースを通ってきた。


回顧

1着は1番人気のナムラクレア。

道中は先団3番手を追走。

4角も3番手で直線に向くと、直線は早々に先頭を走るレイハリアに並びかけると、残り100mで一気に突き放してゴール。

50キロの斤量はあったが、内容は強い。

ナムラクレアの分析

 

2着は7番人気のジュビリーヘッド。

道中は中団の前目、6番手の外を追走。

4角も6番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外目から追い上げに入り、先に抜け出したナムラクレアを追うが、その差は詰まらず2着まで。

丁度いいポジションからの抜け出し。

前目につけるとこの馬も堅実。

勝ち馬には差を開けられたが、この馬の競馬はできた。

ジュビリーヘッドの分析

 

3着は13番人気のタイセイアベニール。

道中は後方14番手。

道中は終始内ラチ沿いの最短コースを通り、4角も外へは回さず内ラチ沿いを伸びて来た。

終いの脚は確実な馬だが、これまで重賞には縁がなかった。

鞍上がコメントしている通り、一発勝負ならこの競馬しかなかっただろう。

今回は克駿ジョッキーのキメ打ちが見事に嵌った感じ。

タイセイアベニールの分析

 

2番人気のヴェントヴォーチェは7着。

道中は中団のやや後ろ、10番手あたりを追走。

4角は9番手の外を回して直線。

直線は馬群の外目から追い上げに入るが、前との差は詰まらず。

先行力のある馬だが、今回はポジションがいつもより後ろ。

あの位置から外を回したのでは0.5差の7着が精一杯だろう。

初重賞の洗礼、といったところか。

ヴェントヴォーチェの分析

 

3番人気のビアンフェは16着。

外枠13番からハナへ。

4角のカーブで早くもレイハリアに先頭を奪われると、直線は残り200mで脚色が怪しくなり、あとはズルズルと殿まで。

昨年も外枠から同じようなペースでハナを切って勝ち切ったが、函館コースは残り400mまでは上り坂。

57キロのハンデと相まって、ここら辺が敗因か?

ビアンフェの分析