結果

第59回 スポーツニッポン賞京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

クッション値:10.0(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ケイデンスコール 1.33.1 6-4-3(中団前) 34.0
ピースワンパラディ 1.33.2 3/4 4-4-5(中団前) 33.9
エントシャイデン 1.33.4 1 1-1-1(逃げ) 34.9

レース上り:34.6


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.33.1 34.6 12.5 11.3 11.4 11.7 11.6 11.3 11.3 12.0
過去平均 1.33.52 35.1 12.4 11.2 11.3 11.6 11.8 11.4 11.5 12.2
-0.5 0.1 0.1 0.1 0.1 -0.2 -0.1 -0.2 -0.2

※今年の「京都金杯」は中京開催ということで、比較する過去平均データは「中京記念(G3・ハンデ)」の過去6年の良馬場平均とした。

展開としては、序盤から流れは落ち着き、レース後半に向けて加速して行くスローペース。

上位5頭の位置取りを見ても、道中前々につけていた馬が上位を独占。

中団より後ろにポジションを取って追走していた馬にとっては苦しい展開となった。


回顧

1着は12番人気のケイデンスコール。

道中は中団の前、内ぴったりに回ってくる。

4角3番手で直線に向き、直線も馬場の内目から伸びてきて、ボンセルヴィーソに前を遮られて進路を変えるロスがありながらも、そこからしっかりと伸びて快勝。

スローの流れで前々の競馬、終始内目の経済コース。

これらの戦略がぴったりと嵌った会心のレース。

ケイデンスコールの分析

 

2着は2番人気のピースワンパラディ。

道中は勝ったケイデンスコールとは同じような位置取りだが、こちらは外目。

4角は5番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げてくるが、わずかに届かず2着。

位置取りの差がそのまま着差に現れた感じ。

この馬は緩い流れは大歓迎。

ピースワンパラディの分析

 

3着は14番人気のエントシャイデン。

確固たる逃げ馬がいなかったことで、この馬が7枠13番から果敢に逃げた。

うまくペースを落としてマイペースに持ち込んで、直線もなんとか粘って3着を確保。

この馬も、緩い流れは大歓迎。

逃げに出た鞍上の戦略もぴったりはまった。

エントシャイデンの分析

 

1番人気のシュリは5着。

スタートやや出遅れたが、二の脚で追いついて道中は4~5番手。ケイデンスコールやピースワンパラディと同じような位置取りだったが、直線では伸びあぐねた。

出遅れたせいで、いつもより位置取りが若干後ろだったような感じ。敗因はそのあたりか。

シュリの分析

 

3番人気のレッドガランは6着。

こも馬も出遅れて道中は後方。

終いは良い脚で伸びてきているだけに、今回は位置取りがすべて。

レッドガランの分析

 

 

 



関連記事(一部広告を含む)