結果

第15回 阪神カップ(G2)16頭

阪神 芝1400m(内)良

クッション値:10.1(やや硬め)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ダノンファンタジー 1.19.7 3-4(中団前) 34.1
マルターズディオサ 1.20.0 1  3/4 3-2(先行) 34.5
インディチャンプ 1.20.1 クビ 11-11(中団後) 34.0

レース上り:34.3

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7
今走 1.19.7 34.3 12.1 10.8 11.1 11.4 11.3 11.4 11.6
過去平均 1.20.42 34.9 12.2 10.9 11.1 11.3 11.4 11.6 11.9
-0.6 -0.1 0.0 0.0 0.1 -0.1 -0.2 -0.3

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

前半は過去平均と同レベルのペース配分だが、後半は過去平均よりも速い上りでまとめている。

結果的に道中を前々で運んだ馬のワンツー、前が止まらなかった。

今開催の速い阪神が最終週まで続いていた感じ。

ペースはミドル、それでいて上りもキレが求められたレース。

回顧

1着は4番人気のダノンファンタジー。

道中は中団の前あたり。位置取りは内ぴったり。

4角4番手の内で、直線も内を突いて伸びて来た。

坂で逃げ粘るイベリスを捉えると、そのまま後続を寄せ付けずに快勝。

終始内々の経済コースから、直線も内を突いて快勝。

1400mも阪神なら特に不安はなさそう。

 

2着は6番人気のマルターズディオサ。

外枠16番から道中は先団。

4角2番手で直線に向き、直線は馬場の外目から追ってくるが、内から抜け出したダノンに先着を許した。

外枠から前目につけて、終始外目を回る距離ロスも響いた感じ。

それでも初めての1400mにしてはまずまずの走り。

 

3着は1番人気のインディチャンプ。

道中は中団の後ろ。

4角11番手から、直線は馬場の外目を追い込んで来るが、前が止まらず3着まで。

今日の展開なら、後ろからでは厳しかった。

 

2番人気のステルヴィオは12着。

出遅れて後方から。

しかし直線でも脚は使えず。

後ろからでは勝負にならない展開だったとは言え、直線でも脚を出していない。

しかし、1400mでこの走破時計ならこんなものなのかも。

 

3番人気のフィアーノロマーノは9着。

道中は中団。

4角10番手で、直線は馬群の中から追い込んで来るが、前を捉えることはできなかった。

走りとしては、この馬の走りは出来ていると思う。

阪神コースで初めて3着以内を外したが、今回はこの馬にとっては時計が速すぎたのかも。