結果

2022年 5月29日(日)

第136回 目黒記念(G2・ハンデ)

東京競馬場 芝2500m 良

5月29日(日)東京競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ボッケリーニ 2.32.1 4-3-3-3(先行) 34.4
マイネルウィルトス 2.32.2 3/4 9-8-3-3(中団) 34.5
ウインキートス 2.32.2 ハナ 1-1-1-1(逃げ) 34.8

レースの上り:34.7


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12 Lap13
今走 2.32.1 34.7 7.2 11.4 11.7 12.9 13.1 12.4 12.8 12.3 11.9 11.7 11.3 11.2 12.2
昨年 2.30.24 34.8 7.3 11.2 11.5 12.6 12.4 12.0 11.9 12.2 12.1 12.0 11.6 11.5 11.7
-0.1 -0.1 0.2 0.2 0.3 0.7 0.4 0.9 0.1 -0.2 -0.3 -0.3 -0.3 0.5

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

レース中盤までは中だるみのスローだが、その分残り1000mあたりからピッチは徐々に速くなった。

なので、レースの上り時計だけみると例年とほぼ同じ。

大まかな展開は中だるみのスローからの前残り。

しかし、残り1000mで11秒台のスピードを持続させる、そこそこのSP持続力が求められたレースと言ってもいいだろう。


回顧

1着は2番人気のボッケリーニ。

道中は先団3~4番手の内。

4角も3番手の内で直線に向くと、直線は坂の上りで逃げ粘るウインキートスを射程圏に捉えるものの、坂を上りきってもなかなかこれを交わせなかったが、ゴール前でなんとか3/4馬身抜け出しての勝利。

57.5キロのトップハンデを考えると良く走った。

スローの流れだったが、キレ味勝負にならなかったのがこの馬にとっては良かった。

ボッケリーニの分析

 

2着は6番人気のマイネルウィルトス。

道中は中団8番手の外を追走していたが、中盤でペースが緩いと見るや、向正面半ばから順位を上げて行き、3角は3番手、4角も3番手の外で直線。

直線は馬場の3分どころから追い上げに入り、先に抜け出していたボッケリーニを懸命に追うが、その差はなかなか詰まらない。

残り100m、前2頭の脚が止まったところで追い込んでくるが、ウインキートスをハナ差交わしたところがゴール。

一番長く良い脚を使ったのはこの馬。

東京コースは走りやすそうだが、ここにきて力をつけてきているような印象。

マイネルウィルトスの分析

 

3着は8番人気のウインキートス。

外枠16番からハナへ。

道中しっかりペースを落としてマイペースの逃げ。

4角も先頭で直線に向くと、直線もボッケリーニになかなか抜かせないしぶとさを見せた。

残り100mで脚が上がったが、逃げてしぶといところを示した。

ウインキートスの分析

 

1番人気のパラダイスリーフは6着。

外枠17番から道中は中団の後ろ、12番手あたりを追走。

向正面で順位を上げて、3角では中団9番手、4角も中団10番手で直線。

直線は馬群の外目から追い上げに入り、ジワジワと先頭との差は詰めてはくるが、0.2差の6着まで。

鞍上は硬い馬場を気にしていたとコメントしているが、昇級初戦の重賞としては、0.2差の6着なら上々かもしれない。

パラダイスリーフの分析

 

3番人気のバジオウは10着。

2枠3番から道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線は坂の頂上あたりまでは何とか粘っていたが、残り200mを切って脚色が鈍った。

鞍上がコメントしている通り、距離が長かったのだろう。

バジオウの分析