結果

第68回 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m 良

クッション値:10.2(やや硬め)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
シャフリヤール 1.43.9 4-4(先行) 34.1
グレートマジシャン 1.43.9 クビ 6-6(中団) 34.0
プログノーシス 1.44.2 1  3/4 9-7(後方) 34.1

レース上り:34.4


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.43.9 34.4 12.4 11.2 10.9 11.4 11.7 11.9 11.5 11.2 11.7
過去平均 1.46.94 34.2 12.8 11.4 11.8 12.3 12.4 12.1 11.3 11.1 11.8
0.2 -0.4 -0.2 -0.9 -0.9 -0.7 -0.2 0.2 0.1 -0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

すべての区間においてかなり速いラップを刻んでいる。

それでいて上りも34.4秒でまとめられていて、走破時計の1.43.9はもちろんレコード。

速い時計が出る馬場状態だったとは言え、このラップの推移で勝利するには、かなりのスピード持続力が必要だったのではないか。


回顧

1着は2番人気のシャフリヤール。

スタートはやや出遅れるが、二の脚で先団に取りついて行く。

道中は4番手、4角も4番手の内で直線。

直線入口ではやや前が詰まって追い出しを待たされたが、前が開いてからはスッと抜け出して力強い伸び、外からのグレートマジシャンの猛追を凌ぎ切ってゴール。

スピードの持続力に加えて、終いのキレ味も高いレベルにありそう。

シャフリヤールの分析

 

 2着は1番人気のグレートマジシャン。

道中は中位の6番手あたり。

4角は一団馬群の6番手の外を回って直線。

直線は馬群の外を突いて追い上げてくるが、シャフリヤールをクビ差捉えきれずに2着まで。

位置取りの差が若干出た感じだが、この馬の末脚も強烈。

グレートマジシャンの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)